<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
元祖ソースカツ丼と幻の親子丼ポタ(後編)
d0024111_22405858.jpg琵琶湖の北端、塩津から、一路、長浜を目指します。トンネル嫌いななのだは、当然、藤ケ崎トンネルも賤ヶ岳隧道もパスして、藤が崎の岬を周り、賤ヶ岳を越えます。賤ヶ岳を越えるコースにも、旧道トンネルがあるのですが、現役トンネルと違って、車の往来が少ないので問題なし。というか、こっちのコースの方が断然お薦めです。特に、賤ヶ岳の中腹から見下ろす琵琶湖はことさら大きく感じます。
賤ヶ岳の旧道トンネルを過ぎると、しばらく湖畔とお別れです。代わりに、余呉川がお相手してくれます。余呉川沿いを約5kmほど走ると、再びトンネルが現れ、それを抜けるとまた湖畔に再会します。トンネルを抜けると目の前に琵琶湖の景色がバーンと広がるという心憎い演出に、自然とペダルは止まります。しばし休憩。
ところが、事件はここで起きました。湖畔の石垣の上で休憩していたところ、ちょっとはしゃぎすぎてデジカメを石垣に落としてしまいました。その反動で、デジカメの電池ボックスのふたが開き、中の単3電池が散乱してしまったのです。幸いにして、2本のうち1本の電池は回収できましたが、もう1本は石垣のスキマに落ちてお別れとなりました。ショック大です。たかが電池・・・いやいやエネループですがな。しかも、まだ、1回しか充電していないのに・・・あと999回も充電できたはずなのに・・・。
気を取り直し、ゴールで待っている親子丼だけに意識を集中して、再びペダルを踏みます。dai-5さんとトップを入れ替わりながら、湖畔のサイクリングロードを23~4km/hで快調に流します。途中、水分補給のため道の駅(湖北みずどりステーション)に立ち寄ります。揚げたての小鮎の天麩羅が、非常に魅力的な香りをまき散らしています。でも、我々には、あの親子丼が待っています。ここで子鮎ごときの誘惑に負けるわけにはいきません。日も傾いてきたし、先を急がねば。

d0024111_2259881.jpgそうこうしているうちに、無事に長浜駅到着。駅前で記念撮影(これが旧駅舎だとは知らず・・・)をさっさと済ませ、親子丼のお店『鳥喜多』さんを探しに街をウロウロ。「きっと行列ができているだろうから、すぐに分かるさ」などと楽観的な二人。正確な場所を把握できていないまま、怪しいと思われるエリアを2周ほどしました。しかし、行列らしき光景が一向に見あたらない・・・。今度は、反対周りしてみようと思ったその時、道路の対岸に目的のお店を発見しました。どうやら、お店の目の前を2回ほど通過したみたいですが、気付かなかったようです・・・って、アレ?通過ですか?・・・ぎょ、行列は?・・・えっと、行列はないみたいです。ついでに言うと、明かりもついてないみたいです。代わりに、お店の扉に何か貼ってあります。
「勝手ながら本日休業します」ズームアップ!

敦賀からのこの60kmは、いったい何のために・・・
えーい、こうなりゃヤケだ、ヤケ酒じゃー!!
というわけで、『長浜浪漫ビール』です。4種類の地ビールをお好きなサイズのグラスで提供してくれます。ま、これはこれで、それなりにおいしいひとときでした。

幻の親子丼・・・長浜リベンジ、きっとあります。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-31 23:34 | ポタリング
元祖ソースカツ丼と幻の親子丼ポタ(前編)
敦賀(福井県)に行って来ました。新快速で。dai-5さんと。

湖西線の直流化に伴って、京阪神エリアを走る新快速電車が、敦賀まで直通運転されることになり、これを利用して何か面白そうなポタ企画はないものか、このところずっと考えてました。で、考えついたのがこれ。その名も
『新快速で行く、元祖ソースカツ丼と人気の親子丼を喰らうポタ』
要するに、敦賀でカツ丼を食べ、自転車で琵琶湖に向かい、長浜で親子丼と食べるだけというなんとも単純な企画・・・いやいや、食べ物と食べ物を線で結ぶってのは、ポタリングの基本だし、ついでに言うと、ソースカツ丼は、先日の三方五湖ポタで、ちょうどお店の定休日と重なりお目にかかれなかったということもあり、今回はそのリベンジでもあります。

