カテゴリ:マイホーム( 25 )
by なのだ |
ガスコンロ修理いろいろ
d0024111_22102434.jpg
マイホームも10年以上経ってくると、ホントにあちこちに問題が出てくるみたいで、今度はキッチンのガスコンロの調子が悪くなってしまいました。

ボタンを押してガスに火が付くところまではいいのですが、ボタンから手を離すと種火が保持されず、炎が消えてしまう現象が多発。この現象、ずいぶん前から発生していたものの、今までは何度か繰り返しているうちに火が付いたので、そのまま我慢して使っていました。しかし、ここにきて、とうとう何度やっても火が付かなくなってしまったようです。

早速メーカーに連絡すると、数日後に特約店の担当者が見に来てくれました。点検の結果、熱電対とガス器具栓、基板、スイッチパネルの交換が必要とのこと。ただ、基板はすでに廃版で手に入らないらしく、その他の部品だけ交換した場合の見積もりを頂いて、検討の上、後日お返事することにしました。

ただ、後でその時の状況をままっちから聞いて少々愕然・・・。その担当者さん、点検してくれたといっても、バーナーの点火を2、3回試みただけで、コンロの内部を見たわけでもないらしい。一方で、置いて行った見積もりのパーツって、改めて考えると「点火に必要なパーツ全部」みたいなもの・・・。それで出張費3000円+点検費2000円って、どうなんだろ???
さらに、その後に衝撃の事実。メーカーのホームページを見ると、なんとうちのガスコンロの型番、リコール的なお知らせがあるではないですか。スイッチの損傷により火が付きにくくなるらしく、無償交換してくれるんだとか。あれ?見積もりにはしっかりとスイッチの金額も入ってたけど、どゆことなんだろ???

というわけで、再びメーカーに連絡。思ったことをストレートにお伝えし、しっかりと対応していただきました。で、最終的にどうなったかというと、なんとスイッチを交換したら無事に点火できるようになりました。一時は買い替えまで覚悟しましたが、もう少し、頑張ってもらえそうです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-07-20 22:19 | マイホーム
ドアクローザ修理いろいろ
d0024111_23284525.jpg
マイホームも10年以上経ってくると、あちこちに問題が出てくるもので、先日、玄関ドアのドアクローザーからオイルが漏れているのを発見してしまいました。
こうなると交換するしかないのですが、形や色の相性もあって、ホームセンターに出向いて、「これください!」というわけにはいきません。しかも、壊れたドアクローザーを外してみても、型番らしきものが見当たらず、ネットで探すことすらできない・・・。

仕方なしに、ドアメーカーのサポートに電話して、「10年くらい前の×××というドアに付いてたドアクローザーが欲しいのですが・・・」と問い合わせてみました。速攻で答えが返ってくるかと思いきや、廃盤になってたこともあり、「図面をFAXしますので、壊れたドアクローザーの寸法と同じかどうかを確認してください」とのこと。めんどくさ~。そんなやりとりを繰り返し、ようやく代替品にたどり着きました。やれやれと思ったのも束の間、なんと在庫がなくて納品まで2~3週間もかかるらしい。

結局、代替品の型番を教えてもらったので、今度こそネットでポチッ。2日後には手元に届きました。説明書も付いてたし、交換作業自体は、30分もかからずあっけなく終了しました。

さ、次は何が壊れるのやら。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-07-17 23:42 | マイホーム
お庭にハンモック登場
d0024111_20221846.jpg
梅雨入りしたはずなのに、幸か不幸かまとまった雨もなく、真夏に負けないくらいに日差しの強い週末でした。朝方の涼しい時間帯を狙ってポタったわりには、日焼けのせいで早くも腕では脱皮が始まってます。太ももはレ―パンの跡で、見事なツートンカラーになりました。この季節の日差しを甘く見過ぎて、後悔するのは、もはや毎年恒例になってきました。そろそろ学習しろよ>自分。

