<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
ブレーキ換装で意外な事実が!
d0024111_21372398.jpg
ママっちのPacific18のブレーキは、純正のPROMAX。これがなかなかシブい。シブいと言っても、Coolってことじゃなくて、ブレーキの効きがいまいち・・・なんです。ぐにゅ~って感じで。

んなわけで、なのだのFRETTA-Tと同じく、Jagwireのブレーキシューに換装してやろうと、いろいろ画策しておりました。Jagwireのシューは、引き出しに2台分ストックされてるので、購入の必要はなし。あとはCapreoのブレーキシューホルダーを買わなくちゃな~と思ってたら、ちょうどいいタイミングで、CapreoのVブレーキセットをオクでゲットできました。結果的に、ホルダーだけを買うのとお値段はあんまり変わらなかったのが、なんかちょっと得した気分。(^_^)v

ちなみに、このJagwireのシュー、『SLEEK ROAD』っていいます。なのだにはとても扱いやすく、長いこと愛用しています。引き出しに2台分もストックがあったりするのも、そういうワケです。で、このシューをCapreoのブレーキシューホルダーに取り付けて使ってます。

ところで、今回、Pacific18のブレーキを換装する時、あることに気付きました。
フロント用とリア用にと、『SLEEK ROAD』の2つのパッケージを開けたところ・・・

  「あれ? 硬さが違う!?」

なんと、同じ『SLEEK ROAD』なのに、2つのパッケージで、シューの硬さが違うんです。一方は、なのだがよく知っているしっとりとしたゴムの柔らかさ。しかし、もう一方は、あの悪名高き(?)Capreoシューに限りなく近い硬さ。目を凝らしてよ~く見比べてみると、光沢や表面粗さにも明らかな違いが・・・。
d0024111_213825.jpg
なんなんだ、この品質のバラツキは!と怒りをおぼえながら、パッケージに目をやると、

  「あ、型番が微妙~に違う・・・。」

『SLEEK ROAD』の型番は、いつのまにか『JS453R』から『JS453RPS』に変わり、それとともに、素材も硬くなってしまったのかもしれません。
もし、そうなら、これはちょっと残念な仕様変更です。
d0024111_21382324.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2008-03-22 21:48 | 自転車グッズ
平城京ポタ
d0024111_2242146.jpg
せっかくmetroにバスケットを付けたので、久しぶりに家族でポタに出掛けました。今回の目的地は平城京です。

平城京、実はな~んにもないところだったんですね。なんか久しぶりにでっかい空を見た気がします。なかなか気持ちいい。自転車そっちのけで、ツクシ採りにいそしむ子供たち。オイオイ。

一応、自転車道も走ってみようってことで、水上池方面に走り出します。季節感があって感じのよいコースです・・・ただしそれは最初だけ。進むにつれてだんだんと怪しくなってきて、ついには不法投棄が・・・しかもそこかしこに。しまいには、不法投棄の取締のためなのか、自動警告装置から「ゴミの投棄は法律で・・・」とかなんとか言われてしまいました。えーい、ここにおわすをどなたと心得る!恐れ多くも、善良なポタリスト・・・なんだけどな~。

自転車道が途切れたところで、平城京に戻ります。帰りはゴミルートを避けて、別のルートで。しかし、なんとここでトラブル。なのだのリアタイヤがパンクしてしまいました。知らない土地でのハプニングに、子供たちの顔は不安でいっぱいでしたが、パンク修理セットを見せたら安堵の色に変わりました。まぁ、任しておきなさい。
d0024111_22442791.jpg
無事パンクも直り、ポタ再開。道路事情の悪い幹線道路から外れて「歴史の道」とか言うところを走ります。迷路みたいでこれがなかなか面白い。それもつかの間、またリアタイヤから空気が抜けてる・・・。今度ばかりは、リカバリ不能・・・。だって、さっきのパンクで、最後のイージーパッチ、使ってしもたから。慌てふためく3人。それを諭すように、ママっちのひとこと。

