<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
おつげ
この週末は、なのだ家の周辺も、もちろん雨、雨、雨。

そんな中、ちょっといいことありました。
朝食を食べながら、やっち(長男、小4)が言いました。

  やっち 「今朝さ、変な夢見た」
  なのだ 「変な夢って、どんな?」
  や 「パパがな、宝くじ当たるねん」
  な 「おっ、全然、変な夢ちゃうやん。で、いくら?」
  や 「150円」
  な 「安っ!」


という感じ。
ここで話が終わっちゃ、いいことでもなんでもないわけで・・・・。
宝くじがどういうものかさえ知らないんじゃないかとも思えるやっちの口から、こんな話が出てくると・・・・なんて言うか、ほら、まあ、誰でも思いますよね・・・もしかして、神・の・お・つ・げ!?って。

そんでもって、こういう時にまた都合よく、机の引き出しに宝くじが10枚、眠っていたりするんですよねー。しかも、まだ当選番号も見ていなけりゃ、封もきっていないし。

もうほとんどネタばれですけど・・・すぐに宝くじ屋さんに直行。
宝くじ屋さんの前で、一瞬、凍り付く・・・。
いや、凍り付くほどの金額じゃないですけど、ちょっと寒気がしました。
d0024111_2131403.jpg

なー、なー、やっち、次のお告げはいつ?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-05-31 21:31 | ファミリー
緑と白
今日はあてもなくふらふら。
d0024111_23215230.jpg
一面のシロツメクサ。普段は見向きもしない花ですが、視界を埋め尽くすほども咲いていると、さすがに存在感あります。思わず、LOOKもゴロリ。

d0024111_2325284.jpg
またシロツメクサ?いえ、違います。ネギ坊主です。ネギ坊主もこんだけ集まると、なかなかおもしろい景色です。実は、あたり一面、めっちゃいい香りしてたりして。

d0024111_23284357.jpg
しばらく行くと、今度は玉ねぎ畑を発見。こっちはちょうど収穫してました。泉州は玉ねぎの産地ですからね。ここもいい香りです。香りをお伝えできないのが残念。

LOOKで出かけたのに、目線も速度もFRETTAな感じのポタでした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-05-14 23:41 | オン・ザ・ロード
トップチューブバッグ
先日のポタから、ニューアイテム登場です。

■ バーズマン・ジックロップ・ナビゲータ・バッグ(Birzman Zyklop Navigator Bag)
d0024111_21594112.jpg

少々名前が紛らわしい・・・。お肉や野菜を入れて冷凍保存するアレは「ジップロック」で、一方、このバッグの名前は「ジックロップ」。「プ」と「ク」が反対です。
ちなみに、自転車アクセサリのメーカーが「クロップス」で、かの有名な樹脂製サンダルが「クロックス」。実は、今でもよく間違えてたりして・・・。

このジックロップは、いわゆるトップチューブバッグという類のものですが、なんとスマホをターゲットに作られた優れ物です。2~3ヶ月前にあちこちのメディアで紹介され、しばらく売り切れ状態が続いていましたが、ようやく手に入れることができました。

一応、iphoneを対象としているようですが、ひとまわり大きい「IS03」もなんとか入りました。いや、ホンマになんとか入ったというサイズなので、決して走行中に取り出そうなんて思っちゃいけません。あまりに取り出しにくいので、Edyを使う時もバッグごと『シャリ~ン』ってやってます。

もうひとつの特徴は、透明なカバーの上からでも、スマホの画面を操作できます。いや、できるはずです・・・。少なくとも、娘(中1)の指にはサクサク反応してくれます。でも、オッサンの指では全く反応してくれません。なんやそれ?でも、ある意味、超高級なセキュリティ機能かも・・・って、本人が使えないセキュリティって何?ま、どうせナビに使うわけでもないし、あまり困ってないのでいいんですけど。

