<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
近江八幡ポタ
d0024111_2354512.jpg
日曜日、近江八幡をポタってきました。
近江八幡の見どころはやっぱり町並み。
d0024111_2361635.jpg
完全な観光地というわけでもなく、住宅地と混在している形で、ひとつひとつの路地に独特の個性があり、趣があります。また、八幡堀の周辺は、「水郷」と呼ぶにふさわしい落ち着いた雰囲気です。
d0024111_2342020.jpg
この八幡堀、かつては公害に悩まされ、埋め立て計画も進行中だったんだとか。このお堀が今やこれだけたくさんの観光客を呼び寄せる資源になろうとは、恐らく当時の人も想像しなかったことでしょう。

自転車でひととおりを観光した後、お腹が減ったのでお昼ご飯に。おしゃれなお店は数あれど、何とも言えない雰囲気に誘われるように『初雪食堂』さんに入りました。
d0024111_238544.jpg
このお店、正解でした。周りの町並みとは時代がちょっと違う感じですが、紛れもなくここは「昭和」です(笑)。お店の方に勧められるがままメンチカツとハンバークのセットを頂きました。
d0024111_237822.jpg
ボリューム満点で、うまいし、安い! 後になって分かったことですが、この食堂、ドコモのCMで桑田佳祐さんと共に登場したお店だそうです。

ま、そこそこ楽しいポタでした。町の大きさからいくと、いくら小径車といっても自転車はちょっと邪魔ですね。
d0024111_2344593.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-11-27 23:14 | ポタリング
いちょうポタ
秋も深まりを増し、近所でも赤や黄色に色づいた木々を目にするようになりました。
というわけで、今日は、ふらふらと「いちょう」を探しながらポタってみました。

まずは、関空連絡道の高架下。ここは雌株が多いせいか、横に広がる枝振りはなかなか存在感あります。匂いでも存在感ありまくりです。
d0024111_037656.jpg

りんくうアウトレットモールの裏通り。まだまだ木が若いですな。
d0024111_037375.jpg

泉佐野市内某所。枝を刈り込みすぎで、ちょっとかわいそうな感じ。
d0024111_0381099.jpg

泉佐野市日根神社。いちょうの木だけ、頭ひとつ分、背が高いので、かなり遠くから引き寄せられるようにしてここにたどり着きました。
d0024111_039553.jpg

阪南市の自然居士(じねんこじ)。このいちょうは、大阪府指定の天然記念物だとか。樹齢450年!?
d0024111_0393115.jpg

岬町金乗寺(こんじょうじ)のこのいちょうも大阪府の天然記念物。こっちは樹齢500年。気が遠くなるなぁ。
d0024111_040645.jpg


案外近所に立派ないちょうがあることを再発見したポタでした。
d0024111_0403360.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-11-25 01:03 | ポタリング
JINS PC
d0024111_2151212.jpg
どこかのブログでも紹介されていましたが、なのだもPC用の眼鏡を作りました。
仕事柄、ほぼ1日中、ディスプレイに向かっているため、目の負担を少しでも下げたいというのが、表向きの理由です。表向きの理由があるってことは、しっかり裏向きの理由もあるわけで・・・。ストレートに言えば、最近、手元が見づらくなってきたんです。これを世間では、「老眼」と言うらしいですが、まだ自分自身では老眼を認めていません(笑)。

なのだは、近視なので、普段はコンタクトレンズを使用しています。当たり前ですが、コンタクトレンズは、遠くを見るためのものであって、わざわざ近くを見づらくしているようなもの。ただ、自転車に乗るにも、車を運転するにも、眼鏡よりはコンタクトレンズの方が使い勝手がいいので、コンタクトレンズを手放すわけにはいきません。その辺りの事情を眼科医に相談したら、仕事の時だけ眼鏡をかけるよう勧められました。

というわけで、PC用の眼鏡です。そうです、「老眼鏡」ではなくて「PC眼鏡」です。PC眼鏡にちょっとだけ老眼鏡的要素が入った眼鏡なんです。まあ、ぶっちゃけ、苦しいいい訳ですが、でも、単なる老眼鏡を買うよりは、なんとなく抵抗感が薄れるのは事実かな。

