カテゴリ:旅・出張( 16 )
by なのだ |
またまた出張裏メニュー
今年初めての東京出張です。

d0024111_1102660.jpgやっと見つけました、『泉岳寺のトンネル』。
映画『メッセンジャー』でおなじみの場所です。東京に来る度に、泉岳寺駅は利用してたんですが、いつもルートが微妙にずれてたみたいで、今までずっとニアミスしてたみたいです。ま、積極的に探すほどのモンでもないし・・・。今回、たまたま暇つぶしに泉岳寺を訪れたおかげで、このトンネルにもお目にかかることができました。確かに低い!高さは、道路標識通り、ほぼ1.5メートルくらいしかなく、歩行者でも腰をかがめないと、たんこぶが出来てしまいます。うちの会社だったら、文句ナシで『ヘルメット着用のこと!』って認定されてる高さです。高さもさることながら、長さの方も結構印象的。だって、出口が見えないし。閉所恐怖症のなのだには、ちょっと耐え難い・・・。

d0024111_1104130.jpg本社で書類をゲットして、新橋に移動。
お仕事の前に、ランチを求めて『牛カツおか田』に行ってみました。以前、会社仲間に連れてこられたのですが、今回も相変わらずの行列っぷり。12時前だというのに、すでに15人くらい並んでました。店内の客がひととおり入れ替わるほどの人数です。時間はたっぷりあるので、ひるむことなく並びました。で、たった10数分でお目当てのランチにありつけました。回転が早いです。この店の自慢は、なんといってもミディアムレア(ほとんどレアか!?)のロース肉とそれを包むサクサクの衣です。これをわさびしょうゆで頂きます。思った以上にあっさりしてて、まぐろのような感覚です。新橋を訪れるチャンスがあれば、また行きたいお店です。

で、お仕事の方は難なく終了。さーて、週末だし、ちょっと寄り道して帰ろーかな。(続く)
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-01-20 23:30 | 旅・出張
水戸名物!? 『ねばり丼』
水戸から帰って参りました。
長い1週間だった・・・。振り返ると、いい季節の出張だったなーと。だって、1週間で、あん肝×3回、あんこう鍋×2回という経験は、たぶん残りの人生でもないだろうと思うし。
ところで、今回、ご紹介したいのが、水戸名物(!?)ねばり丼です。まぁ、場所がら、ネーミングから想像しても、絶対に納豆は入っているのは分かりますが、納豆丼ならぬ、ねばり丼ですから、結構、想像力を掻き立てます。
で、出てきたのが、コレ。
d0024111_11233210.jpg納豆を中心に、手前から右回りに、「オクラ」「山芋」「なめ茸」「めかぶ」・・・そしてなぜか「いくら」・・・少しはねばるか!? とにかくまーよくもここまでねばねばばかりを集めましたなーってな感じ。わさび醤油をかけて、全部を徹底的にミックスして食べると、想像を絶するほどではないですが、普通においしかったです。が・・・・これを水戸の名物にするのは、ムリがあるような・・・。この簡単レシピで、人気を維持するのは、ちょっとなー。いや、でも、おいしいですよ。みなさんも、是非、おうちでお試しください。

d0024111_11234544.jpgさて、水戸から大阪に向かう途中、山手線の車内で、こんな広告を見つけました。「転職情報も人材派遣も - アデコ株式会社」さんのステッカー広告です。
写っているのはBD-1です。で、キャッチコピーに共感してしまいました(ちょっと、拝借)。

仕事がノッてくると、ペダルも軽く感じる。我ながら単純な性格。でも、これって、長所だよな。

うんうん、すごーく、よく分かる。
このコピー、普段から乗っている人じゃないと思いつかないよなー。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-12-17 11:34 | 旅・出張
えーい、静まれ、静まれ
d0024111_903360.jpg突然ですが・・・水戸にやってきました。
今日から1週間はここを拠点にお仕事の予定です。

