<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
タベルとリラックをポタる
d0024111_0441656.jpg
今日は、「タベル(Tavel)」、そして「リラック(Lirac)」をポタリングしてきました。どちらも、コート・デュ・ローヌワインの代表的な産地のひとつで、日本でも意識して探せばこれらの村の名前が入ったワインを目にすることがあると思います。なのだのいるホテルからだと、タベルまで約15km、タベルからお隣のリラックまでが約2kmという、まぁ、ポタリングというより、買い物に近い感覚です。実際、買い物なんですが・・・。
d0024111_0444772.jpg
しかし、なぜか息を切らしながら、ようやくタベル村の入り口に到着。自転車が自転車だから・・・だと信じてますが、ちょっと運動不足気味か!? 看板には、『フランスロゼNo.1地域』と書いてあります。そう、このタベル村は、フランスでも評価の高いロゼワインを産出する村なのです。
d0024111_051202.jpg
そして、目的のシャトーに到着。『ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ(Domaine de la MORDOREE)』です。ロゼNo.1村の中でも、超一流と評されるシャトーです。どんだけ敷居が高いのか、ちょっと不安でしたが、ちょうど試飲会みたいな催しをやっていたようで、自転車を止めるなり、グラスを渡されて、気付いたときには、試飲が始まってました。ヘルメットを脱ぐ暇もなかった・・・。ということで、お気に入りの1本をお買い上げです。
d0024111_058115.jpg
タベル村を後にして、リラック村に向かいます。ワインの産地から産地への移動ですから、当然、ぶどう畑だらけ。ぶどうの木は、やっと葉っぱが出てきたところです。タベル村もたいがい小さかったですが、リラック村はそれにも増して小さいです。お目当てのシャトーを探しているうちに、村全体をひと通り走ってしまいました。で、目的のシャトーはお休み。残念。っていうか、そのシャトーが運良く開いてても、ワインボトルを2本も背負って走れたのかどうか・・・。
ランチタイムになったので、リラックにするかタベルにするか迷ったのですが、再びタベルに戻ることにしました。「やっぱ、ランチはタベルでたべる・・・」。広大なぶどう畑の真ん中で、そんなくだらないおっさんギャグを思いついたりすると、自分がちっぽけに思えてきます。
d0024111_131010.jpg
タベル村の中心にあるレストランのテラスでランチ。この道路、たくさんのローディ達が行きかうので、それを見ているだけでも楽しい!LOOKも見たし。
d0024111_1161162.jpg
それにも増して、お料理が最高!
d0024111_1313870.jpg
最後に、今回、ゲットしたワイン。お値段は10ユーロとお手頃ですが、日本だと3000円は越えます。でも、お土産用ではなくて、明日の酒盛りで空っぽになる予定。(笑)

ワインを目指して、ポタリング。なのだにとって、こんな楽しい週末はないかも!?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-25 01:28 | フランスポタ
もったいないからユゼスへ
土曜日の話。シャトーヌフでのワインショッピングに疲れ(単に呑み疲れですが・・・)、仲間たちはホテルへと帰還。でも、車を返すまでにまだ時間があるということだったので、もったいないから、なのだだけ『ユゼス(Uzes)』まで連れて行ってもらいました。なのだは、一度、行ったことがある街ですが、その時はあんまりゆっくり観光できなかったし・・・。
d0024111_3413940.jpg
ユゼスの中心、ユゼス公爵邸からの眺め。この街は、落ち着きがあって、静か。そして、きれい。周りのほかの街に比べると、建物に統一感があって、それがまた美しさを助長してます。
d0024111_3444347.jpg
展示品かと思いきや、売り物でした。絵になりすぎ。
d0024111_3475162.jpg
少し賑わいのある広場の周りには、こんなアーケードが。
d0024111_3524447.jpg
(写真の白飛びは抜きにしても、)街全体が白いので、このプロヴァンスチックな絵柄が映えます。
d0024111_3541771.jpg
うちの門にどうかな!? あ、門を開けるスペースがないですか・・・。じゃあ、外開きで。
d0024111_3585558.jpg
こういうチェア、欲しいなぁ。プロヴァンスというよりバスク織に近いかも。
d0024111_405591.jpg
帰る途中のプラタナスの並木。やっぱ自転車、要るやろ、と思う一方で、フランスに来ても花粉症の症状が若干出るのは、たぶんこいつのせい!? でも、「スギ花粉症」よりは「プラタナス花粉症」の方が、セレブな感じが・・・。

