カテゴリ:マイホーム( 25 )
by なのだ |
フリップダウンモニターを取り付けました②
モニター取り付け作業の続きです。
天井裏の梁を見ながらじっくりと考えた結果、アルミ板を加工して、そのアルミ板を介してモニターを梁に固定することにしました。梁には、元々M6のネジが切ってある穴が2個と、M4のタップが立てられそうな穴が2個あり、その4カ所を使えば板を固定できそうです。ネット情報でも、先人の作例を見つけたので、たぶん大丈夫でしょう。

早速、材料となるアルミ板を買ってきました。ついでに、金のこと金属用のドリルビットも。
d0024111_2250428.jpg
大工仕事はそこそこやりますが、金属加工なんて中学校の技術の時間以来です。でも、1.5mm厚程度のアルミ板なら、金のこと電動ドリルがあればなんとかなるもんですね。ちなみに、直線カットは、カッターで筋を付けて、折り曲げるだけでOK。簡単でした。
d0024111_2333044.jpg

ということで、アルミ板の加工は完了。なんだかんだで、ほぼ1日仕事でした。取付イメージとしては、まず、このアルミ板を梁に固定し、それにモニター付属の鉄板をネジ止めして、
d0024111_22504085.jpg
それから、この鉄板にモニターをネジ止めする感じ。
d0024111_22505485.jpg


次は、配線を考えなくちゃ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-12-19 22:55 | マイホーム
フリップダウンモニターを取り付けました①
とうとう自転車いじりだけでは物足らなくなり、禁断の「くるまいじり」の世界に足を踏み入れてしまいました(笑)。
というのは、半分冗談で、年末の帰省に向けて、車内にモニターを増やしたい、と思い付き、ちょっとDIYしてみました。あと何年乗るとも分からない車(ホンダ「ステップワゴンスパーダ(RG1)」)に高額の投資はしたくないですからね。
d0024111_16264419.jpg
選んだのは、EONONの「L0121M」という10.1インチのフリップダウンモニター。天井に設置するタイプです。送料込みで14,000円は安いっしょ。Made in Chinaですが、箱からして高級な感じ。

さーて、どうやって取り付けりゃいいんだ・・・・。
なにしろ、くるまを分解するなんて、今まで全くやったことがないので、どこから手を付ければいいのかさえも分からん・・・・。結局、「みんカラ」っつーサイトに、すんごい情報が詰まっていることが分かり、とにかく読みまくり、探しまくりで、なんとなく手順が見えてきました。
ということで、あとは実践あるのみ!とりあえず、天井(ルーフライニング)を外しました。
d0024111_1627215.jpg
すいぶん簡単に書きましたが、ここまで来るには、全てのピラーのカバーを外したり、シートベルトを外したり、エアコンの吹出口を外したり、まー結構大変です。3時間かかりました。中でも、シートベルトのボルトを外すのが一番大変で、最後は、ペダルレンチに助けられました。トルクがパネェ。
それにしても、車のパーツ、特に内装のパーツって、洗練されてますね。ネジやボルトは最小限に抑えられています。そんなことにいちいち感動しながら作業してました。
d0024111_1628343.jpg

ホントのところ、フリップダウンモニターを取り付けるのに、天井を外す必要はありません。ただ、なのだ的に取り付け位置にこだわった結果、めちゃめちゃ遠回りになってます。で、この日は、天井の梁や、梁にある穴の位置を採寸した(梁の魚拓をとった)だけ。朝から作業を開始して、天井が元通りになる頃には、日が暮れてました。あ~、楽しかった。

さ、どうやって取り付けようかな・・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-12-15 16:31 | マイホーム
いつかはエネファーム
先日、エネファームの見積もりをとってみました。
d0024111_2191895.jpg
エネファームとは、言わずもがな、ガスで電気を作る家庭用燃料電池コージェネエレーションシステムのこと。エネゴリくんのおかげで、名前は広く認知されるようになってきましたが、普及はこれから・・・といった感じでしょうか。

実は、7年前に家を新築した時、『いつかは燃料電池・・・』という野望を抱き、当時、主流だったエコキュートとかエコウィルには目もくれず、来たるべき時代に備え、これまでずっとガス給湯器で生活してきました。
そして、昨年末、エネファームの新しい機種が発表され、効率UPと大幅プライスDOWNが実現。その一方で、国の補助金が年度末で減額か!?という話も手伝って、今、ちょっとホットな話題になってきました。

エネファーム、その名前にある「ファーム」には、家庭菜園とか地産地消のイメージが込められているんだとか。なるほどね。で、頭についた「エネ」は、もちろんエネルギーの意味ですが、どうして「エコキュート」とか「エコウィル」みたいに、頭を「エコ」にしなかったんでしょう。

