<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
サマータイムっていいかも
d0024111_4512146.jpg
(日本ではサイクルウェアでしか見かけませんが)

昨日からサマータイムに入りました。
サマータイムに入る瞬間を体験したのはこれが初めてです。
体験したと言っても、単に寝て起きたら1時間早くなっていただけですが・・・。
実際には、日曜日の早朝、1:59の次がいきなり3:00になるという仕組み(つまり2時台が飛ばされちゃう)だそうです。

でまあ、想像通りそれなりにいろいろ起こるわけで・・・。
サマータイム前日の土曜日、同僚と「明日は9時半に集合して買い物に出かけよう!」と約束をしていたのですが、翌朝、携帯電話の目覚ましで8時に起きたつもりが、TVをつけたら9時だったといういかにもありがちなミスが発生。
超~急いで身支度をして9時半に同僚を呼びに行くと、そっちはそっちで「え?まだ8時半じゃん」みたいな・・・。
こりゃいかんと、手持ちの時計という時計は、全部再確認しておきました。
で、すっかり安心してたら、翌日の月曜日にも思わぬトラップが潜んでいました。
なんと、オフィスの時計・・・。お~い、誰か変えといてくれよ~。

そういえば、今日はオフィスの電話をとったら、フランス語でどわーーーっとしゃべってきよったんで、「私、フランス語しゃべれません」ってフランス語で答えたったらピタリと止まりました。ふふ、ざまぁみろ。と思いつつ、もし電話で「ワタシ、ニホンゴシャベレマセーン!」っていきなり言われた時の気持ちを想像したら妙におかしかったです。

そうそう、最近、日が長くなってきて、朝起きる時間もだいぶ明るくなってきたなぁと喜んでいたのに、サマータイムでまたうす暗い時間に逆戻りです。でも、その変わり、仕事が終わる時間が明るくなって、なんかちょっと得した気分です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-31 05:07 | フランス生活
ぶどう畑と古代遺跡を巡るポタ(その4)
いい加減、このポタの話題で引っ張るのも辛くなってきたので、今回の輪行の話でこのシリーズを終わりにしたいと思います。
d0024111_2434814.jpg
さて、今回、自転車を借りるのもそこそこ大変でしたが、輪行(Train+Velo)も結構大変でした。なんてったって、この国の鉄道にはまだ乗ったこともないのに、その上に、輪行までやろうというのですから、無理もないです。

事前にネットを駆使して、調べた結果、フランスの輪行はこんな感じです。
(1) ネット上では、Train+Veloとか呼ばれているようで、そのルールについては、ここにくどくどと書いてあるようです。折り畳むか折り畳まなくてもいいかも、なんとなく書いてあります。TGVなんかは日本と同じように袋に入れなければいけないようです。また、在来線でも地域、時間によって持ち込みに制限を受けるケースがあるようです。
(2) 自転車を持ち込めるかどうかは、時刻表に書いてあります。それが、ここです。(TRAINのタグの2つ目が時刻表です)
時刻表で、『自転車』マークのついた電車が「自転車持ち込み可」の電車のようです。
d0024111_23481740.gif

とはいっても、状況は常に変化しているので、最後の最後はやっぱり直前の確認が必要かと思います。
なのだの場合は、当日の朝、ポタに出発する前に、最寄りの駅(つまり輪行で到着する予定の駅)まで行って、乗りたい電車を伝えて、自転車を折りたたまずに乗せられるかを確認しました。答えは、「No Problem」でした。さらに、目的地に着いたところでも、切符を買う前にもう一度確認しました。

さて、あとは自転車をホームまで持っていって・・・って、はて?どうやって持っていくんだろ?まあそういう、文化の違い的な細かな疑問もいろいろ湧いてくるわけで、そういうことも含め、何でも確認するしかないです。で、ホームまではエレベータを使えとのこと。な~んだ。
d0024111_19131527.jpg
無事に自転車とともにホームに上がり、あとは電車に乗せるだけ・・・って、はてどこに乗せるの?これに関しては、先発の電車を何本か見送っているうちに次第に学習することができました。ドアに自転車マークがあります。そこから乗ると、社内に「自転車ハンガー」が並んでいるようです。
d0024111_2511339.jpg
よし、あとは任せておきなさ~い・・・と安心していたら、おや、時間になっても電車は来ません。結局、30分ほど遅れて、ボロい機関車に引かれた客車がやってきました。周りの人たちに聞くと、どうやら、この列車らしいです。お~い、このタイプの列車の自転車の乗せ方は学習してないぞ!自転車マークの付いたドアも見当たらないぞー。うぉーーーってな感じて、慌てて飛び込んだデッキが自転車置き場でした。先約はいたけど、ま、結果オーライでした。
d0024111_2513863.jpg