いやー、ずいぶん都会になりましたねー、水戸。ここを訪れたのは、な、なんと13年ぶり!単なる荒野だった駅南口なんて、変ぼうぶりに腰が抜けるかと思いました。実は、こう見えても水戸とは縁もゆかりもありまして・・・在住経験アリなんです。短期間ですけどね。で、ホントはFRETTA-Tを持参して、週末は久慈川ポタをのんびりと楽しみたかったのですが、一週間分の着替えたちと一緒に移動する根性がなかったのと、冬目前の茨城で寒さに勝てる気がしなかったので、あっさり断念しました。

d0024111_933513.jpg水戸に到着し、まずは、地元在住の友人と合流。その足で『水戸芸術館』を訪れました。ここも13年ぶり。水戸と言えばココ!というくらいお勧めの場所です。まず目に付くのが、高さ100mのシンボルタワー。エレベータで上まで上ることができて水戸の街を一望できます。見た目は不思議な形ですが、展開すると非常にシンプルな展開図になるんです。わかります? そして、ここのギャラリーが注目。白い壁の展示室をキャンバス代わりに、空間そのものを作品にしたような型破りでスケールの大きな芸術作品にお目にかかれます。今回は『佐藤卓』さんの「日常のデザイン展」が開催中でした。佐藤卓さんといえば・・・って、実はここに来るまで存在さえも知らなかったのですが、「キシリトール」や「おいしい牛乳」などのパッケージデザインから、NHKの人気番組「にほんごであそぼ」まで、意外と身近なデザイナーさんです。展示の方法が凝っていて、芸術に疎い私でも、何度も足が止まる展示物がありました。やっぱ、いいな、水戸芸術館。

で、その後は、街が眠りにつくまで、飲むわ、食うわ。やっぱりこの季節、『あんこう』は最高だべ!
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-12-09 23:30 | 旅・出張
自転車との共存!?
高松、スゴイっす!
何がすごいって、そりゃー、自転車の数ですがな。
d0024111_21511260.jpg

先週、出張で、高松に行って来ました。
高松に行くと毎度のことのように「ここは中国か!?」と思うほど、自転車の多さに圧倒されます。特に、アーケード。例えば、アーケードを歩いてて、ふと気になるお店を見つけ、急に進路を変えたりなんかすると、必ずと言っていいほど、後から来た自転車にひかれそうになります。そういうわけで、できるだけ急な進路変更をしないように、真っ直ぐ歩いてみたら、今度は前から来た自転車にひかれそうになったりして・・・。「おいおい、自転車が歩行者をよけるべきだろ!」とかって、すぐに思ってしまうのですが、地元の同僚に言わせると「(お前が)もっと気を付けて歩かなきゃ」だそうです。これだけ自転車が多いと、いちいち目くじら立てている場合じゃないのかも知れませんが、なんとなく自転車に対する懐の深さを街全体から感じます。

d0024111_2151529.jpg自転車との共存を始めたばかりの福岡、すでになんとか自転車と共生している感じの高松・・・と、立て続けに特徴的な2つの都市を訪れ、いろんなことを考えさせられました。どちらも街づくりの一翼に自転車の存在を意識しているところが、とても興味深いです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-12-04 22:00 | 旅・出張
おしチャリって何?
福岡に行って来ました。出張です。お仕事です。
出張とくれば、お約束のオプションツアー・・・ですが、今回ももちろんあります!
その前に、ちょっと変わったものを発見したのでご紹介・・・。
d0024111_23314749.jpg

福岡の繁華街、天神で見つけた標識です。路上、壁面、垂れ幕など、至る所にこの標識を目にしました。よく見ると『おしチャリ』と書いてあります。お察しの通り、「自転車は押して歩いてネ」という意味の標識のようです。
ただ、この「おしチャリ」という言葉、博多弁が掛け合わされていて、なかなかよい雰囲気を醸し出しています。「おしてもらう」とか「おしてあげる」という譲り合いの気持ちまで内包しているような、そんな意味合いを持っています。『歩行者vs自転車』という具合に、すぐに二極化して論争するパターンが多い昨今、この天神での試みは、是非、注目したいです。

