カテゴリ:自転車グッズ( 91 )
by なのだ |
たかが軽されど軽
約7年間、なのだ家の足として活躍したステップワゴンを手放し、N-BOXが新たに我が家にやってきました。子供たちが大きくなり、車からレジャーというニーズがなくなった結果、送り迎えや買い物など、生活の足という役割さえ果たしてくれればいいということで、思い切って軽自動車にしてみました。

ステップワゴンに比べると、ひとまわり・・・いや、ふたまわりくらい小さくなったN-BOXですが、最近の軽自動車は侮れませんね。
2列目シートの足元の広さなどは、ステップワゴンを遥かに凌いでます。なんと、2列目に座った状態で、その足元に折り畳んだFRETTA-Tが置けてしまいます。大人2名+折り畳み自転車2台なら、シートを動かすまでもなく載せられます。
d0024111_21581984.jpg
ちなみに、折り畳み自転車ではなくて、ロードバイクを載せる場合も、さすがに2列目シートは折り畳むことになりますが、全く問題ありません。たぶん、ロードバイクが2台になっても大丈夫だろし、前輪を外せば、もうちょっとスマートに載せられそうです。

また、車の装備も、7年の間にすいぶんと進化してます。鍵の要らないスマートキーシステムなどは、かなり便利ですね。ただ、頭では理解しているつもりですが、体の方がなかなかついていけず、車に乗るときやエンジンをかける時に、ついついキーを捜してしまいます。かといって、キーの存在を忘れてしまうと、車内にキーを置いたまま車を離れるという恐ろしい事態もすでに何度か・・・・。
あとアイドリングストップも燃費向上には大切な機能ですが、作動条件にクセがあってちょっと厄介です。止まってほしくないのに止まってしまうとか、止まってほしいのに止まってくれないとか・・・・。車のクセに合わせて自分のクセを矯正しないといけないのかな。
d0024111_21593663.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-11-29 23:30 | 自転車グッズ
ツール・ド・フランスのアプリ
サイクルロードレースファンの皆さん、こんばんわ(笑)。

キッテルが早くもステージで2勝、サガンが緑ジャージに袖を通し、盛り上がって来ましたね、ツール。
で、待ちに待ったアプリ(for Android)がついに配信されました!

「TOUR DE FRANCE 2014 by ŠKODA」

昨年も配信されていたのですが、今年の分は、つい昨日付けで配信されたようです。
ツール・ド・フランス2014のコースプロフィールや、選手のスタートリスト、リザルトはもちろんのこと、レース中であれば、(ほぼ)リアルタイムでレースの状況が図解で表示されるというとっても便利なアプリです。
テレビでツールを見ながら、スマホ片手に総合順位やタイム差が確認できるところは、なかなか便利です。
他にも、残業でレースが観れない時でも、「うわっ、今日はヴォクレールが逃げてるやん!」みたいな・・・

是非。

d0024111_2222248.png

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-07-08 22:07 | 自転車グッズ
Panasonic XC-A
d0024111_17213281.jpg
やっち(長男、小5)のお友達が、ご親戚の方から譲り受けたというマウンテンバイクをいじらせてもらいました。

先日のMBKのマウンテンバイク同様、1990年台のものですが、とても状態がよくアルミポリッシュの光沢は、まるで新車のようです。こちらも、フロント3段×リア7段で、ブレーキはカンチという時代モノ。アウター受けなどの細工に手が込んでおり、それだけでも古き良き時代を感じさせてくれます。ディレーラー関係は、今は亡きShimano『STX』。グレード的には、たぶん今の『Deore』です。また、1体物のブレーキレバー&シフターの型番はShimano『ST-MC12』で、『Alivio』のロゴがありました。もしかしてこれが初代『Alivio』!? 