今回の見積もり額を見て、その答えがなんとなく分かった気がします。「エコ」には、エコロジーの他に、エコノミーっていう解釈もあるかと思いますが、価格を見る限り、エコノミーというにはちょっと無理があるかな・・・・と。何年でペイできるか、なんて考えていてはダメですね。地球温暖化防止のために、如何に貢献するかという一段高い意識が必要ですね。スーパーで買った方が安いのに、家庭菜園で野菜を作るのと似てるって、誰かが言っていました。家庭で野菜を作るように、家庭で電気を作ることを楽しめるかどうかというところに、大事なポイントがあるんだな、ということが今回よく分かりました。ということで、今回は見送り。でも、あきらめませんけど。

うん十万もする自転車は家族を説得してでも手に入れたけど、こういうことで二の足を踏んでしまうようでは、環境問題なんて語る資格はないですな~。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-02-27 21:11 | マイホーム
プリンターラックをDIYしました
この週末は、年賀状を作るはずでした・・・。
d0024111_0132156.jpg
でも、できあがったのは、プリンタラック・・・。

土曜日、朝のポタから帰るなり、ままっちから、
  「そこの食器棚、粗大ごみに出すから解体しといて!」
とのオーダー。年賀状の予定がいきなり狂ってしまい少々困惑しながらも素直に食器棚を解体しました。

解体も終わり、さ~て、年賀状でも・・・・って、おいおい、いつのまにかプリンタ壊れてるじゃん。こうなると年賀状なんか作ってる場合じゃなく、またまた予定を変更し、新しいプリンタを求めて電器屋さんに直行。悩みに悩んだ末、ブラザーのにしました。無線LANとかいろいろな機能が付いて、他メーカーと比べても断然お安かったです。その日は、プリンタのLAN設定などで疲れ果て、就寝。Zzzz。

翌日、日曜日。朝、起きるなり、ままっちから
 「結局、新しいプリンタは、そこに置くわけ?」
と、なんだか挑発的なコメント。確かに、ひと周り大きくなったプリンタには、今までのプリンタラックでは、明らかに小さくて不安定だわな。ってことで、年賀状そっちのけで、今度はホームセンターへ直行です。

午後はどっぷりと日曜大工。前日の解体作業ですっかりと平べった~くなってしまった食器棚が、プリンタラックに生まれ変わったというわけです。リサイクル♪リサイクル♪ それにしても、世の中には便利なものもあるもんで、「ダボ錐」と呼ばれる木ダボの穴を開けるための電動ドリルビット、これがあればダボ継ぎなんて、あっという間で簡単です。キャスターも付けてやったので、無線LANを最大限に利用すれば、家中どこにでも移動できます。なんだか久しぶりにDIYづくしの週末で、満足、満足です。

もちろん、年賀状は・・・手付かずのまま。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-12-21 00:30 | マイホーム
できれば活躍して欲しくないもの
あらら、ちっとも更新が進まないまま、もう3月ですか。
3月と言えば、今日から春の全国火災予防運動ですね。
ということで、うちも付けました、火災警報機。
(ぎゃははは、めっちゃ強引な展開!)

d0024111_22522531.jpg
新築住宅にはすでに設置が義務化されていますが、既存の住宅に関しては市町村によってまちまち。早いところはすでに義務化されていますが、大阪は平成23年まで猶予されています。といっても、どうせ付けるなら早いほうがいいですよね。

というわけで、寝室用に「煙感知式」×2台、台所用に「熱感知式」×1台をお買い上げ。最近、新製品が出回っているようですが、別に、火災警報機に進化もなかろうに・・ということで、お買い得な旧タイプを購入しました。
しかし、これが軽~く失敗。『ピーッ、ピーッ、ピーッ』って、凄いデカイ音が鳴るには鳴るのですが・・・子供らには「何の音だっけ!?」って感じ。新製品だと『火事です、火事です』って言ってくれるらしいです。しまった!

