<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
今年もお世話になりました
d0024111_9341961.jpg
本年もご贔屓いただきありがとうございました。
それにしても、今年はいろいろあったなー。

今年の一番の成果と言えば、なんと言っても「ヴァントゥー山に登ったこと」。

フランスに行ったり来たりの忙しい中、FRETTAを持って行くという決断が、まずはよかった・・・。そして、無謀にもヴァントゥー山アタックを企て、見事頂上にたどりついたってのは、正に奇跡に近い・・・。だいたい、異国の地で大した準備もないまま、自転車乗り回したり、輪行したりと、今までのなのだなら大冒険とも思える大業に挑んでいること自体、自分で自分を成長したなーと感じます。

そして、8月にフランスから戻るや否や、「ロードレーサー購入」。

これも今年の大きな成果ですねー。まだまだ、乗りこなせてるとは言い難い状況ですが、自転車の世界観がかなり変わった気がします。

あとは、家族イベントとしては、シマノ鈴鹿参戦とか、飛騨高山とか、ひこにゃんとかくらいかな。

まあ、仕事の方は相変わらず忙しく、いつも、週末の休みがとれるかどうかいつもギリギリまで分からないような状況。なので、イベント計画が立てにくい・・・。来年は、そのあたりを変える努力をしないと。

それでは皆さん、Bonne Anne! よいお年を!

P.S. しばらくPCのない暮らしになりますので、コメントOFFしてます。お許しを。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-12-27 10:11 | ファミリー
バイクスタンドに飾ってみる
日本全国に寒波襲来ってな話を聞くと、ついついシマノのことが心配になったりして・・・。あぁ、それは、カンパでしたか、あぁ、すみません、使い古されたネタで。

でも、こうも寒くなると、お家で自転車イジリに没頭する人口が増えるはずで、逆にシマノにとっては追い風かもしれません。かく言うなのだも、ちょっとお買い物しました。シマノじゃないけど。

■ミノウラ グラビティスタンド
d0024111_228488.jpg
LOOK566がやってきて、玄関がいっそう狭くなってきたのと、いつ傷つけられてもおかしくない状況だったんで、バイクタワーを置くことにしました。このバイクスタンドは、自立式でも固定式でもなく、なんと単に壁にもたれかかっているだけ。でも、結構安定感があります。壁さえあれば場所を選ばないので、トイレにだって置けないことはありません。足元すっきりなので、お掃除の邪魔にもならないし。毎日、歯を磨きながら玄関でボケーッと見上げるのに、ちょうどよい高さです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-12-21 22:12 | 自転車グッズ
目的はおでんだけじゃない
d0024111_2321824.jpg
土曜日、またまた和泉葛城山に行ってきました。
なんだかんだ言って、近場で手軽に、しかも密度濃く走ろうと思うと、どうしてもペダルがそっちに向いてしまいます。今回もまた15.7%の犬鳴コースで。
山頂に着くと、すでに2本目も終わったという健脚の方々もおられ、みんなでストーブを取り囲んで、しばしお話を聞かせていただきました。たとえこんなに寒い日でも、山頂に行けば自転車乗りのお仲間に会えるというのが、和泉葛城山のいいところ。ついでに、温かいおでんも待ってるし。
塔原方面に下ったところで、河合さんに遭遇。「これから2本目ですか~?」って、うれしいお言葉をかけてもらったんですが、「今日は帰りま~す」と。1日に2本も登る自信はまだまだです。でも、そのうち。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-12-14 23:30 | オン・ザ・ロード
カモノハシか!?ペンギンか!?
先週末、出張で下関に行ってきました。小倉経由でね。
大阪からだと、新幹線で小倉まで行って下関まで戻ってくる方が、列車の数も多いし、時間的にも断然早い!しかも、それで余計に払う運賃は300円にも満たないし。
ついでに言うと、今回の用事がカモンワーフの近くだったので、帰り(っていうか福岡の実家までの帰り)は船で九州に戻るという旅行気分も味わえました。
d0024111_2141534.jpg
カモンワーフのクリスマスツリー


ただ、ICカードチケットをこよなく愛するなのだにとって、九州の地はなかなか面倒です。何が面倒って、小倉駅で在来線に乗り継ぐのに、いちいち改札を出ないといけないから。EX-ICカードのおかげで、新幹線はとってもスマートに乗れるようになったのに、最後までスマートに行かないのがちょっと残念。

現在、JR九州には、『suica』でもない『ICOCA』でもない、その名も『SUGOCA』というICカードがあります。両者の間をとったようなネーミングがスゴか~。でも、SUGOCAは新幹線の改札には未対応。相互利用が期待されるところですが、まだまだ出遅れてて、suicaとは2010年春、ICOCAに至っては、さらにその1年後とも言われています。さらに我が故郷の福岡では、SUGOCAの他に、西鉄系の『nimoca』と、地下鉄系の『はやいけん』の3つのICカードが混戦状態。それらの相互利用もsuicaと同時期になるとの噂。こうなると、西鉄バスユーザーのなのだとしては、やっぱり、出遅れてるICOCAよりもsuicaに気持ちが傾いてしまいます。
d0024111_2172543.jpg
夜の門司港駅


ただ、ICOCAを捨てて、suica一本に絞れない事情もいろいろ・・・。例えば、JR西日本が提供するネット予約「e5489(イーゴヨヤク)」サービス。JR西日本管内の特急電車を利用することも多々あるので、ICOCAとリンクしているJ-Westカードは不可欠。もちろん、大阪市営地下鉄や関西圏の私鉄に乗るにも、ICOCAは捨てられません。