P.S. フライトの混乱は今日あたりから回復の兆しです。今日、早速、仲間が2人、帰国の途に就きました。火山がこのまま沈静化することを祈ります。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-22 04:01 | フランス生活
はまったかな!?
この日曜日は、ホテルの部屋に引きこもり、朝からずーっと、何を話すわけでもなく、家族と『Skype』つなぎっ放し。で、Skypeしながら、PCの前で、餃子作りに挑戦していました。
d0024111_350541.jpg
「なんだ、餃子なんか、簡単じゃん」なんて声も飛んできそうですが、なにしろ、料理に関しては若葉マークのなのだにとって、かなりの難問。しかも、ここフランスの片田舎で、餃子の材料を揃えるところからして、容易ではありません。
まずは、キャベツ。ま、これは普通に手に入ります。ただ、ここのキャベツは肉厚でメチャクチャ硬い・・・。身もしっかりしまってて、誤った使い方をすれば、キャベツで命を落とします。立派な鈍器です。
次に、ひき肉。近くではあまり見かけないのですが、ちょっと郊外の大きなスーパーで、それらしいのを見つけました。たぶん、手作りソーセージ用です。
最大の問題は、餃子の皮。これがないと始まらない。最初は、自分でも作れるんじゃないかと、調査していたところ、「あの店に行けば、あるかもよ」との仲間の言葉を信じて、中華食材店まで足を運びました。このお店には、時々、お世話になっていて、なのだが食べてるジャポネ米も、ここで買ったもの。ただ、餃子の皮は、なかったような・・・と、思いつつ、店の中をくまなく探すと、ありました、ありました・・・冷凍庫に。カチコチ。餃子の皮で釘が打てそうです。
さて、あとは野菜を切って、混ぜて、包むだけ。ただ、とにかく硬いキャベツなので、これでもかって言うくらい、みじん切りにしてやりました。時々、Skypeの向こうのままっちに向かって、「こんなもんでいい?」と聞くのですが、答えは決まって「餃子なんか適当に作ったらえーねん」と・・・。師の言葉は、なんと重々しく厳しいことか・・・。
で、結果は、見ての通り。味も見た目も、師を越えました。ますます、料理にはまりそうです。
d0024111_3522454.jpg
ちなみに、餃子とくれば、ビール!こっちに来て、はまっているのは「Hoegaarden (ヒューガルデン)ビール」。このビールを初めて口にしたのは、肥後橋のビールBarでしたが、あまりのうまさにフラフラになるまで呑んだ覚えがあります。日本では結構なお値段してましたが、こっちでは酒税の安さもあって、500mlで1.55ユーロ(今日のレートで193円)。毎日、フラフラです。(笑)
d0024111_353822.jpg
もうひとつ、ちなむと、例の中華食材店で買っているジャポネ米。見るからに、怪しい・・・。「日の出」という商品名なのに、「Shinode(しので)」になってます。もしかすると、江戸っ子気取りなのかもしれません。でも、イタリア産です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-20 03:58 | フランス生活
またまたシャトーヌフ
この週末、またまたシャトー・ヌフ・デュ・パプ(Chateauneuf du Pape)まで、行ってきました。普段呑むための箱ワインが底をついたので、3箱目をゲットするためです。なので、チャリではなくて、車で連れて行ってもらいました。いくらなんでも、チャリで5リットルのワインを背負って走る根性なんて、ありません。途中で、4リットルに減ってるかもしれないし・・・。
d0024111_1115361.jpg
今は葉っぱひとつないブドウ畑ですが、敷き詰められた白い石がシャトー・ヌフ・デュ・パプの証。そして、いつものように、シャトー・モン・ルドン(Chateau Mont-Redon)へ。2001年、2005年、2006年ものを垂直試飲して、お土産用に2本、買いました。
d0024111_1232535.jpg
これが、モン・ルドンの看板犬。なんか言いたそうな表情ですが、「フランス語は分からへんからな!」と言っておきました。
その後、シャトー・ヌフの中心に移動して、目的の箱ワインをゲットしました。このお店でも散々ボトルワインを試飲させてもらって、いい心地です。

シャトー・ヌフ・デュ・パプを後にして、今度は、タベル(Tavel)村へ移動します。あまり聞きなれない名前かもしれませんが、実は、フランスでは「タベルと言えばロゼワイン、ロゼワインと言えばタベル」っていうくらい、ロゼワインでは名の知れた、でも、とっても小さな村です。
d0024111_1365434.jpg
しかし、小さい村なのに、お目当てのシャトーが見つからず、そのまま帰るかと思いきや、替わりのシャトーでやっぱり試飲・・・。ロゼはロゼで、若々しくて夏向けな味なんですが、なのだは何も買わずに退散しました。実は、この村を通過していく、たくさんのローディ達を見かけたので、「今度はチャリで来よう」と、密かに決意したのでありました。