ま、でも、活躍して欲しくない代物ですな。

----
昨日、家族で夕飯を食べに行ったときのこと。
最後のデザートに出てきたのはアイスクリーム。
その横に添えてあったサクッと軽いあのお菓子を見て、ゆうちゃん(小4)、曰く。

 ゆ 「こ、これ、なんて言うんだっけ?」
 な 「当ててごらん」
 ゆ 「え~と、ウエ・・・ウエ・・・」
 な 「ウエ・・・なに?」
 ゆ 「あ、わかった! ウエ×××ー×!」


ま、まさか、彼女の口から、某有名自転車店の名前を聞くとは・・・。おぉ、神よ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-03-01 22:56 | マイホーム
きゅうり1号!
d0024111_1032387.jpg先日、無事にきゅうり1号が実りました。

葉っぱの後に隠れてずっと気付いていなかったので、見つけたとき、この物体を認識するまで0.1秒くらいかかりました。いやー、それにしても立派立派。
d0024111_10382135.jpgじゃ、早速・・・・ってんで、半分は前回のカレーの横でスティックになっちょります。梅肉で頂きました。で、残りの半分は、お約束通り『浅漬け』にしました。ちなみに、卓上漬物器は洗うのが面倒なので、ジップロックで。ニンニクの効果なのか、青臭さが軽減されて、とてもマイルドで美味しい漬け物になってくれました。2号の収穫が待ち遠しい。

d0024111_103484.jpgところで、前回のカレーですが、翌日、残った分を『カレーうどん』で頂きました。参考にしたのは、『至福のカレーで・・・カレーうどん』です。毎度お世話になります。ちなみに、このレシピでは手順3で終わってますが、4番目の手順として、

  だしの素はどこで入れるんじゃーーー!

と、叫ぶのも忘れずに!これで、グッと美味しさが増すかも。
麺はカトキチの冷凍うどんです。飴色玉ねぎで甘く仕上がったカレーなので、だし味との相性が絶妙です。替え玉をしてしまいました。今度、家族に作ってあげようと思います。
 
浅漬けにしても、カレーうどんにしても、調味料の調合は勘に頼るとえらい目に遭いそうなので、計量スプーンとか、メジャーカップとか、キッチンスケールなどを駆使してます。ライフライン(携帯)で「小さじってどれよ?」とか聞きながら・・・。結果、化学実験並みのものすごい精度で料理を作ってます。勘に頼りきった自転車のメンテナンスとは大違いな自分に大笑いです
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-08-07 23:30 | マイホーム
飴色(あめいろ)って何色?
独身生活、1週間が過ぎました。
未知なるキッチンワールドに翻弄されつつも、それなりにがんばって、なんとか楽しく過ごしています。

日曜日の昼下がり、あの人も絶賛の『至福のカレー』なるもののに挑戦しました。
このカレーの特徴は、なんといっても、飴色になるまで炒めた玉ねぎです。これが全てといっても言い過ぎではないでしょう。ついでに、キッチン修験者のなのだにとって、ここが最大の難所といっても間違いではないでしょう。レシピ通りに作ると、ひとりでは食べきれない量になるかもしれないので、ぜーんぶレシピの半分でやってみました。

d0024111_20331779.jpgまずは、玉ねぎをみじん切り・・・だそうです。実は、やったことがない・・・。でも、見よう見まねで・・・確か・・・半分に切った玉ねぎをまな板の上に伏せて、Y軸方向とZ軸方向に数カ所の切り込みを入れ、最後にX軸方向にザクザクと・・・。
  な~んだ、簡単じゃないか!
その後、刻んだ玉ねぎを電子レンジへ。続いて、牛肉、ジャガイモ、人参も適当な大きさに切って、材料のスタンバイはこれでOK。

いよいよ玉ねぎを飴色になるまで炒めるという、ミステリアスな工程に突入。
炒め始めは、なかなか好調な滑り出し。バターと玉ねぎのよい香りが、食欲をそそります。一生懸命、玉ねぎを混ぜ続けます。そして15分経過。なんとなく色が付いてきて、香ばしい香りもちらほら・・・。
  ところで、飴色っていったいどんな色なんだ?
という疑問を持ち始めたのが、炒め始めて20分くらい。なんだかそろそろ、やばそうな雰囲気。
  も、もしかして・・・・焦げてる?
いや、飴色って言うより焦げ茶だろ、それ。明らかに失敗です。次の瞬間、速攻で、三角コーナーの肥やしになりました。ごめんなさ~い。

結局、材料切れと時間切れで、不完全燃焼のまま、お仕事のために、夕方、会社に行きました。手や髪の毛から、バターのいい香りをぷんぷんさせながら。

夜9時。メッセンジャーバッグに玉ねぎを忍ばせ、会社から帰宅。もちろん、リベンジです。じゃ、まず、玉ねぎのみじん切りから。今度は、Y軸方向とZ軸方向の切り込みの数を減らして、超粗切りです。その粗切りした玉ねぎをフードプロセッサーにぶち込んで、ウィーーーーン
  こ、これ、なかなか気持ちいい!
早くも手抜きを覚えました。ただ、調子に乗りすぎて、危うく玉ねぎジュースを作るとこでした。