で、ポタの後は、ビールを片手にお庭でリゾート。

昨年から進行中だったパーゴラ製作は、当初は立派な構想があったのですが、ここに来て急に面倒臭くなってきて、ホームセンターで「すだれ」と「サンシェード」を買ってきて、ポン付けしただけの手抜き工事になりました(笑)。ホントのこと言うと、バリ島あたりの高級リゾートを目指していたのに、すだれがあるだけで、なんとも庶民的な雰囲気になるもので、さらにそこに風鈴と蚊取り線香が登場したりすると、バリ島というより、完全に「日本の夏ーっ!」って感じになってしまいました。ま、どうであれ、パーゴラはこれでほぼ完成。

最後の仕上げに、念願のハンモックをインストールしました。庭でハンモックってどうなん?と半信半疑ではありましたが、これが、なんのなんの。想像していた以上に気持ちいいです。手抜き工事の甲斐(?)あって、風通しも抜群で、気付かないうちに、つい、うとうと・・・・。(注:写真は宿題から逃避して爆睡するやっち(長男、中1))
Wi-Fiも繋がるのでネットもできるし、ビールのおかわりは自由だし(在庫限り)、大自然の中とはひと味違うハンモックライフが味わえます。ガーデンリビングの時間がますます長くなりそうです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-06-16 20:26 | マイホーム
洗濯機リコール
2月の始めにマスコミ紙上で洗濯機の大規模なリコールが発表されました。
運悪く、うちの洗濯機も対象製品に該当してたので、早々に修理を申し込みました。そしたら、1週間ほどで修理に来てくれました。早っ!
洗濯機を横倒しにまでして、結構大掛かりな修理でしたが、1時間ほどで終わりました。これで、ひと安心です。
国内には対象製品が58万台もあるそうで・・・メーカーさんも大変ですね。今日発表されたプリウスのリコールに至っては190万台だとか。気が遠くなりそうな数字です。プリウスとは全く縁はないけど。
d0024111_22375312.jpg
ちなみに、洗濯機の横にある木製の棚、なのだのDIYです。単なるスキマだったところに、高さのある棚を置いたことで、洗剤や柔軟材の置き場所として、重宝してます。
使った材料はこれ↓です。普通に木材を買うより断然安い!
d0024111_2361165.jpg
造作としては小学生の工作レベルですが、材料費をケチるために「すのこ」を思いついたり、そのすのこから取り合いを考えながらパーツを切り出したりするのが、楽しい~。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-02-12 23:10 | マイホーム
パーゴラにブランコ
d0024111_20551917.jpg
やっち(長男、小6)のリクエストに応えて、パーゴラにブランコを取り付けました。小6にもなって、ブランコごときで喜ぶのか!? という思いもありましたが、なんのなんの。お友達を呼んできたりして、予想以上に楽しんでくれました。
なのだが乗ってみた印象でも、これはかなり楽しい! ウッドフェンスやパーゴラに囲まれた閉鎖的な空間なので、普通のブランコでは味わえないスリルがあります(安全性とのトレードオフですけど)。付け加えるなら、大の大人が人目を気にせずにブランコで「はしゃげる」貴重な空間ができたかと。結局、一番喜んでいるのは自分じゃね!?

今回、ブランコに使ったパーツは、こんな感じ。
d0024111_2031799.jpg
座面になる板と、ロープ2本、それから、ブロック状のパーツが2つで構成されています。この変な形をしたブロック状のパーツは、どう使うかというと、これ↓です。
d0024111_20312012.jpg
ロープのわっかをブロックパーツに引っかけて、パーゴラの垂木と垂木の間に「パカッ」とはめれば、あっという間にロープの固定ができます。我ながらナイスアイデアでした。
この先、ガーデニングの邪魔になることもあるだろうし、雨風にさらされてただ古びていくのもなんなので、ロープを結んだり解いたりする手間を省いて、着脱を簡単にしてみました。
ついでに言うと、パーゴラのどの部分にも取り付け可能なので、その日の気分でブランコの位置や方角が変えられます・・・って、変えないと思うけど。
d0024111_20313434.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2013-11-18 20:36 | マイホーム
パーゴラ完成!
ここのところ、週末という週末はほとんどお庭でパーゴラ製作に励んでおりましたが、ついに、この3連休で、念願のパーゴラが完成致しました~!
まぁ、最終日は突然の雨に阻まれて、仕上げのペイントはまだ終わってないんですが、とりあえず、切ったり、打ったりは、これで終了です。めでたし、めでたし。
d0024111_2134070.jpg

