<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
大阪にもあった!ディープなお店。
大阪にもありました、ディープなサイクルショップが。

雨の日曜日。「今日こそは、フロントバッグを手に入れるぞ!」と、なぜかハイテンションな朝でした。どんなバッグを買うかさえ、決まってないというのに、意気込みだけは上等です。その意気込みが、出してくれた今日の計画は「ショップ巡り」。しかも、「電車で」。

さて、JRに揺られること数十分。天王寺に到着です。地下鉄谷町線に乗り換え、まずは「天神橋筋六丁目」に向かいました。目的地は『Via Cycles Village』さんです。相変わらず、明るい店内で、商品の数も豊富。でも、気に入ったバッグには出会えず、早々に退散。
d0024111_23345240.jpg再び谷町線に乗って、今度は「太子橋今市」という駅で降りました。そこから、歩くこと十数分。目的のお店は?????「えっ?あれか?」。都会のおしゃれな自転車屋さんを見たばかりだったからか、その店構えのギャップに少々戸惑いました。いやいや、どっちかっていうと、田舎の自転車屋さんよりも、自転車屋さんらしくないかも・・・。店の前に立って、ようやく自転車屋さんであることを認識しました。しかも、単なるサイクルショップではないこともヒシヒシと。 「し、敷居が、た、た、た、た、高い、高すぎる」。勇気を振り絞って、恐る恐るお店の中に入り、辺りを見回します。目に入ってきたのはガラスケースの数々。オールドパーツから最新パーツまで、そのほとんどがガラスケースの中に整然と並べられていました。しかも、そのひとつひとつに商品名とお値段が書かれた黄色いカードが付けられています。その光景は、『歴史博物館』。数十円のネジやスペーサまでもが、陳列されている姿に、もう言葉は要りません。ディープです。お店の名前は『イトーサイクル』さん。で、ここに来た目的は、コレ(小型フロントバック)。ジルベルトウはフランスの老舗のバッグメーカ。しかも、驚きなのは、これがRIXEN&KAUL対応だってこと。店員さんにお断りして、手にとって見せていただきました。本革&帆布だそうです。手縫いだそうです。丈夫です。ずっしりと重みがあります。確かにいいバッグです。しかし・・・・現物を見れば少しは気が変わるかと思ってここまでやって来ましたが、やっぱり、なのだにはこの価値が分からないし、レトリックなデザインがFRETTA-Tには不釣り合いだという思いがますます強くなっただけでした。でも、楽しいひとときでした。
続いては、谷町線で南方面に戻り、四つ橋線に乗り継いで「玉出」まで行きました。本日の締めは『ウエパー』です。相変わらず、お客さんはいっぱい。ついでに、東京での即売会を目前に控え、なんか店内がバタバタしてました。ここに及んでも、なのだの物欲をそそるようなバッグにはなかなかお目にかかれません。そんな中、このバッグのお値段に心を打たれてしまいました。このバッグに何が起ころうと、きっと後悔しないことでしょう。お買いあげです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-06-26 23:41 | ポタリング
ホノルルセンチュリーライド!?
最初に言っておきますが、エントリしたわけでも、その予定があるわけでもありません。
ただ、なんとなく・・・・行きてーーーッ!と思わせるような出来事が続いたんで。

今日は、東京出張。大阪空港から東京行きの飛行機で移動です。機材は、最新鋭ボーイング777-300。しかも、今回はなぜかクラスJ。広々としたキャビンの広々としたシートにどかっと腰掛け、ブルジョア気取りで、機内誌などパラパラと・・・
その時、ふと目に留まったんです、
「ビデオプログラム 『ホノルルセンチュリーライド』(偶数便)」の文字が!
なんと、この便で、昨年のセンチュリーライドが放映されるとのこと。
思わず、小さくガッツポーズ!
よっしゃー!搭乗完了→ドアクローズ→プッシュバック開始!
さ、まずは、セーフティデモンストレーション(安全のためのデモビデオ)が放映されて、それから離陸した後、NHKニュースでしょ。そして、そして、よっ、待ってました、お待ちかねのセンチュリーライド!
・・・と続くはずでした。でも・・・おーい、セーフティデモはまだかー?早くしないと、離陸しちゃうよー。おーい大丈夫かー?
「お客様にお知らせします。当機はビデオシステムの故障により・・・・」
orz
B777で、救命胴衣の装着法の生実演を見る羽目になるとは・・・。
飛行には影響はありませんでしたが、結局、センチュリーライドは、1秒も放映されませんでした。