d0024111_20243796.jpgさてさて、京都駅の2番線。ここで敦賀行きの新快速を待ちます。なぜいきなり京都スタートなのかと言うと・・・大阪-京都間の新快速はいつも混み合っていて、ポタリスト泣かせな電車だから(某グルメポタ夫婦の経験談より)。ということで、特急「はるか」にて悠々と京都入りしました。「だったら『サンダーバード』で敦賀まで行っちゃえばいいじゃん」というツッコミは無視して、と・・・やって来ました敦賀行き新快速。新型車両が投入されるという噂もありますが、今回はいつもと同じ223系。京都までの長~い編成は、ここで前4両に分断されます。自転車持ちな我々は、置き場所確保のため、一番前の車両に陣取ります。しかし、先頭車両には鉄道マニアな方々が・・・そりゃそうでしょ、敦賀直通運転を始めて、まだ1週間ですから。中には、三脚で車窓ビデオを撮り続けている方まで。そんなわけで、明らかに平常より混み合っている雰囲気。さらに、自転車系でも鉄道系でもない・・・テニス系の団体さんまで。合宿でしょうか。わざわざ混み合っている先頭車両に乗らなくても・・・だ、誰か、新鮮な空気をくれ~!

敦賀到着。三方五湖ポタ以来、ほぼ半年ぶりの敦賀です。何度も訪れたことのある場所ですが、最近の観光PRのせいか、なんだかずいぶん活気づいた気がします。駅前で自転車を組立て、早速、ソースカツ丼に直行です。dai-5さんの希望で、駅近くのお店ではなく「敦賀分店」を目指し、駅から繋がる商店街をひた走ります。商店街の歩道はずっーと屋根で覆われており、それが街の景観になっている感じ。ほどなくして、敦賀ヨーロッパ軒に到着。でかっ!

d0024111_2030357.jpgじゃーん!これが、念願のヨーロッパ軒のソースカツ丼です。見てのとおり、ご飯とトンカツ、そして味付けはソースという超シンプルな構成です。パセリくらいあってもよさそうなもんですが、彩りなんてお構いなし。そうそう、やっぱ味で勝負ですよ。で、お味の方は・・・あのー、いやー、そのー、想像通り・・・それもビックリするくらいに。毎日食べると3日で飽きてしまいそうですが、どっちかというと、突然思い出したように食べたくなる系の味です。
さて、お腹も(もたれるくらいに)いっぱいになったので、いざ琵琶湖を目指します。敦賀から琵琶湖までのコースに選択肢はありません。国道8号線があるのみです。ただ、ここは琵琶湖と日本海を結ぶ最短ルートだけあって、ところどころに旧街道の面影が残っており退屈しません。
d0024111_20315539.jpg中でも、疋田の町並みは一見の価値ありです。道の真ん中に水路が通っているところは、熊川宿とよく似た雰囲気です。その昔、日本海と琵琶湖を運河で結んでしまおうという大胆な計画があり、この水路は、その名残だっていうから驚きです。さらに、疋田には鉄道マニア必見のスポットもあります。北陸本線の大カーブです。カーブの出口でカメラを構えると、電車の頭からお尻まで”いい感じ”で撮影できます。ただし、それなりに技術は必要みたいです。素人がやるとこうなります
疋田から県境までは、『クマに注意』という看板にドン引きした以外は、至って単調な登り坂。あ、そういえば、「細胞が喜んでいるよ」というdai-5さんの微妙なものまねにも、ドン引きしたっけか・・・ま、いずれにしても、県境を過ぎて、近江塩津まで一気に下ります。そして、塩津のこれまた風情ある町並みを抜けると、正面にドカーンと琵琶湖が!
このまま湖畔を長浜まで南下すれば、念願の親子丼です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-30 21:25 | ポタリング
○○の秋といえば・・・
やっぱ、ダントツで食欲の秋でしょうか。普段でも旺盛な食欲を、この時ばかりは、季節のせいにできちゃうんですから・・・なんとも都合のいいシーズンですね。もちろん、獲るものが獲れなきゃ、食べれないわけで・・・食欲の秋は、収穫の秋があってこそ。