さて問題の「飴色工程」。2回目となる今度のポイントは、
・コンロの火を超弱火にすること。
・レシピに書いてある炒め時間30分ってのをあくまで目安にすること。
・つまり、何分だろうと飴色になったらそこでストップすること。
・頭の中で、飴色をカンロ飴の色くらいに設定しないこと。
d0024111_20352381.jpgじゃぁ、作業開始。10分経過・・・20分経過・・・30分経過。
  よし、このへんで飴色ってことにしておこう。
というわけで、やっと苦しかった難関を越えました。あとの工程は至って簡単、牛肉炒めて、水を入れて、ブイヨン入れて、野菜を入れて、煮込んで・・・。で、最後にルゥを入れて、完成で~す!
d0024111_20363984.jpg

え?味?
まずいはずがありませんよ。だって、隠し味に、汗と涙の結晶も入ってちゃってますから。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-08-05 23:30 | マイホーム
見ためよければすべてよし
d0024111_21593792.jpgついに、ゴーヤー第1号を収穫しました!

  なにも、ママっちがいないときに実らなくても・・・

という複雑な心境もなきにしもあらずですが、獲ったからには食べるしかありません。
で、記念すべき第1号だし、やっぱりここはゴーヤー料理の代表格『ゴーヤーチャンプルー』しかないですね。
とは言うものの、ホントにホントにキッチンとは疎遠な"なのだ"にとって、初心者のパンク修理並みにアドベンチャーなチャレンジです。
まずは、会社の帰りにスーパーマーケットに立ち寄り、豆腐とベーコンをゲット。ホントは『SPAM』があるとイイ!って、事前のタレ込みがあったのですが、片田舎のスーパーでは到底あるはずもなく・・・。ま、いっか。
それにしても、サイクルウェアで買い物カゴを抱えて店内をウロウロってだけで、かなり日常的な体験でした。

家に帰って、早速、調理開始。

  へぇ~、ゴーヤーの中ってこないなってんか~

などと、小学生並みの感動を味わいつつ、右手には包丁、左手にはなぜか携帯電話を持って、作業は着々と進行します。で、油をひいたフライパンに豆腐を投入するときに、ちょっとのけぞったくらいで、あとはなんとか形になりました。
同じく朝採りの自家製トマトのスライスを添えて、これが今日の献立。
d0024111_2232591.jpg

ま、見た目さえよければ、お味の方はどうでもいいじゃないですか。
たぶん、真夜中にのどが渇いて目が覚めるのは間違いないけど。orz
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-08-01 22:11 | マイホーム
枝豆日記
ちょっと遅くなりましたが、今日から枝豆日記でも始めてみようかと。
(この前、『枝豆、作れよ!』とかいう空耳が聞こえたような気もしたし・・・。)

d0024111_23505875.jpg4月15日(日) はれ
種まき完了しましたっ!!!


続きを読む
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-07-14 23:30 | マイホーム
○○の秋といえば・・・
やっぱ、ダントツで食欲の秋でしょうか。普段でも旺盛な食欲を、この時ばかりは、季節のせいにできちゃうんですから・・・なんとも都合のいいシーズンですね。もちろん、獲るものが獲れなきゃ、食べれないわけで・・・食欲の秋は、収穫の秋があってこそ。

d0024111_22184676.jpgというわけで、先日の栗の拾い食いに続いて、『サツマイモ』を収穫しました。生産者『ママっち』です。昨日、うちの家庭菜園で見事に収穫されました。いや、感動っす。実を言うと、植えるものないからって、キッチンの片隅で水栽培されてたイモを土に植えただけだったらしいのですが、それが、こんなにも大きな大地の恵みになって返ってくるなんて・・・。早速、豚汁とイモ天で頂きました。ずば抜けておいしいわけではないですが、なんとなく特別な思いのひと味が加わってます。

d0024111_22191842.jpgこの畑、小さいながら、なかなかの生産力でして、サツマイモを育てる前は、なんと『メロン』が植わってました。メロンは、食べれる状態で収穫できたのが、たった1個でしたが、ひじょ~に濃厚なお味で、密かに「売れるかも・・・」と思ったくらいです。他にはトウモロコシなんかも、まぁなんとか食べれる程度には・・・。

さて、陽も傾き、サツマイモが収穫されてちょっと寂しくなった畑の傍らで、のんびりとビールを飲む・・・・・ん?
d0024111_22205336.jpg

へへっ、この前、セラミックパークMINO絵付け体験したお皿が出来上がってきました。
あ、一応、これが芸術の秋か!?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-15 22:52 | マイホーム