<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
赤い!赤いっすよ、ラピートが!
南海なんば駅には不釣り合いなくらいに、赤い!
d0024111_21144198.jpg


これです!赤いラピート。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-29 21:44 | 旅・出張
格安SIM、その次へ
まだ続くんかい、この話(笑)。
世の中、ここのところ、格安SIMのニュースが絶えません。次から次へと新しいサービスが登場してきて、目移りしてしまいます。もはやMVNO事業者にとって、相手はキャリアだけでなく、MVNO事業者どうしの競争も激化している様相です。あるメーカーからは、1GBならぬ1.01GB/月という商品が打ち出されたりもしています。10MBの差って・・・。
こうなってくると、「もう少し待てば・・・」的な欲も出てきますが、auのスマホから足を洗うのが優先課題なので、のんびりしているわけにはいきませぬ。

というわけで、2台目に着手。この2台目は、ままっち用。
端末は、日本橋やら大阪駅周辺などを探し回ったあげく、結局、近所のリサイクルショップで見つけた「Garaxy SⅢα SC-03E」。ぶっちゃけ、これ以上にはないくらいの掘り出し物でした。白ロム探しは、ちょっとバクチっぽいところもあったりして、意外に楽しいです。やっぱりクワッドコアはいいですね。家のどのPCよりも早いです。
SIMは、「BIGLOBE LTE-3G エントリープラン」。1台目の「楽天BB LTE エントリプラスプラン」とは、通信容量もお値段も同じ1GB/月(900円)です。楽天と違い、初期費用3000円がかかりますが、無料でWi-Fiスポットを利用できるところにちょっと期待しています。
d0024111_1555514.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-27 15:10 | ファミリー
あっち側とこっち側
d0024111_21374627.jpg
photo by sanagon


ままっちとままっちの妹の計らいで、 福山雅治のコンサートに行ってきました。京セラドーム大阪です。いやー、スゴい。スゴかったです、いろんなことが。

まず、現地に着いて最初に驚いたのが、人の多さ。ドームの周辺や、隣接してるショッピングモールは人で溢れかえってました。これがみんな、ひとりのアーティストを観に来ているんだと思うと、なんだかこっちが緊張してしまいます。なんでやねん。

会場に入ると、ふたつ目の驚き。ステージが恐ろしく近い! ステージといっても、花道ですけど、フツーに会話できそうなくらい近い。ままっちらは「神席だ!」と目をウルウルさせてましたが、なのだにとってはビミョー。大学の講義室で、前の方の席に座る羽目になった心境…。おまけに周りは、 9:1くらいでほぼ女子だし。

で、今回、最も驚いたのが、ペンライト。急にスケールの小さい話ですけど、ホントにビックリでした。会場の入り口で配られたそれは、一見フツーのLEDのペンライトでしたが、実は次世代型。発光できる色数は豊富だし、どんな色がどんなタイミングで発光するかは、すべて無線でコントロールされるんです。すべてのペンライトが、完全にステージ上の演出とシンクロするよう制御されてました。感動です。人文字ていどなら、客席に浮かび上がらせることも可能です。でも、片手にペンライト、反対には応援用のタオルを持った日には、拍手なんてできんがぜよ。

言わずもがな、歌もギターも最高で、我を忘れてノリノリで楽しんでしまいました。 でも、ふと、同い歳であることを思い出し、我に返ることもしばしば。45歳のおっさんが、45歳の男性に手を振るってのは、日常的には異常な光景だよなーとか思いつつ・・・。憧れとかではなく、あっちの世界も大変だよなーなんて同情してみたりして。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-23 21:42 | ファミリー
格安SIMその後
d0024111_22273931.jpg
格安SIMを使い始めてほぼ半月、結論から言うと全く問題なし。
LINEも、Googleマップも、Razikoも快調に動いてます。楽天edyやモバイルSuica、ローソンモバイルPontaなどのおサイフ機能も、全く問題なしです。それらのいくつかは、SIMがなくても動くので、格安SIMだからといって問題が発生するはずもないのですが・・・。

そんなことよりも、ちと間抜けな話ですが、いかに自分が普段、外でスマホを使っていなかったかを改めて認識しました。自転車通勤なので通勤中に使うことはないし、会社には会社のケータイとPCがあるので、外でスマホが活躍するのは、せいぜい「帰るコール」代わりのLINEくらい・・・。
その結果、この半月の通信量は、なんと100MBちょい。
もちろん、一応、パケットの節約には気を使っています。例えば、余計なアプリは可能な限りアンインストールしていますし、アンインストールできないアプリは徹底的に無効化してます。また、アプリの更新は、Wi-Fi環境下で実施することにしてます。
1ヶ月で1GBの容量制限なんて、海のように広い・・・。
ということで、なのだの使い方だと、容量制限の心配は無用だということが分かりました。