ただ残念なことに、このシフターに問題があり、フロントはアウターにラッチしないし、リアはリアでシフトアップすると1段から7段に一気に飛んでしまうという状態でした。アンコントローラブルなマルチリリースって感じ(爆)。症状としては、先日のMBKのケースとよく似ており、なんとなくラピッドファイヤ創世記の宿命のようにも思えます。オーナーのお友達くんは、最初に近所の自転車屋さんに相談したらしいのですが、修理に「1万円!」って言われたんだとか。詳細は知りませんが、アレをアレして、ソレをソレして、工賃入れたらそんなもんかな。でも、躊躇しますわな、フツー。そういうわけで『なのだサイクル』へ(笑)。
d0024111_17233149.jpg
ぶっちゃけブレーキレバー&シフターを換装するしかないのですが、ややこしいのは「7速」と「カンチ」という組み合わせです。いろいろやりようはあると思いますが、できるだけお金をかけたくないので、「7速」と「カンチ」にこだわって探してみました。で、たどり着いたのがShimano『ST-EF51-A-7』というパーツです。たぶん、ALTUSとかACERAグレードかと思いますが、カンチとVブレーキのどちらにも対応しているEZファイヤのレバーなんだとか(下の写真参照)。送料込みで3000円くらい。
d0024111_17242767.jpg
早速、お取り寄せして、ちゃちゃっと換装してみました。すると、なんということでしょう。「こんなに気持ちよくシフティングできちゃっていいんだろうか」と言うくらいに、うまくいきました。EZファイヤのクリック感が、なかなかすばらしいです。お友達くんにも喜んでもらえたし、なのだの暇つぶしにもなったしで、ハッピー×2。
古い自転車が、再び息を吹き返すっては、いいもんですね。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-11-05 17:41 | 自転車グッズ
MBK Tracker Hi-Tech
d0024111_15395355.jpg
最近、自分の自転車だけでは飽き足らず、他人様の自転車をいじるという妙な趣味を始めてしまいました。写真は、おフランス製の『MBK』のマウンテンバイク。

会社のお友達から、メンテナンスを請け負いました。実は、元々のオーナーは自分。1992年に購入したマウンテンバイクです。もう20年ですな。ヘッドパーツやシートポストまで含め、コンポは全てXTというバイクですが、ギアは3×7、ブレーキに至ってはカンチレバーというもの。数年前にそのお友達にお譲りしたのですが、今でも大事に乗って頂いています。今回、シフターの調子が悪いのと、BBにガタが来ているとのこと。
で、診てみると、確かにシフティング、めちゃくちゃ・・・。フロントのシフターがラチェットできなくなってました。リアのワイヤは首の皮一枚だったし・・・。仕方がないので、なのだの引き出しの奥に眠っていたラピッドファイヤに換装しました。親指でシフトダウンして、親指でシフトアップするタイプのこれまた年代モノです。良くも悪くも、その操作性に懐かしさを感じます。
d0024111_162355.jpg
BBの方は、寿命が来ているようだったので、カップ&コーンからカートリッジ式の新品に換装しました。そのカートリッジ式BBもスクエアテーパーなので、手に入れるのに結構苦労しました。
ということで、とりあえず、まともに走れるレベルには、回復しました。

d0024111_15391197.jpg
秋晴れの昼下がり。テラスで自転車いじり。こんなのんびりした週末もいいもんですね。さて、もう1台・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-11-04 16:13 | 自転車グッズ
チェーン外れ防止治具
気になりませんか? お腹のたるみ・・・じゃなかった、チェーンのたるみ。

60Tに換装してからだったか、リアディレイラーをシャドーにしてからだったか、FRETTA-Tを折り畳んだ時のチェーンのたるみがずっと気になってました。折り畳んだ時のチェーンのたるみは、組み立てる時に下手するとチェーンが外れるきっかけとなり、なくなく手を汚す羽目になるのは、Birdy(BD-1、Pacific18、FRETTA)ユーザーの共通の悩みかと(純正は除く)。

昔、加茂屋さんから『チェーンハング』というデバイスが販売されていましたが、それも今は在庫がなくなり、今は『バーディーチェイング』という新しいデバイスが登場しているようです。

ただ、当初から「単にチェーンのたるみがとれればいいんだよな」という発想を原点に、ずっと頭の片隅でアイデアを練っていました。
d0024111_2301559.jpg
で、行き着いたのが、これ。目には目を、歯には歯を、チェーンにはチェーンってことで、選んだのが、チェーンを繋ぐ「チェーンジョイント」です。ホントは安全エリアを区画する時などに使うプラスティックチェーンのジョイントです。
d0024111_231546.jpg
FRETTA-Tを折り畳む前に、こいつでもって、下のチェーンと上のチェーンを引っかけて、テンションをかけてしまえば、たるみもスッキリ。もちろん、チェーンが外れることもありません。
d0024111_233324.jpg
スクリューが付いているので、使わない時は、サドルのレールにでも引っかけておけばOK。重さ10g、価格210円。