あと、悪いことついでに言うと・・・ダンシングすると思い切り足に当たります。はっきり言ってダンシングには邪魔です。ということで、シッティング縛りです。ま、いっか。

でも、でも、デジカメや財布がこの中に収まってくれるのは、本当に助かります。特に、デジカメは、ロードに乗るときはかさばるので持ちたくないアイテムだったので、このバッグは役に立ちます。うまい棒だったら、4本くらいは入りそうです。

なんとも微妙なインプレですが、おひとついかが。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-05-09 22:18 | 自転車グッズ
金剛トンネルを抜けて
3連休の最終日。前半2日間はたっぷり家族サービスしたんで、3日目は自分の時間。
この日は、以前から登ってみたかった金剛トンネルに行ってきました。

まず、旧170号線をたどって河内長野へ。河内長野から国道310号線をえっちらおっちらを登っていくと、目的地の金剛トンネルがありました。あっさり着いたように書いてますが、決して楽ではない道のりです。さずが、関西屈指のヒルクライムコースに数えられるだけはあります。
d0024111_21375562.jpg
トンネルを抜け、五條の市街に向かって一気にガーッと下っていきます。その途中、パン工房『YumYum』さんにて、エネルギー補給。この店、サイクリストご用達になっていて、これから金剛トンネルに登っていくという方とお話しながらの食事タイムでした。
d0024111_2142549.jpg
五條の市街を抜ける道すがら、もろみの匂いがするなぁと思ったら、お醤油屋さんを発見。その周辺が古い町並みになっていました。今日は、ちょっと場違いな格好だったので、今度、FRETTA-Tでゆっくり巡ることにして、先を急ぎます。
d0024111_21455893.jpg
どーん!吉野川に出ました。本日のサイクリングは珍しく綿密な計画に基づいており、計画通り紀ノ川の左岸を川下に向かって走ることにします。実は、ここからのルートは、2月のブルベで使用されたコースを参考にしました。印刷しておいたコースコマ図を見ながらのサイクリングです。
d0024111_21545962.jpg
程なくして和歌山県に入ります。車も少なく、とてもいいコースです。
d0024111_21572871.jpg
九度山駅前の藤。満開じゃん。
d0024111_21582762.jpg
コンビニなどで休憩を繰り返しながら、ひたすら走り続けます。その中のひとつ、船戸駅での休憩シーン。静かな駅です。
d0024111_2233874.jpg
最後に、川辺橋で紀ノ川を渡り返します。
d0024111_2262383.jpg


この後、雄ノ山峠を越えて、大阪府へ。雄ノ山峠は、大阪側からはよく利用してるんですが、和歌山側から登るのはこれが初めて。大阪からだと激下りがあるんで、言わずもがな、和歌山からだとそれが激のぼりになるわけで・・・距離を走ってきた足にはかなり応えました。

ということで、大阪、奈良、和歌山と3府県を巡って、お腹いっぱいのサイクリングでした。
久々の100kmオーバー、127km。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-05-05 22:13 | オン・ザ・ロード
和泉葛城山に登る
土曜日、和泉葛城山に登ってきました。
これまた、やっち(長男、小4)の提案です。
最初、やっちの口から「山に登りたい」との言葉を聞いたときは、『おっ、いよいよヒルクライムか!?』と期待に胸膨らませたんですが、よくよく聞いてみると、「歩いて」だそうで・・・。
ま、それはそれで、「あのやっちがね~」って感じでビックリです。

そういうわけで、歩いて和泉葛城山に登ることになりました。今回は、蕎原(そぶら)から。
d0024111_23325992.jpg
自転車ではよく登っている山なので、自分としては勝手知ったる山のつもりでしたが、普段自転車では走らない登山道を歩いてみて驚きました。これほどまでに自然が豊かな山だったとは・・・。渓流あれば、滝もあります。
山頂付近にはブナの原生林も。中でもひときわ大きなブナの木。立派です。
d0024111_23364526.jpg
朽ち果てたブナの木。輪廻ですね。
d0024111_23362047.jpg
というわけで、無事に山頂(858m)に到着。やっちも余裕っぽい。いつものように山頂の茶屋でおでんを頂いて、下山しました。

たまには、山歩きもいいもんですね。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-05-01 23:48 | ファミリー