<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
自転車用ショッピングバッグはいかが?
d0024111_1615385.jpgショッピングバッグを買っちゃいました。
昨日、ショッピングセンターをウロウロしてたら、たまたま雑貨屋で見つけ、思わず衝動買いしてしまいました。まぁ、世間ではマイバッグとかエコバッグとかが常識になりつつあるし、ママっちのバースデープレゼントにも、ちょうどいいかなーと思って。
なーんてね。そんなに堅実な夫であるはずもなく・・・そのウラにはしっかりと別の動機があったりするのですが・・・。

実は、このバッグ、種も仕掛けもありまくり! な、なんと、サイクルアタッチメント付き!
ライゼンタール(reisenthel)の『バイクバスケット(bike basket)』というこの商品、ホームページなどでは、ちゃっかりとbirdyモノコックがモデルになってたりなんかして、もしかして、なのだ家が狙い撃ちされてるのか・・・!? いずれにしても、お買い物ポタ中心のママっち的Pacificの乗り方には、ピッタリです。

d0024111_16165233.jpg自転車への固定は、非常にシンプル。デザイン上のアクセントになっているアルミフレームをアタッチメントに引っかけるだけです。なので、バッグの構造もシンプルで、潰してぺったんこにできます。
一方、アタッチメントは、オリジナル設計なので、他のバッグとの共用は出来ません。
ラインナップには、の他に、もあるようです。さらに、今までのサイクルバッグにはちょっとない雰囲気のものも・・・(海外だけみたいですが)。

基本的には、リクセンカウル(RIXEN & KAUL)の『ショッパー』シリーズと同じ用途ですね。KLICKfixにこだわらなければ、お買い物用途にこの『bike basket』もお勧めですよ。
d0024111_16173096.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-06-30 16:31 | 自転車グッズ
自転車乗りな宅急便やさん!?
d0024111_22572544.jpg福岡の親戚から、自家製の梅干しが送られてきました。
この前、こっちから送った『水なす』のお礼のようですが、ここの梅干しを大の贔屓(ひいき)にしている"なのだ"にとっては、海老で鯛を釣ったような感覚。ありがたい、ありがたい。

で、今日、この梅干しをうちに届けてくれた宅急便の田中(仮名)さん。
これまでも何度かうちに配達に来ては、自転車に興味ありげな言動を残していったりなんかするので、なのだ家では「また今日も田中さんが来たよ」みたいな会話が繰り広げられてます。
今日は、お荷物の梅干しを玄関まで運び入れてくれたらしく、玄関の自転車たちを見て、これまた興味深げな言動を残して帰ったらしい・・・。

 田中氏:「このPEUGEOT、欲しいんですよ。でも、生産中止なんですよね。」
 ママっち:「えっ? そ、そうなんですか!? じゃぁ、Bianchiはどうです?」
 田中氏:「あぁ、ご主人が乗っているやつ・・・BDと同じやつですね。」
 ママっち:「えっ? そ、そ、そうです。」


どうやら、やっぱりただ者ではない様子。だ、だって『BD』って、その手の人しか・・・。
しかも、その傍らにあったmetroにも気付いたようで、

 田中氏:「おー、こっちにも! 僕はやっぱりPEUGEOTかな・・・」

絶対、ただ者じゃーなか、この人。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-06-26 23:11 | ファミリー
不安定な天気に阻まれながら
d0024111_22351775.jpg
最近、うれしいことに、やっち(長男5歳)が「サイクリングに行きたいっ!」と、家族会議を誘導してくれるおかげで、労せず家族をポタに連れ出せるようになりました。ラッキー。
この週末は、不安定な天気に阻まれつつも、晴れ間を縫うように近所でポタってました。

ただ、日曜日の天気には、ちょっと参りました。なのだが住む大阪南部は、朝から青空が覗いていて、どう見てもポタ日和。なんの疑いもなく、関西全域もそういう天気だと思いこんで、ポートピアアイランドを目指すことに。で、快調に高速道路を北上していたら、途中から雲行きが怪しくなってきて、大阪市内ではところどころで豪雨が降ってました。

こういう時、なのだが頼りにしているのが、携帯サイトの『てんコミ関西!』(日本気象協会提供)です。
ここの「大阪市降雨レーダー」(通称「オークレーダー」)の画像情報は、関西圏のほとんどを覆うくらいの広範囲な降雨状況が分かります。

この日も、神戸方面、大阪市内は全域で激しい雨が降っていることが一目瞭然。
「ポートピアアイランドでポタリングなんて、とんでもない」って感じでした。
急遽、Uターンして、雨が降っていない南のエリアに進路を変更。
結局、行き着いた先が・・・あれ!? これめちゃめちゃ近所やんっ!