でも、そのひと手間も惜しければ、やっぱり加茂屋さんのがいい加茂。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-04-24 23:16 | 自転車グッズ
加茂屋バーディーポーター
やっと手に入れました。シートポストの後ろの黒いやつ。

■加茂屋バーディーポーター
d0024111_161473.jpg
以前から、買おう買おうと思っていたのですが、なかなか機会がなくて・・・。ちょっと、高いしね。
使い方は、言わずもがな、だと思うので省略。大型連休に向けて、準備中です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-04-22 16:09 | 自転車グッズ
DAHON metro 密かに7速化!?
d0024111_19143133.jpg
5年前にヤフオクで入手したゆうちゃん(長女、中1)のDAHONのmetro。ゆうちゃんは今でも気に入って乗り続けてくれています。なんでも、ゆうちゃんの友達に言わせると「ゆうちゃんのチャリはずるい!」らしい。「重さが全然違うんだもん」だそうです。そうでしょ、そうでしょ、そりゃそうでしょう。
ところが、先日、部活の帰り道で、チェーンがローギアとチェーンガードの間に落ち込んでいまい、どうすることもできないまま、半べそで家まで担いで帰って来たんだとか。日々(いや月イチくらいか!?)、なのだが点検してあげているのに、チェーンがローギアを越えて落ち込むなどという初歩的なトラブルがあるはずがない!
ゆうちゃんに、素朴な疑問を投げてみました。
  な 「もしかして、自転車、倒さなかった?」
  ゆ 「うん、倒れた。結構、ド派手に・・・」
  な 「あ、やっぱり・・・」
よく見ると、リアディレイラーが内側に曲がっとるやん。そりゃ、チェーンが落ち込むわけだわ。幸いにして、エンドは曲がってなさそう。ということで、通販で替わりのディレイラーをポチッとしました。買い物カゴにスプロケットとサムシフターも入っていたような気もしますが、たぶん気のせいでしょう(笑)。

週末、部品が到着し、早速、ディレイラーを換装しました。「Shimano Tourney RD-TX35」です。やっちのNewバイクとお揃いにしました。ついでに、買った記憶はないんですが(笑)、同梱されていたスプロケット「Shimano MF-TZ21」とサムシフター「Shimano SL-TX50-7R」もリプレース。リアハブのグリスアップもやってあげて、見事に復活しました。ちなみに、チェーンは引き出しに眠っていた「Shimano CN-HG91」にしました。チェーンだけアンバランスなくらいに高級品です。
d0024111_19151791.jpg
d0024111_19154975.jpg
あれ?よく見ると、6速だったmetroが7速になってるやん。いつの間に!? たぶん、ゆうちゃんもままっちも気付かないと思いますが、なのだ的自己満足を密かに織り交ぜてみました。

ちなみに、この7速化、万事がうまくいったと思いきや、トップギアに入れると若干ですがチェーンがフレームに干渉するみたい・・・。FRETTA-Tの60T化のときもそうでしたが、どうもこの手の干渉には、縁があるようで・・・。ゆうちゃんからクレームが出たら、解決することにします。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-03-26 19:16 | 自転車グッズ
またまたルイガノ
■ルイガノLGS-J24(2011年モデル)
d0024111_232398.jpg
やっち(長男、小4)のNewバイクです。20インチからインチアップして、24インチになりました。本人の希望により、またまたルイガノです。っていうか、「新しいマウンテンバイク買ってよ~。できればルイガノで。」って、どんなお願いやねん! あまりにピンポイントすぎて、迷う余地すらありませんでした。一応、トレックとかスペシャとかも密かにチェックしましたが、前後ホイールがクイックリリースだったのは、ルイガノだけだったので、なのだ的にもルイガノで納得です。
このバイク、2011年モデルとは言いつつ、アウトレット店で手に入れたので、トップチューブにステッカーがなかったり、前サスが「SR SUNTOUR」製になってたりと、正規品とは若干仕様が異なるようです。でも、市場価格よりは確かに安かったです。
d0024111_0435173.jpg
週末、近所を一緒にポタリングしました。大人でも手ごたえのある坂道コースでしたが、ギア比0.79は飾りじゃないようです。でも。6段変速だったものが、いきなり21段変速に増えたので、シフトチェンジが大変そう。ま、そのうち慣れるさ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-03-21 00:58 | 自転車グッズ
メッセンジャーバッグ用スマートフォンホルダー
メッセンジャーバッグにピッタリなスマートフォンホルダーを見つけました。
バイクのハンドルに取り付けるスマホホルダーはいろいろと出ていますが、スマホをナビ代わりに使うことがないなのだにとっては、どちらかというとスマホを肌身離さず持っておく方が安心なので、メッセンジャーバッグと一体となるタイプを探していました。

