<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
可逆的リクセン化
d0024111_23473539.jpgKLICKfix対応ではないバッグをDIYで無理やりKLICKfix対応にしてしまうことを巷では『リクセン化』と呼ぶみたいです・・・っていうか、時代を物語る言葉として、いつの間にか、定着しましたね。

 男性A「いやー、俺もついにリクセン化しちゃったよー。」
 男性B「あぁ、ついにお前もリクセン化か。で、怪我はなかった?」
 男性A「うん、指先をちょこっと。」
 男性B「俺なんかさぁ・・・(以下略)」


みたいな会話が繰り広げられているかどうかは別にして、先人たちの貴重な知見や、経験談、時には失敗談のおかげで、気分的にも、ずいぶんと楽に作業ができるようになってきました。

というわけで、なのだもよーやくリクセン化。

d0024111_1016337.gif今回、リクセン化したのは、ずっーと前に「激安の殿堂」にて、まさに激安価格で購入し、今でも大切に愛用している『フロントバッグ』です。その他、リクセン化に必要な材料も、『フロントアタッチメント』は心優しいお方からの頂きものとして、『アダプタープレート』は名古屋旅行のお土産として、それぞれずいぶん前に手に入れていたのですが、なにせメインディッシュが激安フロントバッグですからね。メインディッシュより付け合せの方が高くつくようなアンバランスなカスタマイズは、いかがなものかと思い、躊躇してました。で、虎視眈々とリクセン化に見合う小粋なバッグを探し続けていました。

そんなある日、愛用の激安フロントバッグを見ていて、気付いたんです。
  あ、このフロントバッグのアダプターは、
  ボルトナットで固定されているだけじゃないか!

先人たちの無残にも割られたアダプターのショッキングな映像が、先入観になっていたようで、

 リクセン化=可逆変化

という具合に、勝手に「後戻りできない行為」だと思い込んでいました。
ところが、激安フロントバッグの場合、オリジナルのアダプターはボルトナットで固定されているので、そのボルトを緩めればアダプターは無傷でバッグから分離できます。リクセンのアダプターもボルトナットで固定するだけなので、将来、「やっぱ、リクセン化、やーめた!」と思ったら、すぐに元に戻せるというわけです。
これぞ、熱力学第二法則もビックリの『可逆変化』。

あ、そんなことを言っている間に、終わりました・・・リクセン化。

d0024111_23512597.jpgところで、リクセンのアダプタープレートって、内側のプレートの設計が面白いですね。使用するボルトは4本なのに、プレートには8つも穴が開いているんです。「これはいったいなぜ?」と、考えていたのですが、その答えが分かった瞬間、このプレートの設計者と握手したくなりましたよ。
コレ、4本のボルトをバッグの外側から通す場合と、内側から通す場合の両方に対応できるように、内側プレートを上下非対称に作り、穴の位置を微妙にオフセットしつつ、一方は丸穴、もう一方は六角穴にしたんですね~。こういう設計、大好きです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-04-29 23:30 | 自転車グッズ
ホントだ!DAHONだ!
ここのところずっと、暇さえあれば、新しい折り畳み自転車を探していました。
自分用に、ではなくて、ゆうちゃん(長女)用に、です。先日、やっちが、本格的にコマなしに乗れるようになり、家族でサイクリングをする機会も増えるであろうことは容易に想像できたのですが、なにしろ家族4人分の自転車を車に乗せるのは容易ではありません。

ゆうちゃんの自転車は、22インチの折り畳みで、車に積むときは、誰の自転車よりも、かさばります。今までは、ペダルを外したり、車内の配置に苦労しながら、なんとか押し込んできました。しかし、やっちも12インチから16インチに格上げされたし、もう、そろそろ限界かと。

d0024111_18341734.jpg最初は、ホームセンターなどの手頃な折り畳み自転車から探し始めたのですが、これが結構厳しい。いや、厳しいのはなのだ的判定基準なんですが、ほとんどが重量オーバー。アルミ製の折り畳み自転車なんて、ホームセンターにはまず存在しませんねぇ。ほとんどが重量級です。ホームセンターで片っ端から自転車を持ち上げては、首を傾げるなのだとママっち、でした。というわけで、却下。

で、次に考えたのが、中古自転車。
「中古で手頃な『birdy』はないかなぁ・・・」
って・・・おい、いきなりホームラン狙いか!?
し、しかし・・・す、すごいですね、中古birdy市場。熱い熱い。下手に近付くと、火傷しそうです。FUll CapreoにカスタムされたFRETTA-Tが十ン万でドナドナされてるのなんか見ると、まー、正直言って、探し物をそっちのけで、いろんなこと考え・・・そうになりましたよ。ほんま。

