<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by なのだ |
加悦SL広場
d0024111_2332158.jpg日曜にしては珍しく、家族みんなが早起きだったので、ちょっと遠出をすることになりました。車に、FRETTA-Tと、ゆうちゃんとやっちのチャリを乗せて、出発!(ママのPacific18までは車に乗りませんでした。残念)
目的地は、京都の北部にある加悦(かや)という田舎町。かの有名な天橋立にほど近い、のどかな町です。ここはかつて、丹後ちりめんや鉱山で栄えたところで、それらの産業を支えるため加悦鉄道という鉄道が活躍していました。現在は、廃線となりその跡地にはサイクリングコースが整備されています。また、終点の鉱山駅跡には、加悦SL広場があり、重要文化財指定のSLや、珍しい客車たちに出会えます。
d0024111_23345072.jpg加悦町役場(かつての加悦駅)に車を置いて、そこからSL広場までの2.6kmをみんなでサイクリングしました(ママはレンタサイクルでね)。やっちが走破できるかな!?というのが一番心配でしたが、SLを見に行くってことだけで、もう、ハイテンション。12インチ・補助輪付きのチャリが、見事に2.6kmを完走しました。
SL広場で出迎えられた機関車たちは、どこかちょっとトーマスちっくで、やっちにとっては大井川鉄道よりも親近感があったようです。SL広場に大満足の帰り道、またまたしっかり2.6kmを完走したのには、ちょっとビックリ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-10-30 23:30 | ポタリング
2005年の新酒です
d0024111_225969.jpg久々に焼酎ネタです。別にここんとこ買ってなかったわけでも、呑んでなかったわけでもないんですが、久しぶりに珍しい焼酎が手に入ったので、ここに書き記しておきます。
まずは、右側。「さつまげんち」といって、げんち芋という種類の芋で作ったという焼酎。。。でした。でした?実は、2週間くらい前に空っぽになりました。え、味ですか?よく覚えてません。嫌いな味ではなかったので、芋の香りのする濃厚な焼酎だったのでしょう。んーいいかげん。
続いて、左側「天無双」です。店頭の触れ込みで「『もぐら』がお好きな方は是非!」と書いてあったので、「ハイハイ!『もぐら』大好きなんで是非!」とばかりに買ってしまいました。実は、「もぐら」と「天無双」は同じ蔵元だったんですね。まだ、未開封なので味は分かりませんが、楽しみです。
最後に、中央「伝兵衛新焼酎」です。「へぇ~、焼酎にも新酒の季節があるんだ~」と感心しながら買ったものです。こちら、全国に3000本しか出荷されていないそうです。で、お味のほうですが、スッキリとか、まろやかとかってのとは、全く反対側にある味でした。芋のえぐみさえ感じる雑味感と、ひのきのような独特の香り。同じ蔵元の「伝」と比べると、正に荒々しいという印象です。たぶん、これが新酒の味なんでしょう。これはこれでかなり好きです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-10-23 23:30 | お酒
ツェッペリンNT号
庭でぼーっと遠くを眺めてたら(単に屋外にて喫煙中だったという噂)、空に怪しげな物体が浮かんでいるのを発見。飛行機にしては速度が遅すぎるし、UFOにしてはあまりにのんびりムード。しばし考えた末「あれは、もしかして、もしかすると、飛行船じゃないのか!?」という結論に達しました。
早速、家族を呼び集めて、「ねぇねぇ、飛行船が空港に降り立つみたいだけど、見に行かない?」と聞いてみましたが、家族の反応は「・・・」。結局、ひとりで行くことに。
空港に向かって車を運転しながら、ふと『魔女の宅急便』を思い出しました。飛行船を追いかけてトンボ君がプロペラ自転車を漕ぐシーン。今の自分が正にあれなんだなぁと思うと妙におかしかったです。
d0024111_21491183.jpgで、怪しげな物体は、やっぱり飛行船でした。しかも、あのツェッペリンNT号。世界最大だけあって「でかい」!他と比較して「でかい」という訳ではなく、人間が本能的に動く物体として認識するサイズと比べてでかいという感じ。あいにく、近くまでは行けなかったけど、一度見てみたかったので、感激です。世界に3機しかないんですから。
うちのヒンデンブルグ号(ラジコン飛行船)にもヘリウム入れてあげなきゃ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-10-22 23:30 | ファミリー
いいんじゃないROLLAMAJIG
d0024111_22502986.jpgAvidのROLLAMAJIGを付けてみました。
これ、リアディレイラーのシフティングを軽くするための小物です。普通ならアウターが『ぐにょー』と湾曲してディレイラーに接続していますが、これを使うと、滑車が、『ぐにょー』の代わりになってくれます。アウターとワイヤの摩擦が小さくなるのと、若干ですがアウターが短くなることで、シフティングが軽くなるという仕掛けです。
初めは半信半疑で、役に立たなくてもちょっとアクセントになればいっか。。。なんて思ってましたが、これが大間違い。ホントに軽くなるんですね~。親指でのシフティングが恐ろしいほど軽くなってしまいました。
ラピッドには是非お勧めの一品です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-10-09 23:30 | 自転車グッズ