じゃあ、速度の方はどうなのかというと・・・・・実は、偶然にも、社内になのだと同じスマホF-05Dを使っている同僚を発見しました。もちろん、その同僚はDocomo純正のSIMです。で、ちょっとムリなお願いをして、「スピードチェッカー」を試させてもらいました。その名の通り通信速度を測定するアプリです。同じ機種を使って同じ場所で同じタイミング、違うのはSIMだけという環境で、通信速度の比較をやってみました。そしたら、な、な、なんと、DocomoのSIMの方が格安SIMより、2~3倍も速い!何度やっても、肩を並べることすらありませんでした。やっぱり、格安SIMはそれなりなのか・・・。
ただ、今まで使ってたauのIS03と勝負してみたところ、ほぼ互角でした。ってことで、まあいっか・・・。

実を言うと、100MBちょいというこの半月の通信量のうち、40MBはこのスピードチェッカーによるもの。このくだらない速度勝負を除けば、60MBしか使ってないということになります。さらに、その半分の30MBは、先日の紀見峠ポタで道に迷いまくって、地図を見まくったのが原因です。月々5000円支払っているスマホ代が、ますますバカバカしく思えてきました。

ということで、auは、今月末、ガラケーに乗り換えて、料金プランを変更することで決まりです。あと、メディアプレイヤーは初めて使いましたが、CDを入れる手間は、auのLISMOより全然早いですね。
d0024111_22452711.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-16 22:33 | ファミリー
土丸・雨山城跡トレッキング
先日の講演を聴いてから、一度登ってみなくては・・・と思っていた「雨山」と「城ノ山」に行ってきました。
どちらも標高300m前後ながら、その方面の方々には「アルプス」と形容されるくらい、変化に富んでいて楽しいコースなんだそうです。確かに、このシーズンは登山客の姿をたくさん見ます。しかも、登山ブームの影響なのか、年配の方々も含め、皆さん上から下までばっちりですね。
そんな中に、ほとんど買い物帰りのような格好で挑んできました(笑)。

起点は永楽ダム。西ハイキングコースというルートをたどって、雨山を目指します。
d0024111_18532874.jpg
このルートは、基本的に尾根線沿いで、歩いている間も、見晴らしがよくて気持ちがいい~。時には、左右どっちも崖・・・みたいな場所も。
d0024111_18541759.jpg
左が土丸城跡がある城ノ山、右が雨山城跡がある雨山です。ここから、見えている通りの尾根をたどっていく感じです。
d0024111_18544354.jpg
城ノ山の山上から、関空方面を臨む・・・てか、何んも見えねー。スカッと青空だったら、どんだけいい景色なんだろ。
d0024111_18553842.jpg

そして、これが日根荘の大木地区。大木を見渡せるポイントとしては、ここが一番なんだそうです。実はこれが観たかった。
d0024111_1855996.jpg

普段、あんまり山に登ることはないですが、たまにはいいモンですね。その前に、シューズとウェアが欲しくなった・・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-13 19:16 | 日根荘
紀見峠を越えて
多少曇ってたり、多少霞んでたりはあるけれど、雨が降ってなくて、風が穏やかだったら、自転車の上にいるのが幸せな季節ですね。かなり出遅れましたが、咲き残っている桜を探して、出掛けてきました。

和泉市の旧170号線、若樫の桜。周りはほとんど散っているのに、この1本だけは踏ん張っている感じ。ホントはこのすぐ先に府指定の天然記念物の枝垂桜があるのですが、老木ゆえか見頃は一瞬だったようで、ほぼ散ってました。
d0024111_18525248.jpg

河内長野から高野街道をたどって、橋本市(和歌山県)方面に向かう途中、南海電鉄の天見駅の桜。めちゃめちゃ静かな無人駅で、秘境っぽい雰囲気ムンムンなのですが、ホントは都市と都市の狭間にある駅です。
d0024111_1859183.jpg

和歌山県との県境、紀見峠。実は、初めて訪れました。
d0024111_199539.jpg

橋本まで下った後、紀ノ川沿いを下流に向かって走りました。穏やかな川の流れを横目で眺めながら走るのはやはり気持ちがいいです。
d0024111_19124665.jpg

