カテゴリ:マイホーム( 25 )
by なのだ |
♪デッキるかな!?
週末は、エアコンの利いたリビングルームでゴロゴロしながら呑んだくれよー!
・・・と思ってたのに、金曜日、山のような資材が届いてしまいました。ウッドデッキ用の資材です。ず、ずいぶん、お早い到着でー。orz
この資材の山を1週間も放置するわけにもいかず、仕方なくこの週末は、ウッドデッキ製作に取り組みました。なのだが選んだウッドデッキ材は、中川木材産業さんの『キットデッキWeb』です。その名の通り、半完成品のデッキ材です。特殊な場合を除けば、のこぎりは不要で、インパクトドライバーさえあれば、組み立てができちゃう簡単お手軽なデッキ材です。なにより、自分で設計する手間が要らないところが、ど素人にはもってこいです。べ、べ、別に、なのだが「のこぎりが苦手」とか「図面が描けない」とか、そ、そういうわけではありませんから、念のため。
d0024111_21131381.jpg土曜日、朝6時から作業を開始して、お昼には土台が完成していました。これもひとえに、先日、埋めた束石の高さがビシッと揃っていたおかげ。ついでに、優秀な愛弟子のお手伝いのおかげ!?(←写真は、ペンキ塗りに励む弟子。その頃、親方は食事中。※本品は、土台だけが無着色です)。
翌日は、夕方から作業を開始。電動ドリルで下穴を開けては、インパクトドライバーでビスを打つ・・・という単純作業の繰り返しで、見る見るうちにデッキが形になっていきます。そして、最後に、手摺を付けて、完成~っ!
d0024111_21133220.jpg出来上がってみると、この組み立てキット、なかなかお勧めなところがいっぱいです。木材の質はGood。設計がシンプル。パーツとしての仕上げ精度が高い。どこから見ても手作りの本格派・・・などなど。
といわけで、なのだ家のビッグプロジェクト第2弾は、これにておしまい。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-07-31 20:18 | マイホーム
ビッグプロジェクト始動!
d0024111_22131896.jpgなのだ家のビッグプロジェクト第2段が、ようやく始まりました。今回のプロジェクトはウッドデッキ製作です。
プロジェクトの第1段は、昨年のちょうど今頃、ウッドフェンスでした。先日、ご近所さんから「このフェンスは、どこの工務店さんにお願いしたのですか?」とか聞かれちゃったりして、今度のプロジェクトも、俄然、やる気になっちゃってます。単純~。
とりあえず、昨日は材木屋さんを訪ね、材料とか、色とか、大きさとか、施工方法なんかをいろいろ教えてもらい、材料の見当をつけてきました。最終的な発注は、基礎ができて、柱の高さが確定してからのつもり。ネットからポチッと発注できるし、納期は1週間くらいなので、まぁ慌てる必要はないでしょう。
で、今日は、ホームセンタで基礎になる束石(羽子板付き、H=150mm)を買ってきて、施工してみました。束石施工のポイントは、とにかく高さを合わせることです。束石ひとつひとつの水平を出しながら、隣の束石との高さも合わせなくてはいけないのですから、なかなか根気の要る作業です。ただ、隣の束石と高さを合わせるには、ちょっとした道具がありまして、これがなかなか便利。実は、透明ホースを使うんです。透明ホースに水を入れて、片方の口の水面を基準となる束石に、もう片方の口の水面を調整する束石に当てると、高さの違いが分かるという仕組み。原始的な方法ですが、結構、よい精度で計測できます。
とりあえず、4本分の束石が完成しました(写真の束柱は、ダミー)。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-06-18 22:13 | マイホーム
プチリゾート
こんにちは、なのだです。
さぁ、いよいよ夏休み!とりあえず最初の週末近場でリゾート!
というわけで、昨日ホームセンターでゲットした家庭用プールをオープンしました(思い切り、近場ですな)。
でも、家庭用プールだからといって、バカにしてはいけません。
そのサイズ、なんと180×130cm!
「バスタブよりデカいんちゃうか!?」というこの大きさは、大人でも十分に水浴びができます。

d0024111_2122591.jpg子供にはナイショで、こっそりとプールに水をはって、ビール片手にひと時のリゾート気分を味わうなのだでした。

ま、そんな優雅な気分もつかの間、すぐに子供に見つかったと思ったら、気が付くと、庭の柵を乗り越え、近所の子供たちまでやってくるありさま。まさに芋を洗うような状態になってしまいました。「よ~し、明日から入場料、とるぞ!」
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-07-23 23:30 | マイホーム
ピアノがやってきたヤァヤァヤァ!
d0024111_23451736.jpgこんにちは、なのだです。
遥か600kmの空間と、20数年間の時を越え、ついにうちにピアノがやってきました。
このピアノ、元はママが小学生の時使っていたもの。音楽教室のクラスが上がり、かねてより「ピアノが欲しい!」といっていたゆうちゃんの願いを叶えるため、おばあちゃんがひとはだ脱いでくれたのでありました。感謝感謝。
家を建てる時は、ピアノがやってくることなんか想像もしていませんでしたが、リビングのコーナーに、まるで予め計画されていたかのように、ぴったりと納まっています。
母と子、どちらが才能があるのかは、ピアノだけが知っているんですよね。なんか不思議です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-07-05 23:30 | マイホーム
ウッドフェンスの完成です
d0024111_0253383.jpgこんにちは、なのだです。

なのだ家の超ビッグDIYプロジェクト「ウッドフェンス」がついに竣工を迎えました。
5月15日に縦穴堀り用のスコップを購入してから今に至るまで、週末という週末はほとんどこれに費やし、ようやく完成です。ブログの更新が滞っていたのも、そのせいです。多分、間違いないです。

写真ではごく単純な構造ですけど、実は基礎には相当な手間がかかっているんです。何しろ、1本目の穴を掘り終えた時点で、当初、60cmだった穴の深さが45cmに、90cmピッチの柱間隔が120cmピッチに、それぞれ計画が縮小されたくらいですから。。。いかにこの穴掘りが重労働だったか、分かってもらえますか?単に根性なしという話もあるにはあるけど。。。。
さらに、縦穴に入っているフェンスブロックは、なぜか底に向かうほど柱穴の大きさが小さくなるテーパー状になっていて、この形と柱をはめあわすために、十数年ぶりにカンナと格闘しました。
そして、モルタル。バケツにして数十杯もモルタルを混ぜ続けると、月曜日には仕事にならないくらい手首が痛くなるんですね。正直、仕事に差し支えました、これは。

上部構造物の方は、時折、ゆうちゃんがペンキ塗りを手伝ってくれたり、ママがのこぎりを担当してくれたりと、基礎に比べれば楽勝でしたね。特に、ママは「のこぎり上手だね~」とかなんとか言うと、機嫌よく手伝ってくれました。多分、ホントに上手なのは、なのだのくちの方なんでしょうけどね。

あと、忘れてならないのがインパクトドライバの存在。下穴をあけて、ネジを打つという単純な繰り返し作業には、ドリルドライバとインパクトドライバの2本があると、思いのほか作業がはかどります。これはお勧めです。

とりあえず、ウッドフェンスは小手調べ。次はウッドデッキに挑戦します。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-06-25 23:30 | マイホーム