というわけで、やってみれば、思っていたよりも簡単でした。袋がいらないし、改札口という概念もない分、日本よりも簡単です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-29 02:56 | フランスポタ
ぶどう畑と古代遺跡を巡るポタ(その3)
ずっとぶどう畑ばかりが続くはずもなく、時には小さな街を通り抜けたりします。ぶどう畑も非日常的な風景ではありますが、街中の方が異国情緒があります。
d0024111_5295993.jpg
国道や地方道を走ることもあります。路側帯がとてもお粗末です。それなのに、すぐ横を100km近い速度で車が追い越していきます。しかも、左から追い越されるのは、慣れてないので、も~怖い怖い。右側通行であることを忘れてしまうと、つい、左側に除けたくなります。逆に、右側通行を意識しすぎたのか、肩懲りが・・・。
d0024111_5375812.jpg
一番の恐怖だったのがロータリー。基本的にロータリーを通る以外に選択肢がないケースがほとんどで、意を決して、ロータリーに突っ込んで、車と一緒に回ります。何度か体験するうちに、270度ターンも難なくクリアできるようになりました。単なる左折にこれだけ鍛錬がいるとは・・・。
d0024111_5443731.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-27 05:51 | フランスポタ
ぶどう畑と古代遺跡を巡るポタ(その2)
ぶどう畑の中をポタるのは、もちろん初めて。
d0024111_6483152.jpg
この季節、実もなければ葉もありません。そこにあるのは、生きてるのか枯れているのかさえ、よく分からない背の低い木の幹だけ。
d0024111_6433216.jpg
でも、下草を刈ったり、枝を落したりと、この季節でも結構人手がかかっているようです。
d0024111_645111.jpg
あ、この風景、どこかで見たような・・・。天野街道!?
d0024111_6545319.jpg
こんなのどかな田舎道を教えてくれたのは、実はこのサイトです。
最初は、国道を走るつもりで下調べをしていたのですが、仕事仲間で自転車乗りのフランス人が、「国道は危険だ」とのことで、このサイトの存在を教えてくれました。
”Driving derections”で「by Bike」を選択すると、写真のような田舎道に導いてくれます。さすがは、ミシュランです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-24 07:06 | フランスポタ
ぶどう畑と古代遺跡を巡るポタ(その1)
朝7時に部屋を出て、夕方、無事に元の街に帰ってきました。
60kmは走ったと思います。輪行(Train+Velo)もなんとかできました。

全く知らない土地のポタは日本でもよくある話ですが、言葉が不自由な土地で、とても十分とはいえない下調べの結果だけを頼りに、しかも慣れない自転車でのポタは、最後まで気の抜けない、とても緊張感のあるものでした。
なのだにとっては、ある意味、これはアドベンチャーだったと思います。

今は、ワインでも飲みながら、今日の達成感と余韻に浸っています。
今日のところは、メインの写真だけをアップすることにします。

d0024111_4224542.jpg
d0024111_4231341.jpg
d0024111_4233128.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-23 04:27 | フランスポタ
レンタサイクル臨時営業中
3度目の週末。
今日はちょっとしたトラブル(?)がありました。
先日、インターネットで近所のレンタサイクル屋さんを見つけ、ネットから予約フォームを送信しました。ま、この予約フォームの解読も結構大変だったのですが、なんとか送るだけは送りました。すぐにe-mailが返ってきたんですが、意味がわからなかったので、スルー。
で、今朝、予約の時間に店を訪れたのですが・・・・なんと店が閉まっているではないですか。orz
しばらく途方にくれてましたが、こうしていても時間の無駄なので、勇気を振り絞ってお店に電話を入れてみました。すると、モバイルに転送されたようで、店主らしき人が電話に出ました。お互いにつたない英語でのやりとりの末、わかったことは・・・オフシーズンなので店を閉めている・・・らしい。オイオイ、インターネットもいっしょに閉めとかんかい!
確かに、e-mailにはそれっぽいことが書いてあったかも・・・反省。

ところが・・・店主の新たな提案にびっくり。

  店 「明日はどうだ?今日の夕方6時から明日の夕方6時まで。」
  な 「今日も明日も休みじゃないのか?」
  店 「その時間だけ店を開けたる。」
  な 「Realy?」