   「ま、しゃーないな。とりあえず、記念写真とっとこ。」

こういうときの女性の図太さ冷静さには、頭が上がりませんな。結局、なのだがひとり、ママっちのパシで車に戻り、車で迎えに来ました。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2008-03-18 22:49 | ポタリング
ライゼンタールとリクセンカウル
本日、問題がひとつ解決しました。
metroにフロントバッグが付きました!
d0024111_029790.jpg
この問題、ずっと長いこと悩んでいました・・・というか半分あきらめてました。
DAHON metro(ダホン メトロ)の折り畳み方って、折り曲げたハンドルポストを前輪と後輪でサンドイッチするような方法なので、ハンドルなんかにフロントバッグのアダプターを装着したりすると、折り畳めなくなってしまう・・・と思いこんでいました。折り畳み自転車では、よくありがちな悩み事です。
ところが、先日、nasuka99さんのところでゆるポタさんから頂いたアドバイスが、キラ~~ン!って感じだったので、早速やってみました。

今回用意したのは、ママっちのと同じライゼンタール(reisenthel)のバイクバスケット(bike basket)です。最近、リクセンカウル(rixen kaul)のラインアップにライゼンタールが加わり、非常に気になる存在ではあったのですが、ここは敢えて、ライゼンタールのオリジナル版をセレクトしました。ホントはリクセン版も捨てがたかったのですが、うちにあるリクセンバッグって、なんちゃってリクセンひとつだけだし、あまりバッグを入れ替えて使うこともなさそうなので。ま、あとはお値段も・・・。オリジナルだと実売価格が6,090円(税込み)。これでアダプターも付いてます。でも、リクセンの方は1諭吉前後なのにアダプターは別売り。これにアダプターを付けると・・・2倍????全くおかしな話です。

取付けは、超~簡単なので省略。
で、これで自転車を折り畳めるか?っていう問題ですが・・・あ、全然大丈夫でした。アダプターが干渉することはないですね。この場を借りて、ゆるポタさん、どうもありがとうございました。
それにしても、絶妙なクリアランスにちょっと感動~。

d0024111_030201.jpgd0024111_0303741.jpg
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2008-03-15 23:30 | 自転車グッズ
答えはひとつじゃない
  やっち、勉強中。。。。
d0024111_23171713.jpg
    やっち 「パパ、『ほる』って、どっち?」
    なのだ 「どっち?って、『スコップで』に決まってるやろ!」
    やっち 「えー? 『ボール』も『ほる』んちゃうの?」
    なのだ 「あ・・・・・。」


こりゃぁ、関西人にはかなりの難問ですな。
共通語圏で生まれ育ったなのだには疑問すら湧きませんでした。

--------------------------------------
d0024111_23314111.jpgd0024111_23265993.jpg
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2008-03-12 23:45 | ファミリー
京都から琵琶湖疎水を辿って
久しぶりに週末の天気予報が晴れマークだったので、ソワソワソワソワ。
この季節、晴れの日をムダに過ごすと後悔しそうなので・・・ね。
結局、ソワソワしたまま、土曜日の早朝、京都行きの特急に乗りました。もちろんFRETTA-Tも一緒に。京都に向かう電車の中で『京都・奈良・滋賀自転車散歩(by 山と渓谷社)』を眺めながら、どこに行こうか、検討を始めました(遅っ!)。
その結果、『琵琶湖疎水』を辿るポタに決定~(早っ!)。
d0024111_1555646.jpg
もっとちゃんとした地図で見る


続きを読む
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2008-03-09 15:55 | ポタリング
自然な感じで
今日は朝から、やっちが「春やね~」「春やね~」と連呼してます。いや、確かに今日は暖かいけど、ホントに春なのかどうかはパパにも・・・と内心思っていたら、「だって今日から3月やもん!」と。な~るほど、彼にとっては『2月までが冬で、3月からは春』ということになってるんですな。

そんな春気分いっぱいのやっちと、今日はふたりで散髪屋に行って来ました。その散髪屋さんで、なのだを担当した理容師さんの言葉が、な~んか妙におかしかったです。

 「お客さん、耳の周りは、自然な感じでいいでしょうか?」
 「もみあげは、自然な感じにしときますね?」
 「前髪も、こう自然な感じで・・・」

自然な感じって、いったいどんな感じやねん!と思いつつ、自然じゃない感じよりは良さそうだったので、すべて「はい」って返答しておきました。髪を切られながら、ふと、応用編が・・・ 

 「お客様、お肉の焼き加減は?」
 「えっと、自然な感じで!」

結局、2週間前に散髪に行ったような自然な感じに仕上がりました。

---------

今シーズンも白菜漬け作りました。今回は、ちょっと塩が多すぎたみたいです。難しいのう~。関西は早くも白菜のシーズンは終わりみたいで、スーパーからは地元産が姿を消しつつあります。やっぱ、春やね~。
d0024111_234339.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2008-03-01 23:51 | ファミリー