■ HEADS 『ウニコ』
そして、手に入れたのがコレ。
d0024111_18215496.jpg
d0024111_21154847.jpg
メッセンジャーバッグのショルダーベルトに取り付け可能なiphone用のケースです。



■ Timbuk2 『フリップアウト』
Timbuk2からも同じような用途のスマホケースが出ていますが、こちらは、在庫切れが続いているので諦めました。
d0024111_18373140.jpg

どちらも、ケースをパカッと開けば、スマホを操作出来てしまうという、ある意味当然の発想から生まれた商品です。まあ、それだけならお値段の安い『フリップアウト』に軍配があがるのですが、『ウニコ』の方はそれだけに留まらず、なんと、ケースに入れたまま音声通話も出来てしまうのです。ショルダーベルトに取り付けられたスマホで、どうやれば音声通話ができるのか・・・想像してみると首筋が痛くなってきそうですが、こちらを見て頂ければ一目瞭然かと。

しか~し、これで全く問題がないわけではありません。
『ウニコ』はあくまでiphone用。対するなのだのスマホはiphoneよりひと回り大きい「IS03」です。で、心配していた通り、IS03は大きすぎて、バックルが閉まりませんでした。えーい、この際、スマホの方を買い換・・・ってわけにはいかんわな・・・。
ということで、ままっちにバックル部分の改造を依頼しました。バックル部分の縫い止めを外して、ストラップを少し緩めて、再度縫い止めてもらいました。これでバッチリです。
d0024111_18391921.jpg
ちなみに、音声通話の時の近接センサーはデフォルトのままでしっかり働いてくれます。バックルを外してあげれば、カメラも使えます。

でも、ロードに乗る時は相変わらずこっち。こいつで音声通話するには・・・バイクごと持ち上げれば、まあ、不可能ではないでしょう(笑)。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-12-12 18:42 | 自転車グッズ
トラブルで気付いた・・・
トラブルといっても大したトラブルではありません。
先日の加太ポタの終盤、ラーメン屋さんを出発した直後に、サイコンのセンサーが落ちてしまったのです。
落ちたという生易しいものではなく、センサーがホイールに接触したようで、センサーのマウント部分が破壊されてしまいました。
センサーが無事だったのは、不幸中の幸いかと。
d0024111_22341010.jpg
なのだが使っているサイコンは、キャットアイの『V2c』。
スピードとケイデンスのセンサーが1体になったワイヤレスタイプです。
以前から「固定が甘いよな」と感じていたので、固定部に手作りのゴムシートを噛ましたりして対策は講じていたのですが、何かの拍子にセンサーが動いてしまい、ホイールと接触したのかと。

で、とっととセンサーマウントのスペアを調達。
後日、新しく手に入れたマウントを見て、ちょっとビックリ。
「改良されてるじゃん!」
新しいマウントにはゴム製のスカートが付いており、これならしっかり固定できそう・・・。
さすがは、キャットアイさん!
d0024111_22344433.jpg
でも、ちょっと気になって、最初に買った時のサイコンの空き箱を覗いてみました。
すると・・・・ゴム製のスカートが、コロン。
あぁ、改良されたんじゃなくて、初めからそういうものが存在していたのに気付かなかったわけね。

トラブルに遭って、初めて自分の取り付け方が間違っていたことに気付きました。
情けな。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-12-05 22:36 | 自転車グッズ