<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
生まれて初めて
『そばがき』なるものを食べました。
d0024111_2325544.jpg
この歳になると、初めて口にする食べ物なんて、そう簡単に巡り会えるもんじゃありません。ましてや、それがとんでもなく美味しいなんて、どれくらいぶりだろう・・・って、ちょっと大袈裟か!? 写真は『そばがき』を揚げたもの。外側はかりっと香ばしく、中身はもちろんそばの香り。食感は、里芋ととろろの中間くらいの「もちっ」「ふわっ」「とろっ」「ねばっ」。これと一緒に、揚げてない『そばがき』も頂きましたが、思い切りピンぼけ写真だったので、カット。でも、そちらも、いけてます。
ちなみに、これを頂いたのは、このお店。『仁王門そば 稜』さん。
d0024111_2394939.jpg
一見すると老舗そば屋の佇まいですが、お店の中はジャズが流れてたりして、ちょっとモダンな感じ。また、恐らく骨董の染め付け皿が揃いで売られてたりなんかして、いい雰囲気です。
お店は、このお寺の参道にあります。
d0024111_23145781.jpg
そう、當麻寺(たいまでら)です。以前、よもぎ餅を目指してポタった、あのお寺です。もちろん、この日もよもぎ餅を食べました。

実はこの日、九州からはるばるやってきたおばあちゃんと妹と家族を連れて、初秋の葛城古道を案内しました。當麻寺からちょっと足を伸ばして訪れた一言主神社の周辺は、彼岸花が真っ盛りで、赤と緑の強烈なコントラストを放ってました。これだけの彼岸花を見たのも、生まれて初めてかも。
d0024111_2345694.jpg


P.S. 最近、家族で出掛けると、ままっちのブログで先を越されるのが、妙に悔しい~。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-09-27 23:38 | ファミリー
ご近所ミステリーポタ
d0024111_23111288.jpg
淡イチから帰ったその夜、やっち(長男/小学3年)から、「明日、自転車乗りに行こうよ」と誘われました。どうやら、自分を置いてけぼりにして、淡路島に旅立った父親をこの日はずっと恨めしく思っていたらしい・・・。
ということで、日曜日、やっちと2人でポタに出かけました。2日連ちゃんの「男自転車ふたり旅」です。

まずは、朝食がてら近くのマクドナルドまでなのだが先導。クォーターパウンダー、なんか小さくなったような気がしますが、そんなことはどうでもよくて、お腹が満たされたところで、マクドから再スタート。目指すは・・・・えっと、どこよ?
 や「りんくう、行こう」
 な「いいねー。じゃあ、付いていくから連れってって。」
 や「えー、道、わからんよ」
 な「ま、いいやん。適当に走りや。まずは、海を目指しや。」
 や「海、どっちやろ???」

ってな感じで、やっちプロデュースのミステリーポタが始まりました。
とりあえず走り出した方向が、なんとなく海方面だったので、少しホッとして黙って付いて行きます。

しばらく走ると、やっちがおもむろに「あれ、ゲートタワーホテルちゃう?」と言うので、指さす方向に目をやると、単なる高層マンション・・・。おいおい。答えを出してもおもしろくないので、「じゃあ、近くまで行ってみようか」ってな感じであくまで主導権をやっちに預けます。その後も、あっちに行ったりこっちに行ったりしつつも、なんとか自力で「イオンりんくう」の案内板や、ホントのゲートタワーホテルを見つけたりして、ようやく目的地まで導いてもらいました。
d0024111_2311433.jpg
さてさて、ミステリーポタは自宅まで続きます。ま、ぶっちゃけ来た道を戻ればいいのですが、それではおもしろくないらしい。ぎゃはは。誰かにそっくりや。「よし、こっちから帰ろう」とかなんとか言って、自宅とはまったく反対方向に進んでいくやっち。黙って付いていくなのだ。しばらく放っておきましたが、あんまり自宅から遠ざかるのも面倒に思えてきたので、ついに「あのな、おうちはこの方向にあんねんけど・・・」と助け舟を出します。その後もちょびちょび助け舟を出しながら、家近くのコンビニまでたどりつきました。

ところが、そのまま自宅に戻ると40kmにもならないことを知ったやっちは、遠回りをして帰ろうと言うのです。どうやら、自己最長ポタ記録の40kmを超えたいらしい。仕方がないので、近隣の5つの小学校を巡るポタをオプションに追加して、ようやく自宅に帰ってきました。

総走行距離46km。自己ベストを6km上回って大喜びするやっち・・・。初めての淡イチを制覇して小躍りしている親も親なら、子も子ってやつですな。それにしても、おもろかった。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-09-19 23:30 | ポタリング
淡イチにはまだ早かったか
土曜日、TAKAさんを誘って、『淡イチ』行ってきました。もちろん、ロードで。
d0024111_21143427.jpg
「涼しくなったら淡イチに行こう」って話がようやく実を結んだわけですが、なんのなんの、どこが涼しくなったんじゃー的な晴天に恵まれ、まだちょっと早すぎたような気も・・・。ま、でも、風も穏やかで、悪くない一日でした。
かつて、MTBで北部一周、FRETTA-Tで南部一周という断片的な淡路島の経験はあったのですが、しっかり『淡イチ』するのはこれが初めてです。でも、改めて思ったのですが、淡路島ってアップダウンが多いですね。かつて走った道ながら、当時の記憶も風化していて、「え? こんな坂、あったっけ!?」と、思わず気持ちが折れてしまう瞬間に何度も出くわしました。ひとり旅だったら、ホントに気持ちが折れてたかも。
d0024111_2116728.jpg
南淡路水仙ライン。風がなくてよかったです。
d0024111_22283128.jpg
大鳴門橋を臨む。デジカメ持ってくればよかった・・・。
d0024111_22325778.jpg
鼓亭(福良)の淡路牛焼き肉丼。ボリューム満点です。

総走行距離ジャスト150km、平均時速24km。
この日、6時間以上もサドルの上にいたわけで、久々にお腹いっぱい走りました。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-09-18 23:30 | オン・ザ・ロード