<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
なのだ的ライトホルダー
d0024111_1840117.jpgシャボン玉液の容器で作ったサイクルコンピュータのホルダー・・・別に問題があったわけではありませんが、その時からすでに抱いていた構想を早くも形にしてしまいました。今回デビューした新しいホルダーは、大した工夫があるわけでもないですが、ちょっとばかりコロンブスの卵的な発想の代物です。
使用した部品は、『ユニークブラケット』と、『灯火』、それからM5のスタッドボルト1本とナット1個です。
まずは、このユニークブラケット。その名の通り、他にあまり例のないアイデアグッズです。要するに、サイクルコンピュータやライトなどで、ハンドルに空きスペースが少なくなってきたた人のために、「えーい、2段ベッドにしてしまえぃ」的な商品です。しかも、お値段が500円ちょいという破格値なので、こういう試行錯誤でも躊躇なく購入することができます。で、なのだは、お手本通り、このブラケットにサイクルコンピュータとライトを取り付けました。
次に、灯火(ともしび)。クイックシャフトに取り付ければ、たちまちそこがライトホルダーになってしまうという、これまたアイデアグッズです。こちらも、お値段700円弱とリーズナブル。本当は、樹脂製のもう少しクラッシャブルな素材で作りたかった(転倒したり、ぶつけたりすると、フレームを損傷する恐れがあるのがちょっと心配なので)のですが、いいものが見つからず、アルミ製のこれに落ち着きました。で、これを例のフロントサスペンション上部のダボ穴に取り付けました。運悪く、ダボ穴も灯火も、M5の雌ねじなので、頭のないM5のボルト(スタッドボルト)で連結しました。
最後に、ユニークブラケットを灯火に取り付けて、完成です。これで、「サイコンをできるだけ遠くに取り付けたい」というニーズと「フロントバッグで行き場を失ったライトの取付位置を解決したい」という2つのニーズが同時に解決されました。いざというときには、工具なしでホルダーごと脱着できるところもGoodです。ついでに、灯火の余ったスペースに、バックミラーなんて付けると、こーんな感じになります。ん?なーんとなくデコチャリ化してますか!?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-09-18 18:51 | 自転車グッズ
ベーカリーショップポタ
まずは・・・タイトル↑からポタの内容を想像しちゃった方・・・たぶんそんな気楽なポタではありません。なにしろ、目的のパン屋さんは・・・なんと標高300mですから!(爆)
d0024111_22252136.jpg
だいたい、そんな高いところにパン屋があるというのが相当謎ですが、それよりも、そんなところまでわざわざ自転車でパンを買いに行くポタリストも、かなり理解不能です。ま、とにかく、『山は嫌いだけど、パンには目がないこと』で評判のdai-5さんを だまくらかして お誘いして、2人でベーカリーショップまでポタって来ました。
d0024111_22274762.jpgスタート地点は、わかやま電鉄の貴志駅。この駅から目的地のベーカリーまで、距離にして約8kmです。距離は大したことないのですが、途中、みかん山を登る勾配は、かなりハードです。今回、この勾配を制覇するために、事前に、チェーンリング60Tを54Tに、さらに、立派な角の付いたテリーさんのえるごんなどというものを装着(ついに!)。さらに、NHK「楽しいサイクリング生活入門」のテキストのアドバイスを念頭に、なるべく軽めのギアを選択するよう心がけました。その結果、出発から1時間半、なんとか目的地に到着しました。

d0024111_22211917.jpgお店の名前は『ドーシェル』。正真正銘、山の中の一軒家です。とはいえ、昔ながらの田舎のパン屋さんなどというイメージではなく、オープンテラスでランチもOKな、かなりおしゃれなベーカリーです。情報誌などで知名度も高く、リピータも多いようで、結構、お客さんの出入りが激しいです。今回は、おとこ2人でテラスからの絶景を眺めながら、ワンプレートのランチを頂きました。まったりと1時間、とても優雅なひとときでした。味は上品でGood!赤ワインもお勧めです。

帰りは、海南方面に一気に下り、熊野古道を通って紀三井寺に立ち寄った後、和歌山ラーメンでゴールしました。パン屋さんに、ラーメン屋さん。やっぱ、ポタリングに食べ物は外せませんね。というより、食べるために走っているのではないかという疑問も・・・・・今回は特にね。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-09-09 22:45 | ポタリング
片鉄ロマン街道
d0024111_2245406.jpg家族そろって、片鉄ロマン街道に行って来ました。
片鉄ロマン街道とは、片上鉄道の廃線跡を利用した全長約34kmの歩行者自転車専用道で、岡山県の備前市を起点に、吉井川沿いを登る自然味豊かな人気のコースです。詳しい紹介は、公式ページで。

土曜日。現地に到着したのは、午後3時。自転車の積み込みなど、準備に手間取ったせいで、大阪を出発したのは、お昼をとっくに回っていました。それでも、大阪から車で2時間前後で行けちゃうってのは、なかなかよいロケーションです。で、最初に訪れたのは、和気鵜飼谷交通公園というところ。ここは、片鉄ロマン街道の10キロポスト地点にあり、無料の駐車場やトイレが整備されているので、デポ地としてもお薦めです。公園の隣に、よさげな温泉ホテルがあったので、その場の思いつきで、その日はそこに泊まることに。

d0024111_22461716.jpg日曜日。早朝ポタ→露天風呂→朝食バイキングという贅沢メニューで一日がスタート。その後、自分はFRETTA、家族は車で、それぞれ24km先の柵原ふれあい鉱山広場を目指します。宿のある10キロポストから、15キロポストまでの約5kmは、この街道一番のなのだ的お奨めポイント。車道と吉井川を眼下に見下ろす爽快なコースです。駅やトンネル、信号機などが、次々にコース上に現れるのが楽しくて仕方ありません。一方、25キロポストを過ぎると、少々退屈気味です。この辺り、正確に廃線跡をトレースしてくれていないようで、それまでのノスタルジックな雰囲気はほとんどありません。そこで、コースを外れてホントの廃線跡を探すポタに切り替えてみたところ、あんな発見こんな発見もあったりして、案外こっちの方が楽しいかも知れません。

片鉄ロマン街道の終点、柵原ふれあい鉱山広場は、かつての吉ケ原駅にあります。駅舎の他、片上鉄道で活躍した車両たちがボランティアの方々の手で大切に保管されているマニア必見のスポットです。幸運にも、訪れたその日は、月1回の展示運転の日で、多くの鉄道ファンが集まっていました。昭和初期の車両に乗れるだけじゃなくて、それが動いちゃうんですから驚きです。鉄道好きが集まって、一種独特の空気を持つ一角もあったりもしますが、こういう歴史的遺産を一生懸命に守っている方々の努力に心を打たれます。

d0024111_22315026.jpg再び和気鵜飼谷交通公園に戻り、今度は家族みんなで、なのだ的お奨めポイントを走りました。自転車に乗りながら、「まもなくー、駅に到着しまーす」とかいう遊びは、子どもにはウケがいいみたいです。あいかわらず補助輪付きのやっちですが、根っからの負けず嫌いも手伝って、この2日でトータル10kmも走りました。ゆうちゃんは、出発前にサイコンを取り付けてあげたのがよほどうれしかったらしく、ずっとサイコンばかりを見ていたようです。挙げ句には、車歩分離のポールに激突!・・・大事には至りませんでしたが、サイコンはやっぱり要注意ですね。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-09-04 21:11 | ポタリング