そうは言っても、それ以外の場面、特にJRに乗るときは、ICOCAじゃなくて、モバイルsuica(easy会員ですけど)をバンバン使っています。やっぱり、カードよりは携帯電話の方が使いやすいし。ついでに、最近、関西圏のローソンでもsuicaのチャージができるようになって、ますますsuicaの利便性が上がりました。
さらに、今、魅力を感じつつあるのは、モバイルsuicaにリンクしたEX-IC。これだと、新幹線も携帯電話だけで乗れちゃうんです。J-WestカードにリンクしたEX-ICなら持っているのですが、携帯電話のスマートさにはかないません。でも、それだけのために、EX-ICをもうひとつ契約するのは、馬鹿馬鹿しいよなー。
まあ、そんな感じで鉄道各社によるICカードの勢力争いにまんまと乗せられている状態です。お願いだから、乗せるのは電車だけにしてくれ~。

福岡からの帰りに乗ったレールスター、『ひかり566号』でした。なのだには、ちょっとうれしくなる数字。
d0024111_219444.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-12-06 21:13 | 旅・出張
毎年恒例のサイクルモードへ(その3)
サイクルモードシリーズ、第3段。
っても、もう書くことがない・・・。だって、1日中、乗りまくってたわけだし。
いや、正確には、並びまくって、乗りまくったのか!?

あ、そうそう、並びまくるといえば・・・今年は試乗の順番待ちで画期的な仕組みを取り入れているブースにいくつか遭遇しました。中でも、秀逸だったのが、『ミズタニ』のブース。

 な 「Brompton、乗りたいんですけど」
 ミ 「では、14:40にお越し下さい」


と、「14:40」と書かれた小さなカードを渡されました。それがこれ。
d0024111_22171626.jpg
つまり、サイクルモード版「ディズニー・ファストパス」みたいなものです。これがあれば、並ぶことなく、試乗の時間までの間、ゆっくりと他のブースを見て回ることができます。それだけじゃ、ありません。試乗時間になって渡されたバイクには、なんと「キッチンタイマー」が!
d0024111_22175125.jpg
出発前に、しっかり15分をセットされ、「アラームがなったら帰ってきて下さい。」と言われました。15分ってのも結構太っ腹です。

同じような仕組みだったのが、KOGA miyataの試乗。ここも、予約時間と車両ナンバーが書かれたカードを渡されました。で、ちょっと他を回って、予定時間より早くブースに来たら、予約してた車両ナンバーのバイクが早く戻って来てて、

 な 「ちょっと早いですけど、乗っていいですか?」
 コ 「あ、いいですよ。予定時間の終わりまで。気の済むまでどうぞ!」


と。20分くらい、時間を頂戴しちゃいました。

一方、相変わらず、古典的な試乗システムだったのが、Rid○eyとB○。ひたすら並ぶだけ~。ふぅ~。やや中途半端だったのが、Bia○chi。一応、時間予約制なんだけど、予約カードなんかはないので、病院の待合室のように、その場にいなけりゃ順番飛ばされるし、いつ自分に回ってくるか結局分からないので、なんとなくブースから離れられない・・・。んなもんだから、時間通りには回ってこないし、しかも、予約を取りすぎて、破綻しかけてました。お~い。

----
さてさて、今回のサイクルモード、家族も一緒に行ったのですが、目的が違うので全くの別行動。
ママっちとゆうちゃんは、開場と同時にビギナーレッスンコーナーを目指したらしいのですが、すでに長蛇の列だったとか。もちろん、サコッシュ狙いだったわけですが、係の人によると、サコッシュをゲットできたのは開場1時間前から並んでたような方々だったとか。競争率、高っ!
というわけで、午前中は、やっちのお目当て「ウィーラースクール」に行ってたとか。ホンマにはまっとんなー。
ゆうちゃんは、果敢に「BD-1コンパクト」の試乗にチャレンジしてました。BD-1が普通に乗れるほど、成長しましたかー。

で、帰りに、やっちが言ってました。

 や 「明日も来たーい!」
 マ 「明日はエレクトーンの発表会でしょ!」
 や 「じゃぁ、東京、行こう!」


だ、だ、誰や、そんな知恵付けたんわ!

----
物欲にさんざん駆り立てられつつも、その場で買えないのがサイクルモードの「いいところ」。
でも、今回のなのだの同行者だったTAKAさん。いよいよロード欲しい病が完全にピークに達してしまったようで、インテックスからの帰り道、尼崎のサイクルショップ(なのだがロードを買ったお店)に直行しました。で・・・

 T 「これ買います!」

という現場まで、同行させていただきました。(笑)
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-12-02 21:42 | 自転車グッズ
毎年恒例のサイクルモードへ(その2)
今年のサイクルモード、なんとなくですが、青いバイクが目に付きます。

昨年は、白、赤、黒のオンパレードだった記憶がありますが、今年はいろんなブースで青を目にしました。試乗したバイクも気が付くと青がほとんどでしたが、試乗しなかったモデルも、ほらこの通り。

まずは乗りたくて乗れなかったBHの『G5』。
d0024111_21564781.jpg

EDDY MERCKXにも青のラインナップが。
d0024111_21553664.jpg

そして、フランスの宝くじ屋さんのチームをサポートするLAPIERRE。
d0024111_21561732.jpg

え~い、皆の者、控えおろ~。Pinarelloの『Dogma60.1』も差し色は青。
d0024111_21572352.jpg


昨年もブルーがなかったわけではないですが、なんとなく、業界全体が白、赤、黒からシフトしてしまった感じです。なのだのバイクも白、赤、黒だし、時代から取り残されそうないや~な予感・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-12-01 22:04 | 自転車グッズ