というわけで、先ほど、無事に自転車を受け取ってきました(自分の部屋にて保管中)。
d0024111_5373843.jpg
店主の粋なはからいに、感謝感謝です。ホントはロードレーサーを予約していたのですが、オフシーズンだからこれしか用意できないとのこと。ま、いっか。
明日はどこまで行けるかな。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-22 05:59 | フランスポタ
ナチュラル系カーボンレバー
d0024111_715927.jpg
こっちに来て、少し期待外れだったのが、この国の自転車事情。
もっと本格的なロードレーサーたちがうようよしているのかと思いきや、自転車人口そのものが日本に比べて圧倒的に少ないです。単に、そういう土地柄なのかもしれませんがね。
でも、見るからに古そうな自転車をとても大事に乗っている光景は、自分の目には新鮮に映ります。
d0024111_723046.jpg
ブレーキレバー、カーボンだし・・・ナチュラル系の。いや、いくらなんでもこのチャリはディスプレイやろ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-20 07:08 | フランス生活
テイスティングという名の
d0024111_1272810.jpg
こっちに来て、2度目の週末。
仕事の方は冗談にならないくらいに忙しいのですが、さすがに週末くらいは息を抜かないと・・・orz
というわけで、ちょっと足を伸ばして、仲間たちと出かけてきました。
とある村の郊外にある某シャトーです。
d0024111_1262671.jpg
入るなり、「あんた、結構呑んでるやろー」的な赤い顔をしたオヤジさんが、気前よくワインをついでくれました。
こっちも「1杯だけじゃわかんねーな」とかなんとか言いながら、違う年代をリクエストしたりして・・・。気が付いたときには、きれいに梱包された2本のワインが手の中にありました。お買い上げ~。でも、日本の半値とあっては、買わないわけにもいかんやろ。
d0024111_1363388.jpg
村の中心に移動してもなお、テイスティングという名のプチ宴会は続きます。このお店に至っては、つまみに自家製のオリーブまで出してくれました。いや~、すっかり上機嫌です。

結局、この日仕入れたワインは、合計6.5リッター。あ、決して、なのだのお仕事はワイン輸入業ではありません。6.5リッターのうちの5リッターは、部屋呑み用に買ったBOXワインです。AOCもヴィンテージも付いて、なんと16ユーロ。しかし、何日もつのでしょう・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-16 02:29 | お酒
約束された場所
d0024111_241119.jpg
ご存知の方には分かると思いますが、ここがどこかは秘密ってことで。

とうとう来てしまいました。
5年も前から、ここに来ることが約束されていました。もちろん仕事です。
これから約1ヶ月、この慣れない土地での生活が始まります。
今はとにかく、不安でいっぱいですが、この街にはそれを包み込むだけの温かさがあります、きっと。
Bon Voyage!
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-09 02:36 | フランス生活
できれば活躍して欲しくないもの
あらら、ちっとも更新が進まないまま、もう3月ですか。
3月と言えば、今日から春の全国火災予防運動ですね。
ということで、うちも付けました、火災警報機。
(ぎゃははは、めっちゃ強引な展開!)

d0024111_22522531.jpg
新築住宅にはすでに設置が義務化されていますが、既存の住宅に関しては市町村によってまちまち。早いところはすでに義務化されていますが、大阪は平成23年まで猶予されています。といっても、どうせ付けるなら早いほうがいいですよね。

というわけで、寝室用に「煙感知式」×2台、台所用に「熱感知式」×1台をお買い上げ。最近、新製品が出回っているようですが、別に、火災警報機に進化もなかろうに・・ということで、お買い得な旧タイプを購入しました。
しかし、これが軽~く失敗。『ピーッ、ピーッ、ピーッ』って、凄いデカイ音が鳴るには鳴るのですが・・・子供らには「何の音だっけ!?」って感じ。新製品だと『火事です、火事です』って言ってくれるらしいです。しまった!

ま、でも、活躍して欲しくない代物ですな。

----
昨日、家族で夕飯を食べに行ったときのこと。
最後のデザートに出てきたのはアイスクリーム。
その横に添えてあったサクッと軽いあのお菓子を見て、ゆうちゃん(小4)、曰く。

 ゆ 「こ、これ、なんて言うんだっけ?」
 な 「当ててごらん」
 ゆ 「え~と、ウエ・・・ウエ・・・」
 な 「ウエ・・・なに?」
 ゆ 「あ、わかった! ウエ×××ー×!」


ま、まさか、彼女の口から、某有名自転車店の名前を聞くとは・・・。おぉ、神よ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-01 22:56 | マイホーム