P.S. 火山灰の影響はかなり深刻で、すでに帰国を延期せざるを得ない仲間も出てきました。見た目は、いつもの青い空なんですけどね。来月末には、解決してくれないと、なのだの帰国も・・・(^_^;)
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-19 01:41 | フランス生活
春は、あけぼの。
d0024111_3313236.jpg
春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは 少し明りて紫だちたる雲の細くたなびきたる。

なるほど、清少納言は、この山から昇る朝日を見て、枕草子を書いたに違いない・・・。
冗談はさておき、このところ、仕事場に向かう途中で夜明けがやってきて、枯れ木のようなブドウ畑の向こうに、ヴァントゥー山(Mont-Ventoux)から昇る朝日を拝むことができます。
ホントに拝んでたりして。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-15 03:33 | フランス生活
ピーマンの肉詰め!
d0024111_534270.jpg
ピーマンの肉詰めを作りました。なんとピーマンは輪切り! フランスのピーマンはデカすぎ!

なのだのフランスでの生活は基本的に自炊です。ホテルの部屋にキッチンが付いてます。九州男児ななのだにとって、日本では厨房に立ってるだけで、家族から珍しがられてましたが、こっちでは、そうも言ってられません。「No Life, No Cook」です。そのおかげで、少しずつ、レパートリーが広がってます。コロッケとか、鴨ざるなんかも、できるようになりました。信じられないことに、ここではパン粉さえも手に入らないので、コロッケなんか、パン粉を作るところからです。硬くなったフランスパンを叩き潰すだけですけど・・・。

ところで、フランスの野菜って、結構、おいしいんですよ。残念ですが、多分、日本よりおいしいと思います。
「まさか!?」って思うかもしれませんが、会社の仲間もこんなこと言ってました。
 「フランスのドレッシングを日本に持っていくと、野菜が負ける。
  日本のドレッシングをフランスに持ってくるとドレッシングが負ける。」

って。ちょっと悔しい気もしますが・・・。

さ~て、明日は何を作ろうかな。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-13 05:08 | フランス生活
レ・ボー・ド・プロバンスポタ
昨日の続き。
d0024111_3345264.jpg
サン・レミ・ド・プロバンスを後にして、次はレ・ボー・ド・プロバンス(Les Baux-de-Provance)を目指します。ガイドブックによると、
「(サン・レミ・ド・プロバンスから)レ・ボー・ド・プロバンスまでは約10km。かなりの山道だが、普段走りなれている人なら気持ちいいルートだ。」
とのこと。『走りなれてるなんてもんじゃないっす!』と自負するなのだにとって、こりゃ行くっきゃないでしょってなもんです。
しかし・・・「すいません、走りなれていませんでした」m(__)m。特に、この自転車では(笑)。荒涼たる景色の中、向かい風に向かって山道を登るってのは、かなり気持ちのよくないルートでした。で、ひとつ峠を越えたと思ったら、目の前にドーーーン!
d0024111_3435756.jpg
この山上が、レ・ボー・ド・プロバンスです。この街は、城塞都市っていうやつで、街全体が山の上に浮かんでいます。やっとこさ、山上までたどりつくと、よくもまぁ、こんなところに街を作りましたなぁ~みたいな光景が。
d0024111_351165.jpg
街の外れに行けば、当然、断崖絶壁。ひぇーーー、高っ!
d0024111_3523545.jpg
山上には、要塞の跡があり、巨大な投石機やギロチンなんか置かれていたりして、当時の緊張感ある生活が伺えます。
d0024111_3554262.jpg


レ・ボーを満喫した後は、アルルに向かって下りました。また、峠を越えて帰るのは、イヤだし。で、アルルからは、こいつに乗って・・・
d0024111_3583586.jpg
こんな感じで・・・帰りました。
d0024111_3592430.jpg

