<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
京都大原ポタ
朝目覚めたら、殊の外よいお天気だったので、FRETTAを持って輪行することに。
d0024111_19115642.jpg
目的地は、『大原』。大阪市内で電車を乗り換えて、京阪電車で『出町柳(でまちやなぎ)』まで行き、そこから『三千院』までポタることにしました。
d0024111_1911853.jpg
R367は交通量が多くて、我慢の上り坂が続きますが、たまに現れる旧道に入ると、そこは絵に書いたようなポタ道でした。
d0024111_19112167.jpg
両岸は桜並木です。桜が咲くと、息を呑むような景色に一変するのでしょうね。
d0024111_19113050.jpg
いや~、こういう景色、好きです。




d0024111_19114158.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-29 19:13 | ポタリング
春だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(後編)
さてさて、男三人自転車しまなみの旅の2日目。前編はこちら
旅館で朝ごはんを食べながら、3人でその日の行き先を相談。というか、この時間になっても行き先が決まっていないところが、いかにも我々らしい。で、なんとなく目的地が決まったので、荷物をまとめて旅館を出発しました。『船折瀬戸』の流れはいつ観ても川のよう。渦が生まれては消えていく様子にしばし見とれてました。
d0024111_22111738.jpg
渦に見とれているうちにいつの間にかウトウトしてきて、気が付いたときは伯方島を抜け出し、大島の『亀山』バス停にワープしてました。不思議です(笑)。
d0024111_222420100.jpg
亀山からちょこっと坂を上って下ると、「よしうみいきいき館」に到着。今日の最初の目的地、来島海峡大橋が見えてきました。やっぱり、この天空の道を走らないとね。
d0024111_22113514.jpg
あいにくの曇り空でしたが、来島海峡大橋からの瀬戸内の雄大な景色を堪能しつつ、『サンライズ糸山』に到着しました。この日、『しまなみ縦走』なるスタンプラリー系のイベントが開催中で、サンライズはもちろん、コース上にもサイクリストが大勢いました。ちなみに我々は参加してません。
d0024111_22115245.jpg
サンライズで小休止の後、再び、来島海峡大橋を走って戻ることに。たくさんの老若男女が、ある時は抜きつ抜かれつ、ある時は隊列をなして来島海峡を渡ってました。恐らく、皆さん尾道を目指しておられるのかと。頑張れ~。そうじゃない我々は、まあ気楽なもんです。
d0024111_2212731.jpg
再び大島に戻ってきたところで、またまたワープ。ワープというのは実はバス輪行。前回のしまなみですっかり味を占めてしまいました。でも、小径車でしまなみを楽しむなら、船とともにこのバス輪行はお勧めです。「走りたいところをのんびり走る」。
d0024111_22122330.jpg
バスで大島を抜け出し、伯方島を通過し、大三島に到着。バス停で再び自転車を組み立てて、多々羅大橋を渡り、あっという間に生口島に到着です。
d0024111_22123830.jpg
「ザ・生口島」って感じの景色。
d0024111_22125335.jpg
実は、生口島から、『高根島』に渡って一周しようという話だったのですが、なんと高根島のあの素掘りのトンネルが拡幅工事中で、一周できないのだとか。一周できないのは残念だったけど、あの素掘りのトンネルがなくなってしまうのもちょっと残念。
高根島一周を諦めて、一路、尾道を目指すことに。
d0024111_2213976.jpg
前日、東側を走った向島は、今度は西側ルート。時計回りが鉄則だし。夕暮れ時の海がきれいでした。時間が許せば、このまま日没まで眺めていたい・・・。
d0024111_22132340.jpg
そして、渡船でゴールの尾道へ。どうです、この混みっぷり。サイクリストだらけ(笑)。
d0024111_22134135.jpg



ということで、たった2日間だったけど、天気にも恵まれ、最高の自転車旅でした。あまりにも楽しかったので、社会復帰できるか心配。
d0024111_22135397.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-24 23:30 | ポタリング
春だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(前編)
全国的に春の陽気に恵まれたこの週末、ちょっとポタってきました。目的地はというと・・・もはやこの写真で説明は不要かと思いますが、そう、『しまなみ海道』です。
d0024111_13193032.jpg