d0024111_22184676.jpgというわけで、先日の栗の拾い食いに続いて、『サツマイモ』を収穫しました。生産者『ママっち』です。昨日、うちの家庭菜園で見事に収穫されました。いや、感動っす。実を言うと、植えるものないからって、キッチンの片隅で水栽培されてたイモを土に植えただけだったらしいのですが、それが、こんなにも大きな大地の恵みになって返ってくるなんて・・・。早速、豚汁とイモ天で頂きました。ずば抜けておいしいわけではないですが、なんとなく特別な思いのひと味が加わってます。

d0024111_22191842.jpgこの畑、小さいながら、なかなかの生産力でして、サツマイモを育てる前は、なんと『メロン』が植わってました。メロンは、食べれる状態で収穫できたのが、たった1個でしたが、ひじょ~に濃厚なお味で、密かに「売れるかも・・・」と思ったくらいです。他にはトウモロコシなんかも、まぁなんとか食べれる程度には・・・。

さて、陽も傾き、サツマイモが収穫されてちょっと寂しくなった畑の傍らで、のんびりとビールを飲む・・・・・ん?
d0024111_22205336.jpg

へへっ、この前、セラミックパークMINO絵付け体験したお皿が出来上がってきました。
あ、一応、これが芸術の秋か!?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-15 22:52 | マイホーム
たわわからほの字
休日出勤の振替休日だった昨日、久々にママッちとふたりでポタリングしてきました。

最初は、ママッちの希望で「大阪・神戸自転車散歩」ご推薦の『北港』を目指して、快調に車を走らせていたのですが、
 「あ、ライト、忘れてきた。ま、いっか。」
 「あ、ワイヤーロック、忘れてきた。うーん、ま、いっか。」
 「あ、ボトルゲージ、忘れてきた。厳しいけど、ま、いっか。」
 「げっ、携帯電話、忘れてきた。あ、こりゃもうダメだわ。」
というわけで、意を決して、Uターン。
家に戻って再出発するとき、再び行き先を相談した結果、今度はなのだの希望がとおり、ご近所ポタに変更になりました。いや、忘れ物を装ったなのだの巧妙な作戦!?

d0024111_2130880.jpgというわけで、本日の行き先は『ほの字の里』です。そうそう、dai-5家が流しソーメンを食べながら、ハッピーバースデーを合唱したという噂のあの場所です。ほの字の里は、元小学校の跡地に建てられた施設で、温泉を中心に、レストランや宿泊施設などを備えた癒しの空間です。


d0024111_21305797.jpgで、自転車で行くなら、是非ともお勧めしたいのが、農業庭園たわわ」から「ほの字の里」までの山間ルート。たった4kmですが、山々に囲まれ、超~幸せな気持ちになれる快適コースです。適度なアップダウンがあったり、途中、川のせせらぎが聞こえたりして、短い距離ながら充実のコンテンツです。個人的には、自分だけの秘密のコースのつもりだったんですが、平日のこの日でも、2台のローディと出会ったので、地元のサイクリストには密かな人気スポットかも!?

さて、このコースで、思いがけない秋の収穫。こんな近くで、こんな非日常的な体験ができるなんて、感動~。その夜、栗ご飯にして頂きました。
d0024111_21312594.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-13 21:37 | ポタリング
リニモで輪行ーっ!
名古屋ポタの続きです。
「じてんしゃひろば遊」さんを後にして、なのだとFRETTA-Tは、家族の待つ『愛・地球博記念公園』を目指します。といっても、なのだにとって、名古屋は未開の地なので、お店を出る前に、ゆうきちゃんにルート案内していただきました。ゆうきちゃん曰く、「愛・地球博記念公園の近くは、単調なアップダウンが続くだけで、おもしろくないかも。環状2号を走って、藤が丘まで行ったら、アレに乗るといいよ。」とのこと。なのだも、アレには乗ってみたかったので、よいアドバイスになりました。
d0024111_197574.jpgさてさて、ゆうきちゃんのお勧め通り、環状2号線をひたすら走り続けます。環状2号線は、比較的新しい幹線道路で、道幅も広くきれいですが、車はかなりのスピードで飛ばしています。自動車専用道路の標識は見あたらなかったので、自転車も通行可だと思いますが、命の方が大切なので、測道や歩道をのんびりと走ることにしました。が、所詮は、車のための測道、人のための歩道であって、自転車には酷な障害に何度か出会いました。立体交差や遮音壁など、自動車道にはすごーくお金がかかっているように見えたので、自転車に対する配慮のなさは、ちょっと残念に思いました。