それで終わりなの?という声も聞こえてきそうなくらいシンプルですが、これで終わりです。
壁とか屋根とか、付けられないことはないですが、そのあたりは、これから使いながら考えていくってことで。
すでに長男からは、「ブランコなんて、どう?」とかいうリクエストも出ていますし、クリスマスに向けてイルミネーションを付ける提案も出ています。家族の妄想は尽きないようで、作った甲斐があったかな。
ちなみに、なのだはハンモックなんぞを探してます。冬が来る前に、楽しめるといいなぁ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2013-11-06 21:45 | マイホーム
ダイヤフラム
「ダイヤフラム」ってご存知ですか? もともとは「横隔膜」という意味らしいのですが、いろんな工業製品でその名前を聞くことがあります。
その中でも「トイレのダイヤフラム」というと、世の中ではあるひとつの部品にたどり着くようです(笑)。それがこれです。

■TOTO ダイヤフラム部(洗浄レバー右タイプ) TH405S
d0024111_2143447.jpg


先日、うちのトイレの手洗い水が突然出なくなったのです。手洗い水が出ないということは、タンクに水が溜まらないわけで、その結末はご想像の通りです。現に、このトラブルの第一声は、「う○こが流れへーん!」という長男の叫び声でした。

で、このトイレのダイヤフラム、何をする部品かというと、タンクがいっぱいになるまで給水するためのバルブです。逆にいえば、タンクがいっぱいになったら給水を止めるという役割も担っているわけで、こんな小さなパーツなのに、結構大事な仕事をしています。
でも、「う○こが流れへーん!」の原因がこのダイヤフラムだということに至るまで、結構遠回りしました。「水が出ない」と聞けば、どこかが詰まってるんだろなと考えるのが普通で、トイレタンクのあちこちを分解する結果に・・・。とかなんとか言って、意外に楽しんでたという噂もありますが・・・。で、最後に、「これじゃね!?」って残ったのが、このダイヤフラムでした。
あとでググってみると、手洗い水が出なくなった場合の原因のNo.1に挙げられるほど、当たり前の部品だったようで、それどころか、TOTO特約店さんの中には、トイレ部品で売れ筋No.1にこのダイヤフラム挙げているお店もありました。でもなー、なのなー、メーカーはそれを「消耗品」と言うのかもしれんけど、そんだけトラブルの元になってるなら、消費者的には・・・う~んって感じやで。
とはいえ、TOTOのアフターサービスは結構しっかりしていて、特約店に行って、部品さえ手に入れば、交換の方法はWebでちゃんと解説されています。なので、何の問題もなく修理できました。

ちなみに、「TH405S」ではなく、「HH11113」という型番のダイヤフラムもあるようです。Amazonでは、「よく一緒に購入されている商品」に、この2つの商品が一緒に出てきます。写真で見る限りは、全く同じ形なのに不思議です。しかも、お値段が前者は700円くらいなのに、後者は1000円くらいなんです。不思議すぎます。
あまりに不思議なので、特約店さんに2つの違いを尋ねてみました。その結果・・・
「HH11113の方には、取説が付いています」
え? ということは取説が300円? いや、取説、Webで見れてるし・・・。よく一緒に購入されてるわけだし、不思議すぎて理解不能です(笑)。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2013-10-22 21:17 | マイホーム
パーゴラの骨格が完成
d0024111_234468.jpg
この週末は、あいにくのお天気でしたが、雨の合間を縫うようにパーゴラ製作に取り組んでいました。その結果、なんとか基本的な骨格の完成までこぎ着けました。

ここに至るまで、あっという間のことように書いてますが、深さ60cmほどの穴を掘って、モルタルを流し込んで、そこに柱を立てたり、既設のウッドフェンスを解体したり、ペンキを塗ったり・・・と、まあそれなりに段階を踏んでます。特に、まだ2本脚でしか立ってない状態のところに、台風がやってくるというので、急遽、仮設の筋交いを設けたりして、そこそこ手間がかかってます。
ただ、今回は、ご近所さんが丸のこを貸してくれたおかげで、切ることに関しては、結構手間が省けています。最初は、おっかなびっくりでしたけど・・・。

