<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
566 with 105
d0024111_0173027.jpg
ついに!と言うか、やっと!と言うか・・・ロード欲しい病に最もよく効く薬が処方されました。(笑)

仏国に旅立つ直前、とあるショップで目を付けていたバイク。仏国から帰ってきて店頭に残っていたら、「いっしょに走ろうな!」とかなんとか約束したかは覚えてませんが、帰国した当日、時差ボケを引きずってショップへと出向き、無事に再会を果たしました。まるで、ハチ公のようなやつです。で、約束通り、その場で購入。
見ての通り、LOOK566(2009model)にShimano105で組んであります。

なのだにとっては、これが初めてのロードバイク。今まで、ランドナー、MTB、MTB、Birdyと乗り継いできて、いつかはロード・・・と思っていましたが、ようやくその夢が叶いました。

日曜日、早速、日の出とともにポタへ。走ること、曲がること、止まること、登ること、下ること、すべてにおいて、これはまったく別次元の乗り物です。どちらかというと、あまりにも自然すぎて、まるで身体の一部のようです。
登ることに関しては、ホイールの慣性力があるおかげで、ゆっくりでもふらつかずに走り続けられる点はとても強く印象に残りました。これからのポタが楽しみです。
漕ぎ出しに関して言えば・・・・クリートと格闘しているため、インプレなど全くなし。
この日は、シートポストがストンと落ちるトラブルに見舞われ、3kmほどダンシング状態の洗礼を浴びました。途中で出会ったMTB乗りの方に工具を借りて助けてもらう始末。丸腰でポタに出るほどビギナーではないはずですが・・・不覚です。

ま、これから自分なりの乗り方を考えていくつもりです。
とりあえず、今週末の鈴鹿は・・・FRETTA-Tで参戦します!
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-08-24 23:30 | 自転車グッズ
ただいま。いってらっしゃい。
d0024111_2315290.jpg
ただいま~!
昨日の朝、帰国しました。FRETTA-Tも一緒に。

たった1ヵ月半のブランクですが、夏休みの半分が過ぎた子供らにとっては結構大きなブランクだったようで、一日中、「あれ作ったよ」「これ買ったよ」ってな話から始まり、なぞなぞやしりとりまで延々と付き合わされました。挙句には、居眠りを怒られながら、トランプしてました。

そして、本日、なのだは盆休み返上でお仕事へ。
一方、家族はなのだと入れ替わるように福岡に帰省。
いってらっしゃ~い!

しかし、思う。そんなに仕事が大事か?>自分。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-08-10 23:30 | ファミリー
仏国自転車標識コレクション
いきなりですが、ここで問題です。
さて、これは何の標識でしょう?
d0024111_14163670.jpg
初めてこの国をポタった時、この標識を見て一瞬ギョッとしました。自転車は通ってはいけない雰囲気むんむんです。ま、結局、無視して通り過ぎたんですが・・・。答えは後ほど。

というわけで、フランスで見つけた自転車標識を集めてみました。
まずはこちら。これもさっきと同じ様に少しやばそうな雰囲気が漂ってます。
でも、これは「自転車が出てくるかもしれんから注意」という標識。
d0024111_141925.jpg

じゃ、次はこれ。この標識を見るとペダルが軽くなります。
そうそう「自転車専用レーン」です。南フランスでは車道の右側とかに時々あります。
d0024111_14201542.jpg

で、その標識とよくセットになっているのが、レッドカーペットならぬグリーンカーペット!? もう誰にも邪魔はさせません。さすがは自転車王国です。
ちなみに、この国では、車が自転車を追い越すときは、1.5m以上(街中は1m以上)の間隔をあけることが義務付けられているとか。もう遠慮はいりません。
d0024111_14212479.jpg

お次はこれ。日本でもよく見かける進入禁止の標識ですが、フランスでも意味は同じ。写真の標識には、ご丁寧に「自転車を除く」って書いてあるので、ここは自転車進入OKです。ラッキー!
d0024111_14221182.jpg

もうひとつ、文字が付いている標識。「自転車がいっぱいおるで」って書いてあります。
d0024111_14231267.jpg

気をつけないといけないのが、これ。自転車進入禁止です。ついでに歩行者もダメ。主に高速の入口などで見かけますが、ビーチにもありました。
d0024111_14235015.jpg

じゃあ、これは? 最初の標識の赤い線がないバージョン。これは「自転車はこのレーンを通れよ」ってな意味です。
d0024111_14244169.jpg


ということで、冒頭の問題、もうお分かりかと思いますが、答えは・・・「自転車はこのレーンを通れよってのはここで終わり」という意味です。確かにその先の工事でレーンが封鎖されています。ひるむ必要はありませんでした。
d0024111_14282167.jpg


最後におまけ。この信号、お土産にしてもいいでしょうか。
d0024111_1425583.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-08-05 14:32 | フランス生活
シャトーヌフ・デュ・パプをポタる
そろそろ帰国の噂が持ち上がりつつある週末。これがフランスでのポタ納めになるかどうかは分かりませんが、シャトーヌフ・デュ・パプ(Chateauneuf du Pape)までポタってきました。
d0024111_3173121.jpg
初めてフランスをポタった時は、枯れ木のようだったぶどうの木々も、見事な実を蓄えています。
d0024111_3373123.jpg
早くおいしいワインにな~れ!・・・などと、待っているわけには行かないので・・・
d0024111_3382841.jpg
4年前はあんなぶどうだったはずのワインを1本、お土産用に買いました。もちろん、5年前と4年前のテイスティングも。あと、石コレクターのゆうちゃん(娘)のために、ぶどう畑の石をひとつ失敬・・・^^;
「シャトーヌフはこの石のおかげで素敵なワインができるんだよ~。」
d0024111_3485412.jpg
大事なワインをバスタオルに包んで、リュックに詰め、思い切り遠回りしながら、この国の景色を目に焼き付けます。
ほんと、ポタリング天国だな~、この国は。本日、55kmなり。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-08-02 03:58 | フランスポタ