PS ポタ中に、コレ食べました。メガマックより好きかも。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-06-11 22:45 | ファミリー
完全チケットレス出張!?
d0024111_1352018.jpg
昨日、東京に出張してきました。日帰りです。
ま、これといった寄り道もなく、飾りっ気のない出張でしたが、でも、ちょっとくだらないことに挑戦してみました。
それが、「携帯電話で完全チケットレスな出張」です。携帯電話のIC機能(EZ Felica)を利用し、とにかくチケットを手にしないことにこだわってみました。
いや、これ、相当、くだらないです。

まずは、JR阪和線の最寄り駅から関西空港へ。ここは、『モバイルSuica』の出番。
JR西日本ならICOCAといきたいところですが、ICOCAには、EZ Felicaに対応したサービスがないので、SuicaとICOCAの相互利用サービスを活用し、モバイルSuicaに頼ることになります。逆に、関西圏では、携帯電話で改札を通る光景は、かなり珍しいはずです。

空港に到着し、軽く朝食。支払いは『Edy』で。シャリーン。
空港内ならEdyを使えるお店は結構多いです。ただ、JALショップではダメですけど(笑)。
羽田行きの便は、ANA。もちろん『スキップサービス』で無事搭乗。よしよし、順調、順調。

羽田に到着して、モノレールに乗り換えます。券売機前の長~い行列を尻目に、『モバイルSuica』でスイスイと改札を抜けていきます。こういう時、やっぱSuicaって便利だよなーって思いながら、ちょっと優越感を覚えます。行き先を探して、値段を調べる必要もないし。
浜松町でJR山手線に乗り換え、無事に目的地の新橋に到着しました。JR山手線ももちろん『モバイルSuica』。

お昼を食べて(これはさすがに現金で・・・)、あっさりと仕事を済ませ、帰ります。

再び新橋に戻ってきました。ここでひとつ、なのだには大事な用事がありました。それは、モバイルSuicaにチャージ(入金)すること。モバイルSuicaといっても、『EASYモバイルSuica』な"なのだ"は、クレジットカードからのチャージができません。銀行チャージはできますが、お金がかかります。なので、いつもニコニコ現金チャージです。でも、首都圏の限られた店舗でしか現金チャージできないので、この東京出張の機会は、とても貴重です。というわけで、新橋駅構内のコンビニで、チャーーージ!

さてさて、帰りは、朝来たルートを帰るだけ。羽田に向かうモノレールの中で、完全チケットレス出張の達成は、ほぼ確実だな・・・と思ったその時、

 「げっ、Webチェックインができへん・・・」

実は帰りのフライトは、JAL。
なので、ちょっと面倒くさくて、『ICチェックイン』でチケットレス搭乗するには、事前にWeb上からチェックインが必要になります。し、しかし、この日、急遽、予定されていた機材(飛行機)が変更になったらしく、Webではチェックイン不能になってました。おーい。
仕方なく、カウンターでチケットを発券することに・・・。とほほ。

ということで、携帯で完全チケットレス出張の達成ならず。

それにしても、最近、飛行機が予定通りに飛ばない場面によく遭遇します。先月の福岡出張では、機材のトラブルで欠航が出たし、今回は、機材の変更とかあるし、無事に飛んだとしても、時間通りに到着したためしがないし・・・。次第に飛行機に対する不信感が・・・。

来月7月からは、『N700』がデビューするし、やっぱ新幹線かなー。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-06-09 13:11 | 旅・出張
御坊から湯浅までリアス式海岸を堪能するポタ
紀伊半島の西の端、日ノ岬を走ってきました。今回はソロで。

朝、「そうだ!日ノ岬に行こう!」と思いたち、その1時間後にはFRETTA-Tと一緒に『特急くろしお』に乗ってました。プランはほとんどなし。この時点で決まっていることと言えば、御坊駅から日ノ岬に行くこと、そこから先は北に向かおうかなー・・・くらい。
それじゃ、早速、御坊駅からポタリングスタート。

d0024111_23442548.jpg煙樹ヶ浜』の松林です。左手が砂利浜で、右手が松林という、いきなり贅沢な景色。でも、風が吹くと、松林がザワザワしたりなんかして、ちと淋しいです。途中から砂利道になるので、神経質なタイヤは要注意。
d0024111_23451444.jpg目的地の『日ノ岬』に到着。駅から15kmくらいで、意外にあっけないかも。でも、少し手前で、ナゾパラ級の激坂に手荒い歓迎を受けたんで、それなりに達成感はあるかな。それに、正面はもちろん、右も左も一面海ーーーっ!大パノラマーーーっ!
ただ、もうちょっといい天気だったらな・・・。
d0024111_23455587.jpg日ノ岬を後にして、海岸ルートを北上。この辺り一帯は、典型的なリアス式海岸で、多少のアップダウンはありますが、変化に富んでて、ポタ向きの楽しいコースです。特に、峠を越えて、次の海が見えてくるまでのわくわく感がたまりません。ほとんどそれの繰り返しです。途中、『みちしおの湯』に立ち寄りました。オーシャンビューの湯船で、まったり。
d0024111_23463570.jpg由良港をぐるーっと回って、さらに北上。賑やかな港町を抜け、人家も見えなくなり、再び落ち着きのある景色が・・・と、思ったら、海の中にデーンと居座る巨大な岩。しかも白い!石灰岩のようです。息を呑むデカさです。
d0024111_23473360.jpg巨岩の興奮も覚めやらぬうち、今度は目の前に白銀の世界が・・・。『白崎海洋公園』です。どうやら岬の先端がぜ~んぶ石灰岩で出来ているみたいです。こんな光景は初めてです。
d0024111_2348610.jpg思わぬ収穫に大興奮しながら、さらに北を目指して走ります。
相変わらず、絶景が続きます。
ここは天草か!?
d0024111_23483729.jpgもう少し、時間が遅ければ、素敵な夕陽も拝めたかも。
結局、湯浅までたどり着いたところで、ゴールにしました。約70km。
それにしても、今回はいいポタでした。このあいにくの天気で、この満足度なので、なのだ的ポタコースとしては、かなり上位にランクインすると思います。

d0024111_004868.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-06-02 23:30 | ポタリング