なのだ的には3年ぶり3回目のしまなみ海道。メンバーは、先日来琵琶湖や加太にご一緒させてもらっているBirdy3兄弟です。新大阪から『こだま』の始発ですと尾道駅の到着は朝の9時過ぎ。今更ながら「近っ!」。
d0024111_1320723.jpg
まずは渡船で向島へ。この景色、この音、この匂い。「しまなみに来たんだな~」と、しみじみ。
d0024111_13204548.jpg
向島に上陸後、ブルーラインを外れて、向島の東側を回ってみました。
d0024111_13211628.jpg
東側ルートは、いろんな方がお勧めされている通り、西側ルートより長閑で「島に来た」感が味わえます。「島は時計回りで」というサイクリングの鉄則通り、水辺側を走れるところもいいですね。
d0024111_13213424.jpg
因島に渡り、『はっさく屋』さんに立ち寄った後、お店の横の坂をツーっと下って、因島も時計回りで走ってみることにしました。しかし、それがとんでもないことに・・・。
d0024111_1322465.jpg
因島の東側ルートは車が少ないところはGoodですが、その代わりに坂が2本。それが結構歯応えありまくりで・・・。しかも、その2本目のピークを迎えようという時に、dai-5さんのサドルに衝撃的な出来事が・・・。なんと、サドルレールが破断してしまったのです。よりによって、しまなみ海道の、島の裏側の、峠のピークで、天下のBrooksが・・・ですよ。dai-5さん、やっぱり持ってます。応急処置でなんとか土生に到達。

土生といえば『いんおこ』。お好み焼きの『越智』さんを訪れました。ミーティングテーブルのような鉄板の正面に女将さん。女将さんを中心に6~7人が座るスタイル。のしイカの風味がアクセントであっさり味。何枚でもいけそうです。うまかった~。
d0024111_13222780.jpg
お腹が膨れたところで、フェリーで土生港から生名島の立石港へ。いわゆる『ゆめしま海道』を目指します。ちなみに、dai-5さんのサドルは、土生の自転車屋さんにて無事にリプレースされました。
d0024111_1332142.jpg
ゆめしま海道は、生名島、佐島、弓削島の3つが橋でつながっており、サイクリングコースになっています。もちろん、しまなみよりも車も自転車も少なくて「島に来た」感たっぷりです。
d0024111_13352543.jpg
その後、弓削島にあるインランド・シー・リゾート・フェスパへ。ちょっと高台にあるので、ここからの眺めは最高です。本日の締めはここの日帰り温泉。しまなみっぽさはないですが、高級リゾートという非日常にうっとりです。
d0024111_13381082.jpg
宿泊先の伯方島までは、弓削港から高速船で約30分。
d0024111_13431411.jpg
この夜、旅館で「これでもか!」というくらいの魚介料理を頂き、1日目の工程はこれにて終了です。
後編につづく
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-22 23:30 | ポタリング
男三人加太ポタ
こんなによい天気に恵まれるとは・・・・。
d0024111_22501185.jpg
お久しぶりです。ご無沙汰しております。だいぶ暖かくなってきましたね。
いよいよポタの季節ってことで、男三人で加太までポタってきました。
当初は、街道を走って、クラムチャウダーとあげパンを食べに加太まで行こうという話だったのですが、途中から街道を外れて、美味しいパン屋さんを紹介してもらったり、新しいルートを教えてもらったりと、いい感じのぶらりポタになってました。もちろんクラムチャウダーもあげパンも食べましたけど。

で、クラムチャウダーあげパンは、むかしこのブログで紹介したのでそれは置いておいて、今回は、途中で立ち寄ったパン屋さんの話。かなり人気があるようで、お店の中はお客さんでいっぱい。ただ、レジの行列が店内をグルッと一周しており、レジの列に並んでいれば自動的にひと通りのパンの前を通る仕組みはとっても合理的。でも、パンと見つめ合う時間が長いので、おいしそうと思ったパンには、たいてい手が伸びてしまいます。目移り注意です。
パン・オ・ショコラにはちょっとうるさいなのだですが、ここのパン・オ・ショコラはかなりヤバいかも。リピート間違いなしです。ちなみに、小さなイートインスペースとテラスがあり、コーヒーも無料で頂けます。

■gland glouton
d0024111_23491549.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-08 23:52 | ポタリング