47kmのプチポタですが、ドキドキはらはらな冒険でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-07 04:00 | フランスポタ
サン・レミ・ド・プロバンスポタ
祝日の今日、例のMTB風MTBで、『サン・レミ・ド・プロバンス(Saint-Rémy-de-Provence)』まで、ポタって来ました。小さな街ですが、プロバンスの観光地のひとつで、細く入り組んだ旧市街にたくさんのお店が立ち並ぶ、活気のある街です。前回の出張では、訪れる機会がなかったので、今回こそは・・・と企んでいた街のひとつです。なのだが寝泊りする街からだと、たったの20km。ポタには、まあちょうどいい距離です。
d0024111_2303120.jpg
途中、こんなのどかな風景もあったりして、ポタ気分満点です。
d0024111_2333063.jpg
ただ、誤解のないように言っておきますが、自転車天国といっても、こういう田舎の国道では、路側帯を走っているわけで、すぐ横を車がビュンビュンと追い越して行きます。その辺は、日本と一緒です。やっぱり、左から追い越されるのは怖いです。
で、1時間くらいで、目的地のサン・レミ・ド・プロバンスに到着。噂どおりちっこい街ですが、観光客が多いなー。
d0024111_2365473.jpg
街中は、こんな感じ。楽しそうなお店がいっぱい。
d0024111_2412132.jpg
これは、プロバンスプリントのお店。もし、ここにままっちがおったら、店から1時間くらい出てこないでしょう。
d0024111_2431619.jpg
この街のもうひとつの目玉は、これ。ノストラダムスの泉です。少し離れたところに、ノストラダムスが生まれた家っちゅうのもありました。ごく普通の家です。
d0024111_245220.jpg
街の外れにある凱旋門。ローマ時代の遺跡だそうで、こういうものが残っていることが凄いですね。レリーフはかなりエグイものでしたが・・・。
d0024111_2475469.jpg


この後、もうひとつ、行ってみたかった街まで足を延ばしました。そのレポはまた後日。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-06 02:50 | フランスポタ
フランスの春をポタる
この週末は三連休です。なんの祝日だったか、とんと忘れてましたが、そうです、『復活祭』でした。昨日、ショッピングセンターで山と積まれた『イースターエッグ』を見て、思い出しました。遅っ!

復活祭となれば、フランスはもう春です。今日も、日中の気温は16℃と、桜満開の日本とあまり変わらない陽気でした。で、早速、手に入れたMTB風MTBで、街中をポタってきました。
d0024111_1121965.jpg
実は、このMTB、細かに見ていくと、いろいろと「おやっ?」みたいなところがいっぱいあって、昨晩は、いじり倒してました。許せないのは、フロントホイールがちょっと右に寄っていたこと。こいつを修正し始めたら、芋づる式に、ブレーキシューまで調整する羽目になり、シフティングやら、ポジションやら・・・と、つたない技術と工具で、思い切り、深みにはまってしまいました。う~ん、やっぱり、なんだかんだ言って、自転車をいじっている時が一番幸せかも・・・。
d0024111_113151.jpg
春になったせいか、街にはたくさんの観光客の姿がみられるようになりました。どこの国でも、その辺は同じですね。日本の桜みたいに、春を告げるシンボリックなものはないですが、ある意味、復活祭が春のメッセンジャーなんでしょう。
d0024111_1235152.jpg

そういえば、本日、箱ワインが底をつきました。3リッター/weekは、車なら高燃費でしょうけど、人間様には、ちょっと呑み過ぎかなーと反省・・・とかいいつつ、次の箱ワインを開ける・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-05 01:28 | フランスポタ
武器を手に入れました
なのだにとって最強!?の武器が手に入りました。
d0024111_4284357.jpg
「自転車の管理は君に任せる」との上司の言葉とともに、『社用車』の管理を任されました。
管理と言っても、自転車を部屋に保管するのと、「貸してくれ」という会社の仲間に貸し出すのが、なのだの役割です。ここフランスでは、自転車は屋内に保管するのが主流のようで、なのだが寝泊りするレジデンスでも、時々、エレベータで自転車に出会います。そんだけ治安が悪いとも言えますが、基本、土足で生活するフランス人にとっては、日本ほど自転車を屋内に保管することに対し、敷居は高くないのかもしれません。
まあ、モノは見ての通り、ごく普通のMTB風MTBです。重さは、15Kgくらいはあるかと。

で、受け取って早々、ブレーキに違和感が・・・。フランスでは、左右のブレーキレバーと、前後のブレーキが反対なんですよね。右がリアで、左がフロントにつながってます。まあ、ぶっちゃけ日本が亜流なんですが、ワイヤーを左右反対に付け替えて、日本仕様にしてやりました。パニックブレーキなんかかけたら、危ないったらありゃしない。

あと、妙に思ったのは、グリップシフトが180度反対に取り付けられていること。
d0024111_4313745.jpg
これじゃぁ、インジケータも見えやしない・・・。フランスのエスプリっていうやつでしょうか・・・。日本のわびさびには、理解不能です。これも、わびさび仕様に変えてやりました。

意外だったのは、タイヤのチューブのバルブ。フランスならフレンチだろっと思いきや、米式でした。そこはやっぱりMTB風を貫いた結果なんでしょう。

さて、この週末は、なんと3連休!えっと、月曜日が祝日なんですが、はて、何の祝日だったか・・・。まあ、とりあえず、思うがままに走ってみようと思います。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2010-04-03 04:38 | フランス生活