d0024111_198184.jpgそんなこんなで、なんとか藤が丘駅に到着。ここからは、念願の『リニモ』で輪行です。リニモの駅は、地上にあるんだろうと勝手に思い込んでいたので、上を見上げてリニモの姿を探していましたが・・・・実は駅は地下にありました。へぇー。自転車の持ち込みはタダ。車内にコレといってお勧めな自転車置き場はありませんが、乗客もまばらなので、気にすることはないようです。リニモって、実はHSSTの進化系だったんですね。確かつくばの科学万博でHSSTを見た覚えがあるのですが、こういう形で再会するとは思ってもいませんでした。加速も振動も音も・・・どれをとってもさすがは未来を担う交通システムですね。
d0024111_1983450.jpg

愛・地球博記念公園に降り立ち、Veloタクシーと記念のツーショット。公園の一部は工事中でしたが、そこにうれしい看板が・・・。
サイクリングロードを整備しています
名古屋の印象が一気に回復した瞬間でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-11 23:30 | ポタリング
名古屋ポタでトラブル再発
週末は名古屋にある友人宅を訪問しました。
日曜日。いつもの通り家族とは別行動で、なのだだけ名古屋ポタを満喫しました。名古屋ポタというか、正確には名古屋市内から北へ・・・そうそう、小牧市にある某サイクルショップを目指してきました。
d0024111_13192168.jpgまずは、ナゴヤドーム。住宅街を走っているつもりのところに、いきなりドームの屋根がドーン!ってな感じですから、結構、ビックリします。さすがに正面に回ると、シッピングセンターなんかもあったりして、ちょっと都会的な臭いもしますが、にしても、人が少ない・・・。今週にもリーグ優勝が決まろうかという球団の球場とは思えないほど、静かな住宅街のポタでした。

d0024111_13194262.jpg続いて、矢田川の河原を走ります。川沿いにいい感じのサイクリングコース(?)があって、のんびりと・・・と行きたかったのですが、生憎、ものすごい向かい風。さらに、こんな過酷な条件の中、なぜかウォーキングを楽しむ集団。うしろから近付いてくる自転車の音も風にかき消され、道路いっぱいに歩いてます・・・トホホ。

そのあと、木曽街道(県道102号)を一路北へ。旧名古屋空港をかすめて走る道路なので、アップダウンもなく走りやすい旧道。こういう道は好きです。ただし、向かい風でなければですけど。しかも、この日の敵は、向かい風だけではありませんでした。な、なんと自転車にトラブル発生。BBがまた緩んでます・・・。おいおい、整備不良にも程があるぞ>自分。というわけで、だましだましペダルを踏みながら、なんとか目的地の『じてんしゃひろば遊』さんに駆け込みます。
d0024111_13201777.jpg

広い!平面的な広さもさることながら、天井高が最大級です。完成車やパーツ、アクセサリで床は埋め尽くされていますが、まだまだ、高さ方向には余裕たっぷりです。
そして、ゆうきちゃん登場です。笑顔!いつもニコニコです。さて、まずは、捜し物から。
 な「えっと、リクセンのアダプタープレート、まだありますか?」
 ゆ「えぇ、ありますよー。で、お客さんは、何枚?
 な「え、何枚って・・・1枚で・・・」
 ゆ「あ・・・。そりゃあ、そうですよね。
   時々、たくさんお買いあげになるお客さんもおられるんでね。」
 な「あははは、そうなんですか(・_・;)。」
ってな軽快なトークで会話がスタート。で、続いて、完全に緩みきったBBの修理をお願いしました。早速、おもてに出て、なのだのFRETTA-Tを見るなり、
 ゆ「(カスタム方面)やることやっちゃってるって感じっすねー」
 な「あ、いや、そっすかねー(滝汗)」

そこからは、さすがはプロのお仕事。おしゃべりしながらでも、テキパキと作業が進んでいます。作業が終わっても、いろんな話をさせてもらいましたが、その間もずっと、手の方は、なのだのFRETTA-Tのお掃除をしてくれてました。ありがとうございました。

P.S. 『ゆうきちゃんの業務日誌』になのだ来店の痕跡が!(10月8日)。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-09 13:36 | ポタリング