羽田まで2時間半
こんにちは、なのだです。

関空から羽田まで2時間半もかかるとは。とほほ。

JAL機の前輪外れ事故の影響で、なのだが乗った飛行機はずーっと大島上空を旋回させられていた。乗る前から、全日空に乗るつもりだったのに、JALのカウンターで「予約がない!」と焦ってみたり、関空の手荷物検査場で搭乗券と間違えて、直前に買った京急の切符を見せたりと、いろんなことがあって、今日は何かあるなとは思っていたが、上空で2時間半も缶詰にされるとは。余裕で札幌まで行けてるぞ!マイレージ700マイルくらいつけてくれ!って感じ。

でも、前日は徹夜だったので、2時間半ぐっすり眠らせてもらった。ついでに、今日の出張は、受けたくもない社内の面接試験だったので、このまま関空に戻っちゃえばいいのになどと不謹慎なことを考えてたりもした。しかし、世の中、そう甘くはなく、面接の1時間前には東京本社に到着していた。

面接では、「あなたの中長期的ビジョンを教えてください」などと聞かれ、『まずは会社の中長期的ビジョンを示さんかい!』と心の中で叫びながら、にこやかに、そして涼しげに「アレやって、コレやって、こんなことで会社に貢献したいと考えています」などと答えてしまうところが、やぱっりなのだ的だと思った。
[PR]
by なのだ | # by hi-nanoda | 2005-06-15 23:30 | ポタリング
初パンク
こんにちは、なのだです。
今朝、FRETTA-Tで初のパンクに遭遇しました。しかも、朝、会社の行きがけという貴重な時間に。パンクに気づく少し手前で、金属片を落としたような音がしてたので、たぶん、そのとき釘か何かを踏んでしまったのでしょう。会社まで押していったのでは当然遅刻なので、速攻、うちに電話しました。
10分も経たないうちに、ママ運転のサポートカーがやってきました。さすが!
そして、トランクから、Pacific18を出して、替わりにFRETTA-Tをトランクに積み込みました。Pacific18のフワフワサドルにまたがって再び会社を目指しました。
なんだか、どこぞのロードレースみたいでしょ。
[PR]
by なのだ | # by hi-nanoda | 2005-05-13 23:30 | 自転車グッズ
流れ星
こんにちは、なのだです。
昨日の夜、いつものように蛍族をしていたら、流れ星を見ました。ちょうど、ゆうちゃんと一緒に「今日は星がきれいやなぁ」とかなんとか言っていた矢先だったので、ゆうちゃんもしっかり流れ星を捉えてました。「流れ星を見たらね、すぐにお願い事をするんだよ」って教えてあげたら、なんかゴニョゴニョお願いしていました。きっと「たまごっち」関係でしょう。その夜、2つも流れ星を見てしまいました。なんか、ちょっと感動。
ところで今日、ついに、やっちが自転車に乗れるようになりました。といっても、補助輪はついてるけど。今までは、自転車は押してもらうものとばかりに「押して~、押して~」の連発でした。それどころか、三輪車でさえペダルを使わず、いつも地面を蹴ってましたし。そんなやっちに、今日一日ペダルの踏み方を教えてあげたら、前に進むようになりました。多分、自分でもうれしかったんでしょう、ひとりで何度も家の前の道を往復している姿が印象的でした。
よ~し、次は補助輪はずしたろ。
[PR]
by なのだ | # by hi-nanoda | 2005-05-08 23:30 | ファミリー
グランヴァン到着
d0024111_195649.jpgこんにちは、なのだです。
うちにとんでもないワインが到着しました。ボルドー・メドック地区の第1級に格付けされるシャトー、ラフィット・ロートシルト(1998)と、それからもう1本、ムートン・ロートシルト(2002)です。実はこれ、出産祝いとして友人から頂いたもの。なので、ビンテージは、ゆうちゃんとやっちの生まれ年になってます。「市場に出回ってから一緒に選びに行こうか」などという約束が今になったんですが、やっぱりちょっと遅すぎたのか、価格は、2本あわせて○万円でした。ありがとね~。
もちろん、このワインたちは、ゆうちゃんとやっちのためのワインですから、少なくとも彼らが成人するまでは大切に保管するつもりです。そのために、今回わざわざワインセラーを購入したんですから。こっちはこっちで△万円。ついでに、同じビンテージで、ランシュ・バージュも2本購入しておきました。あー、このワインたちのコルクを抜くときって、いったいどんなお祝いなんでしょうね!?今から楽しみです。
[PR]
by なのだ | # by hi-nanoda | 2005-05-07 23:30 | お酒