d0024111_0244381.jpg先日の日曜日のこと、ビーチまでポタリングした帰り道、ひと汗かいたし、軽くビールでも飲もうかなってんで、前々から気になっていたBarに寄り道。
FRETTAを店の横に停めて、ヘルメットを小脇に抱え、店の中へ。カウンター席に腰掛けながらビールをオーダーします。ほどなくして、グラスに注がれたビールがやってきました。そして、マスターの一言。
「もしかして、自転車ですか?」
ぎょっとして、なんで分かったのか聞いてみると、ヘルメットを持って入ってきたからとのこと。よくよく話を聞いてみると、実は、マスターもサイクリストで、一昨年、ご夫婦でホノルルセンチュリーライドに参加されたそうです。ビール一杯を飲み終えるまで、センチュリーライドのお話をたっぷり聞かせていただきました。で、すっかり、魅せられてしまったというわけです。
ちなみにこのお店、大阪の片田舎の住宅街の中にひっそりと佇むBarですが、バーボンの品揃えは関西屈指と評されることもあり、バーボン好きのなのだは、これから入り浸りになりそうな雰囲気です。実は、オーナーさんは、元パイロット。その関係の執筆や講演など、幅広く活躍されているようです。

というわけで、ホノルルセンチュリーライド。今は無理だけど、いつか行きたいなぁと思いを募らせる今日この頃です。

ホノルルセンチュリーライド(JALのツアー情報)



P.S. LORO SLOW SPOTさん(東京日本橋)にお邪魔したことは、今日の出張の数少ない収穫か!?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-06-22 00:55 | ポタリング
ビッグプロジェクト始動!
d0024111_22131896.jpgなのだ家のビッグプロジェクト第2段が、ようやく始まりました。今回のプロジェクトはウッドデッキ製作です。
プロジェクトの第1段は、昨年のちょうど今頃、ウッドフェンスでした。先日、ご近所さんから「このフェンスは、どこの工務店さんにお願いしたのですか?」とか聞かれちゃったりして、今度のプロジェクトも、俄然、やる気になっちゃってます。単純~。
とりあえず、昨日は材木屋さんを訪ね、材料とか、色とか、大きさとか、施工方法なんかをいろいろ教えてもらい、材料の見当をつけてきました。最終的な発注は、基礎ができて、柱の高さが確定してからのつもり。ネットからポチッと発注できるし、納期は1週間くらいなので、まぁ慌てる必要はないでしょう。
で、今日は、ホームセンタで基礎になる束石(羽子板付き、H=150mm)を買ってきて、施工してみました。束石施工のポイントは、とにかく高さを合わせることです。束石ひとつひとつの水平を出しながら、隣の束石との高さも合わせなくてはいけないのですから、なかなか根気の要る作業です。ただ、隣の束石と高さを合わせるには、ちょっとした道具がありまして、これがなかなか便利。実は、透明ホースを使うんです。透明ホースに水を入れて、片方の口の水面を基準となる束石に、もう片方の口の水面を調整する束石に当てると、高さの違いが分かるという仕組み。原始的な方法ですが、結構、よい精度で計測できます。
とりあえず、4本分の束石が完成しました(写真の束柱は、ダミー)。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-06-18 22:13 | マイホーム
きょうしごえ街道ポタ
今日(6/4 Sun.)のポタは、ホントにあてもないフリーなポタになりました。先週のあまの街道ポタで、ガイドブックのとおりに走ることに神経をすり減らした感もあり、まさかその反動か!?
家を出てしばらくは、山の中を走っていたはずでしたが、いつのまにか、川に沿って山を下り、海に出たところで、今度は海岸沿いをひたすら南へ下るという、なんのポリシーも感じられないコースアレンジでした。
d0024111_025294.jpgショッピングやレジャーで最近急速に変化している"りんくう"を過ぎると、その南には、時代から取り残されたような古い町並みが続いています。このあたり泉南市尾崎町には、多くの旧家とともに古い町並みが残っており、なのだ的ポタコースお得意のいわゆる『街道』になります。この街道は、孝子越(きょうしごえ)街道と呼ばれ、紀州街道の海側ルートとして栄えたらしいです。町には、地酒の蔵元『浪花酒造』さんの文化財級の大きなお屋敷もあったりして、もし店休日でなかったら、もっと美味しいポタになっていたでしょう。
さらに南にいくと、"せんなん里海公園"という海浜公園に出くわします。この公園、「ピチピチビーチ」という別名もあるのですが、なんか口に出すのが恥ずかしい・・・。ちなみに、その隣は「ときめきビーチ」・・・オイ。先週の土曜日は、子ども会でこの公園を訪れ、大潮干狩り大会をやりました。人の手で砂に埋めたアサリをみんなで掘り返すという、なんとも虚しい作業でしたが、子供たちはそれなりに楽しかったようです。
で、さらにさらに南に進み、みさき公園に到着。今日のポタはココがゴールとなりました。
やっぱ、街道ポタ、自分には合っているみたいです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-06-04 23:30 | ポタリング