で、いろいろ考えた挙げ句、いきついた先が、徳島での用事というわけです。つまり、
用事の産物=『DAHON metro』(ダホン メトロ)
です。

いや、これがなかなかいーじゃん!いーじゃん!スゲーじゃん!
重量が、なんと実測で12.5kg!このクラスとしてはかなり優秀です。乗車姿勢は、あくまでママチャリ風で、ハンドルが、ちょっと近いです。前後ともサスなしでリジッドで、剛性感もあるので、birdyの方が華奢に感じるくらい。折り畳みに関しては・・・・すいません、文句の付けようがありません。惚れてしまいそうです。外装6段変速で、タップファイヤもどきのシフターが付いています。おまけにハブダイナモまでも。しかもしかも、前後ともVブレーキ。イヒッ。
というわけで、しばらくは、ニヤニヤが止まりません。あの夫婦を差し置いて、先に9速化してしまいそうです!?

d0024111_18355590.jpg
ご近所さんのmetroとツーショット。かっちょえ~。

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-04-27 19:02 | 自転車グッズ
GPSデータロガー『DG-100』のインプレ・レポ
d0024111_2163354.jpgちょっと前ですが、GPSデータロガー『DG-100』をゲットしました。『DG-100』という名前は、Globalsatという台湾のメーカーが付けた型番で、日本では、SPAさんの『コメットDL/3』という名前の方が定着しているかも知れません。

そもそも、GPSデータロガーっていうのは、どんなデバイスかというと、簡単に言えば、ナビゲーション機能のないナビ・・・。なんじゃそれ!? 液晶ディスプレイもなければ、音声案内もしてくれません。道に迷おうが、崖から転げ落ちようが、とにかく、ただただ、飼い主の居場所を黙々と記録してくれる不思議なデバイスです。どうして、流行りのGPSナビなんかではなくて、GPSデータロガーなのかというと・・・お財布が淋しいから???。ま、それもあるけど、それだけじゃなくて、他人から指図されるのが苦手な性分のなのだにとって、なんていうかナビはあんまり要らないかなーと思って。ポタ先も、海岸とか川沿いが多いので、なおさらナビの出番は少ないし、いざとなれば携帯の『助手席ナビ』で命くらいは助かるだろうし。

でも、やっぱり自分が走った軌跡って見てみたいもので・・・そんなとき、カシミール3Dを使って、マウスと格闘しながら、
カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ・・・
ってのは、ハッキリ言って、疲れます。

そーんなあなたに、おすすめなのが『DG-100』!
カチカチカチ
で、「おぉーーーーーっ!」って感じになれます。

d0024111_2113916.jpgでまぁ、今までは自宅の周りでばっかり試してたんで、『DG-100』の性能をお披露目する機会がありませんでした(そんなことしたら、全国からファンが押し寄せてきて、自宅が大変なことになってしまうので)。で、昨日、よーやく、徳島の地でウロウロしてみましたので、なんかすごく恥ずかしいけど、お見せします。時々、ポーンと座標がずれているところがありますが、だいたい行った先がトレースできています。特に、眉山は見事ですね。ロープウェイでガーッって登った後、山頂付近をウロウロして、その後、下りのロープウェイに乗れずにトボトボと徒歩で下山する様子が分かります。すっかり肩を落として歩く様まで、見てとれるような。飼い主の気持ちまでお見通しのようです。さすがは、SiRF Star IIIってことでしょうか。ほら、フェリーの客室で爆睡しててもこのとおり、お見通しです。

そういえば、今朝の「めざましテレビ」を見てビックリ。松嶋菜々子さんらが眉山山頂を歩いているではないですか!その花道の両脇に、あの阿波踊りのお姉さんたちが・・・。つまり、なのだがラーメンに浮かぶ生卵を潰すべきかどうか悩んでいたそのころ、眉山の山頂に松嶋菜々子さんが・・・。その後、入れ替わるように山頂に登ったなのだは、イベント終了後のエキストラの下山待ちでロープウェイに乗れず。。。orz

ところで、『DG-100』に添付のアプリケーションですが、いくつか問題が。

問題を見る
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-04-23 21:36 | 自転車グッズ
徳島ラーメンと眉山で3時間の旅
d0024111_074435.jpgひょんなことから徳島に行く用事ができたので、ぷらっとひとり旅してきました。
フェリーに乗れば、和歌山港から徳島までは約2時間。案外、近場だというのに、今まであまり縁がなく、まともに徳島を訪れた記憶がありません。そういうわけで、その用事とやら、ある意味、非常に貴重な機会を与えてくれたのでした。

船上は、波の揺れと、船のエンジンの振動があまりにも心地よく、客室のカーペットの上で爆睡していたら、あっという間に徳島港に到着しました。うん、やっぱり思った以上に近い。フェリーから降りたところで、「あのー、なのださんですか?」って呼び止められました。すかさず「あ、そうです」「どうもどうも」ってんで、早速、その用事とやらが始まり・・・その20分後には「それじゃぁ、お気をつけて。」ってことで、用事は完了。はやっ!

じゃ、大阪に戻るとするか・・・って、んなわけない!