日付印の日付けを変えるのが、めちゃめちゃ楽~。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-11-08 21:53 | ファミリー
Panasonic XC-A
d0024111_17213281.jpg
やっち(長男、小5)のお友達が、ご親戚の方から譲り受けたというマウンテンバイクをいじらせてもらいました。

先日のMBKのマウンテンバイク同様、1990年台のものですが、とても状態がよくアルミポリッシュの光沢は、まるで新車のようです。こちらも、フロント3段×リア7段で、ブレーキはカンチという時代モノ。アウター受けなどの細工に手が込んでおり、それだけでも古き良き時代を感じさせてくれます。ディレーラー関係は、今は亡きShimano『STX』。グレード的には、たぶん今の『Deore』です。また、1体物のブレーキレバー&シフターの型番はShimano『ST-MC12』で、『Alivio』のロゴがありました。もしかしてこれが初代『Alivio』!? 

ただ残念なことに、このシフターに問題があり、フロントはアウターにラッチしないし、リアはリアでシフトアップすると1段から7段に一気に飛んでしまうという状態でした。アンコントローラブルなマルチリリースって感じ(爆)。症状としては、先日のMBKのケースとよく似ており、なんとなくラピッドファイヤ創世記の宿命のようにも思えます。オーナーのお友達くんは、最初に近所の自転車屋さんに相談したらしいのですが、修理に「1万円!」って言われたんだとか。詳細は知りませんが、アレをアレして、ソレをソレして、工賃入れたらそんなもんかな。でも、躊躇しますわな、フツー。そういうわけで『なのだサイクル』へ(笑)。
d0024111_17233149.jpg
ぶっちゃけブレーキレバー&シフターを換装するしかないのですが、ややこしいのは「7速」と「カンチ」という組み合わせです。いろいろやりようはあると思いますが、できるだけお金をかけたくないので、「7速」と「カンチ」にこだわって探してみました。で、たどり着いたのがShimano『ST-EF51-A-7』というパーツです。たぶん、ALTUSとかACERAグレードかと思いますが、カンチとVブレーキのどちらにも対応しているEZファイヤのレバーなんだとか(下の写真参照)。送料込みで3000円くらい。
d0024111_17242767.jpg
早速、お取り寄せして、ちゃちゃっと換装してみました。すると、なんということでしょう。「こんなに気持ちよくシフティングできちゃっていいんだろうか」と言うくらいに、うまくいきました。EZファイヤのクリック感が、なかなかすばらしいです。お友達くんにも喜んでもらえたし、なのだの暇つぶしにもなったしで、ハッピー×2。
古い自転車が、再び息を吹き返すっては、いいもんですね。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-11-05 17:41 | 自転車グッズ
MBK Tracker Hi-Tech
d0024111_15395355.jpg
最近、自分の自転車だけでは飽き足らず、他人様の自転車をいじるという妙な趣味を始めてしまいました。写真は、おフランス製の『MBK』のマウンテンバイク。

会社のお友達から、メンテナンスを請け負いました。実は、元々のオーナーは自分。1992年に購入したマウンテンバイクです。もう20年ですな。ヘッドパーツやシートポストまで含め、コンポは全てXTというバイクですが、ギアは3×7、ブレーキに至ってはカンチレバーというもの。数年前にそのお友達にお譲りしたのですが、今でも大事に乗って頂いています。今回、シフターの調子が悪いのと、BBにガタが来ているとのこと。
で、診てみると、確かにシフティング、めちゃくちゃ・・・。フロントのシフターがラチェットできなくなってました。リアのワイヤは首の皮一枚だったし・・・。仕方がないので、なのだの引き出しの奥に眠っていたラピッドファイヤに換装しました。親指でシフトダウンして、親指でシフトアップするタイプのこれまた年代モノです。良くも悪くも、その操作性に懐かしさを感じます。
d0024111_162355.jpg
BBの方は、寿命が来ているようだったので、カップ&コーンからカートリッジ式の新品に換装しました。そのカートリッジ式BBもスクエアテーパーなので、手に入れるのに結構苦労しました。
ということで、とりあえず、まともに走れるレベルには、回復しました。

d0024111_15391197.jpg
秋晴れの昼下がり。テラスで自転車いじり。こんなのんびりした週末もいいもんですね。さて、もう1台・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-11-04 16:13 | 自転車グッズ