さて、オプションツアーのお話。。。
仕事の前日、福岡空港に到着して、タクシーで直行したのが、なんと自転車屋さん。福岡市南区にある『正屋』さんというショップです。南区在住だったなのだにとって、庭の中の庭みたいな場所にあるのですが、実は今回が初めての訪問。なんでも、お店がオープンしたのが11年前とのことだったので、なのだが福岡を去った後にできたお店のようです。その昔、同じ場所に、やはり自転車屋さんがあった記憶はあるのですが、その時のオーナーさんとは関わりはないとか。
さてさて、お店の雰囲気は、実に個性的。お店というよりは、誰かの趣味の部屋に迷い込んだような、そんな感覚です。床に埋め込まれたチェーンリングに気を取られていると、天井からぶら下がった小物たちに頭をぶつけそうになります。ボトルだって、いつ将棋倒しになってもおかしくない。で、どこまでが商品で、どこまでがオブジェ?ってな感じの陳列。
そして、目と目が合っちゃいました。
d0024111_23343843.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-11-21 23:48 | 旅・出張
なのだ的出張の過ごし方
今日は東京出張でした。しかも、早朝から。8:00にはモノレールに揺られていたので、相当早い移動です。単に適当なフライトがなかっただけですけどね。

ま、今日はとにかく天気がよかった。上空からくっきり見えていた富士山の優美な姿が、羽田に降りても、そのままの美しい姿だったのは、ちょっと得した気分でした。富士山のある風景ってのは、どんなに頑張っても関西には真似の出来ない芸当なので、かなりうらやましいです。

浜松町に着いたところで、ふと「ここから目的地の虎ノ門まで、歩いて行けないものかなー」と考え、ナビウォークを立ち上げました。ふ~ん、たった2.4kmなんですね。それならというわけで、ナビに体を預けて、通勤ウォッチングをしながら、のんびりと歩いてみました。
御成門の交差点、すんごい銀杏の匂い。東京もやっぱり秋ですね~。港区が設置した路上のタバコステーション、すんごい人だかり。でも、マナーを守っているはずの人たちの集まりが、傍目からは心地よくは見えないのだから、対策としては間違っているのかな。
自転車通勤は、やっぱり、ロードレーサー率、高いですね。もしかして、ママチャリより多い!?あ、アレックスモールトンにも遭遇しました。何にせよ、今日は気持ちいい通勤だったことでしょう。うらやましいです。約束の時間までドトールで朝食を食べながらも、ずーっと、ウィンドウ越しに通勤ウォッチングしてました。

d0024111_2225352.jpgさてさて、仕事がおわって夕方。またまたナビに体を預けて、今度は銀座まで歩きました。目指すはユニクロ銀座店です。さあ、お目当ての品はあるかなー?
ところで、そろそろ冬支度の季節ですが、皆さんはどうしてますか?昨年は惜しくも流行語大賞を逃してしまった「秘密結社スタイル」こと「ヒートテックプラス」。今年はラインアップがさらに増強されたようです。なんとアウトドアスポーツにはおすすめのメッシュ素材も追加されてます。
というわけで、新たに三点を買い足しました。定番のロングTと新登場のハーフタイツ、そしてメッシュ素材で胸元にジップアップが付いた「ハーフジップT」です。ハーフジップTは、まるでサイクルジャージのヒートテック版みたいな雰囲気(あ、でも、あくまでインナーですんで・・・)。これが、ネット店か一部の店舗でしか手に入らないらしく、しかも11/10までの限定価格っていうから、急遽、大型店舗の銀座店を狙い撃ちして今回出向いたという次第です。
充実の出張サイドメニューでした。
d0024111_22251728.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-11-08 22:31 | 旅・出張