早速、『用事の産物』にまたがり、徳島市街を目指します。進行方向に見えてる小高い山が「眉山(びざん)」なんだな、とすぐに気付きました。別に高い山ではないのですが、あまり視界をさえぎる物がないせいか、すごく存在感があります。象徴的です。眉山に引き寄せられるように、川沿いの道を進みます。時々、『用事の産物』から降りて、サドルの高さを変えたり、変速機の調子を確認したりして・・・。

d0024111_0143089.jpgで、行って来ました。名物徳島ラーメンの「いのたに」。「中肉玉」を頂きました。徳島ラーメンを象徴する味が何なのかはよく分かりませんが、たぶん毎日食べても食べ飽きない味です。おいしかったです。
続いて、すぐ近くの「阿波おどり会館」へ。ここから、ロープウェイで一気に眉山の山頂に向かいます。街のどこからでも見える山の山頂だけあって、反対に街を一望できます。吉野川を始め、いくつかの川に囲まれており、この街の成り立ちをなんとなく感じました。帰りもロープウェイで一気に下るつもりでしたが・・・阿波踊りの格好をしたお姉さんたちが山頂駅で長蛇の列を作ってました。ガーン。映画「眉山」のイベントが山頂で行われていたらしいです。時間もないし、あきらめて自力で下山しました。もー、膝が笑う、笑う。結構、険しい山ですね。

ということで、『用事の産物』に再びまたがり、さきほどのフェリー乗り場に戻ってきました。そこで、しばらくは『用事の産物』を折り畳むのに四苦八苦。折り畳み方をきちんと聞くのを忘れてました。格闘の末、なんとかちび輪バッグに納まり、万事解決。ここからは、『用事の産物』とともに、大阪の自宅を目指します。結局、徳島滞在時間はたった3時間でした。でも、『用事の産物』が徳島との別れを惜しむ時間としては十分だったでしょう。
で、いったい何なんだ?『用事の産物』って。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-04-22 21:17 | ポタリング
キッズチャリって意外に・・・
d0024111_17464045.jpg今日は、子守と留守番を命じられたので、自転車いじりと庭いじりで暇を潰すことにしました。
先月、コマなしを克服した長男やっち(5歳)が、12インチ→16インチのステップアップもクリアしたらしく、早速、お手並みを拝見させてもらいました。ふ~ん、足がつかない高さだというのに、トップチューブに跨って、うまく乗り降りしているではないですか。自転車では基本とされる乗り方(降り方)ですが、大人でもなかなか・・・ねぇ。
 「よっしゃ、もうちょっと乗りやすくしてやろか
ってんで、自分の自転車のメンテを後回しにして、やっちの自転車のメンテをやってあげました。


d0024111_17501737.jpg気になったのは、ブレーキ。やっちの手の大きさには、ストロークが大きく、しかも、引きが重たい感じ。ブレーキワイヤーを一度引き抜いて、潤滑して元に戻し、ブレーキレバーのアジャスターで引き代を短くする・・・というのが、最初に思い描いた作業手順でした。ま、実際、作業はほぼ構想通りに進んだのですが、ただ、ちょっと難しそうな問題がいくつか・・・。
 キャリパーブレーキの片効きって、どうやって直すの?
ブレーキといえば、Vブレーキか、カンチレバーしか触ったことがないなのだ。この不親切きわまりないキャリパーブレーキには相当悩みました。結局、ネジをゆるめて、スプリングをクイっと回してみたら、無事、片効きはなくなりました。

フロントはなんとか完了し、次はリア。リアはバンドブレーキなので、さすがに一瞬ためらいましたが、ブレーキユニットはブラックボックスのまま手を付けなくてもよさそうだったので、決行しました。ところが、
 ブレーキワイヤーがすんなりアウターに入ってくれない!
原因のひとつは明らかで、ワイヤーが新品じゃないから。先端にクセがついてて、入りにくいのは当たり前。ホントは、新品のワイヤーを使うべきでしょうが、『XT』クラスしか在庫がなかったんで・・・(ケチ)。で、もひとつの原因は、アウター。この自転車、生意気にもブレーキアウターがトップチューブに内蔵されるタイプだったりして、とにかく変曲点が多い。FRETTA-Tのワイヤーの方が、長いけど、まだ素直だと思う。ま、一応、根性で解決しました。それにしても、キッズサイクルって、意外に難しいもんですね。
で、メンテナンスの効果の方はバッチリだったみたいで、ブレーキの効きが良すぎて、いきなり転けちょち転けちょりました(爆)。

ところで、やっちの自転車のサドル高さですが、ちょっとした工夫でデフォルトよりさらに低くなっています。
 秘技、やぐら返し
です。こちらのページで紹介されています。もし、キッズサイクルでサドルが高くてお悩みの方がいれば、是非。
d0024111_17484315.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-04-14 18:14 | 自転車グッズ