早くも鯉のぼり。
d0024111_19163919.jpg

桜じゃなくて桃の花があちこちに咲いてました。そういえば、ここは桃の産地だったですね。
d0024111_19201149.jpg

夏になる頃には甘~い桃の実がなっているんでしょうね。
d0024111_19204282.jpg

春を体いっぱいに吸い込んだ充実のポタでした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-12 19:28 | オン・ザ・ロード
格安SIMという選択
「ドコモが値下げ!?」というニュースが飛び交い、ようやくキャリア系にも動きが出てきましたね。これだけ格安なSIMが流通してくると、やはり「高止まり」しているわけにはいかんのでしょう。あるところの試算では、格安SIM、いわゆるMVNOの契約数は、2014年度は全体の1割を越えるんだとか。つまり、10台に1台は格安SIMというわけです。そうやって競争してくれるのは、消費者にとってはうれしい限りです。

d0024111_230256.jpg
さて、なのだの格安SIMですが、悩みに悩んで「楽天ブロードバンドLTE」の「エントリープラスプラン」にしました。
数あるSIMの中から、これを選んだ理由は、初期費用0円ってとこ(今だけ)。縛りや解約金もないので、1か月使ってみて、容量や速度に不満があれば、解約なり変更なりすればいいという、初心者向けなプランなのです。このプランは、通信量の制限が1GB/月で、価格は月々900円(税別)。同じ価格帯で通信量制限1GB/月クラスでは、初期費用0円はここだけです。じゃあ迷う余地はないかというとそうでもなくて・・・例えば、ビックカメラBIGLOBEは初期費用はゼロではありません(3,000円くらい)が、その代わりに、無料のWi-Fiが付いてます。通信量が制限されている中、実はWi-Fiが無料というのは長い目で見ると魅力的なサービスです。ま、そんな感じで各社ちょこっとずつサービス内容が違うので、結構、悩ましいです。

ちなみに、楽天のこのSIMは、音声通話もSMS(ショートメッセージサービス)もできません。
なのだの場合は、auのスマホをやめると言っても、auのスマホのSIMをガラケーに移して、月々1000円(シンプルプランE+EZWIN)でauを維持しようと目論んでいます。つまり、格安SIMのスマホと、auのガラケーの2台持ちしようという魂胆です。両方合わせると月々2,000円になりますが、月々5,000円だったことを考えれば、全然オッケーです。auを維持継続することで、家族間の通話も無料のままですし、メールアドレスもそのまま使えますし、何かと面倒がありません。

それよりも、いつでもauのスマホに戻って来れるというのは、ある意味、最後の逃げ道は確保できているわけで、それだからこそ躊躇なく格安SIMを試してみようという気になるのかも知れません。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-10 23:16 | ファミリー
吉と出るか凶と出るか
子供たちの進学準備で、なんやかんやと忙しい日々を送ってました。制服に靴、カバン、教科書、定期券、電子辞書、コンタクトレンズにiphone5s…ん?どさくさに紛れて余計なモン買ってないか!?
そういうわけでauショップをウロウロしていたら、なんだか自分も機種変したくなってしまいました。なのだが今使っているスマホは、3年以上前に手に入れたIS03。いい加減くたびれてきたし、いま買い換えれば、LTEになるし、キャンペーン中だし、「月々のお支払額はほとんど変わりませんよ~」の言葉につられ…気持ちがぐーっと傾いてしまいました。傾いて傾いて、考えに考え抜いた挙句、ついに決断しました。

  スマホを持つのをやめよう…。

ぎゃははは、考え過ぎて、反対側の結論に達してしもた。


まあ正確には、auのスマホをやめようかと。やっぱり、スマホを維持するために、月々5,000円の出費は大きい…。たまの出張や外出を除けば、普段、外で使ってるのはちょっとしたメールとLINEくらいとなると、割りが合いません。しかも、仮にいま買い換えて月々の支払いが変わらなかったとしても、各種の割引の時限タイマーが切れる2年後には、月々6,000円になってしまうなんて、ありえない・・・・。

で、auのスマホの代役になるべく、現在、試運用中のものがコレ↓。
d0024111_1494873.jpg
端末は、日本橋の中古ショップを探し回って、1諭吉という破格値でゲットしました。docomoのLTE機で2年前のモデル「ARROWS X LTE F-05D」です。しかも、新品未使用。ただ、この機種、不具合の多さで悪名が高く、かなりの冒険してます。今のところは問題ないですけど・・・。
この端末に、格安SIMの「楽天ブロードバンド LTE」を組み合わせました。つまり、MVNOデビューしたというわけです。これで、スマホの維持費は、
なんと月々900円!

さあ、これが吉と出るか凶と出るか。追々、レポートしていきたいと思います。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-04-06 14:44 | ファミリー