今後は、あと柱が4本と垂木が4本ほど追加される設計になってますが、ぼちぼち様子を見ながらアレンジしていくつもりです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2013-10-20 23:36 | マイホーム
ビッグプロジェクト第3段始動!
突然ですが、なのだ家のビッグプロジェクト第3段が始まりました。
今回のプロジェクトは『パーゴラ製作』です。ビッグプロジェクト第1段の『ウッドフェンス』が2005年夏、第2段の『ウッドデッキ』が2006年夏だったので、7年ぶりにDIYに没頭している今日この頃です。
d0024111_21572043.jpg
すでになのだの頭の中では、ウッドデッキの上にパーゴラが見えています。

ところで、今回のプロジェクト、なんと、ちゃんと図面を書くところから着手しました。実は、お仕事の関係で「Jw_cad」というフリーのCADソフトの存在を知ったのですが、これがなかなか秀逸でして、DIYレベルなら余裕で図面が書けちゃいます。
d0024111_2157535.jpg
ってことで、頭の中だけじゃなくて、紙の上でも一応パーゴラは完成してます。

d0024111_21573544.jpg
先週、本プロジェクトの最初のステップが完了しました。自作スコヤゲージの製作です。見ての通り、直角を測るゲージです。3辺の辺の長さが600mm、800mm、1000mmの三角形。ピタゴラス数ってやつです。
早速ウッドデッキのコーナーにあててみたら・・・・う~ん、このウッドデッキ、全然直角じゃなかったんだね~みたいな・・・・。見るんじゃなかった。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2013-10-14 22:52 | マイホーム
フリップダウンモニターを取り付けました③
モニター取り付け作業の最終回です。
自作アルミ板も無事完成し、ケーブルやコネクタ、ネジの類も揃ったところで、いよいよモニターの設置です。まずは、再びルーフライニングの取り外しから。2回目ともなると、手慣れたもんです。早い早い。でも、荒い荒い。次に、ケーブルを仮配線し、長さを見積もります。
d0024111_1827350.jpg
モニターから出た映像ケーブルと電源ケーブルは、運転席頭上で延長され、Aピラーの中を通った後、電源ケーブルはそのまま下に降りて運転席足元のヒューズBOXへ、映像ケーブルはダッシュボードの中を通ってナビの裏まで、というルートにしました。ナビには「ビデオ出力ハーネス」、ヒューズBOXには「オプションカプラ」を使用してます。ところで、この作業で、初めて電工ペンチなる工具を使いましたが、超~楽しい。やたらといっぱい端子を圧着したくなります。

もひとつ配線が残っていました。ルームランプです。モニターにはLEDのルームランプがビルトインされてて、ドアの開閉と連動させることが可能。ただ、面倒なことに、くるまの方の開閉信号はマイナスコントロールなのに、モニターの方はプラスコントロールになっていました。要するに、トリガーのONとOFFの仕様が反対になっているつーわけ。なんでやねん。ということで、エーモン工業の「出力変換ユニット」を間に噛まして、信号を反転させてやりました。

さ、じゃあ、あとは、アセンブルするのみ。
まず、梁にあった穴に、タップをたてます。
d0024111_1828272.jpg
このままブスッといったら、外板に穴があきます。お~怖っ(笑)。
次に、アルミ板をネジ止め。アルミ板に開けたネジ穴の位置があまりにもピッタリで、我ながらビックリです。魚拓をとって採寸した甲斐があります。
d0024111_18304699.jpg
ルーフライニングを元に戻した後、カッターで天井をザクザクと・・・もう元には戻れません・・・って戻る気はないんですが。そして、モニター取付用の鉄板をアルミ板にネジ止め。
d0024111_18315477.jpg
最後に、モニターをネジ止めして、ジャジャーン!
d0024111_18491362.jpg
横からも、ジャジャーン。
d0024111_18324693.jpg
後ろからも、ジャジャーン。
d0024111_18331752.jpg
この薄さが気に入りました。天井にピタッと貼り付いてるみたいでいい感じです。実は、ステップワゴン(RG系)は、運転席付近だけ室内高が高くなっており、天井に段差があります。なので、モニターの取り付け位置が前方に寄りすぎると、モニターと天井との間に妙なスペースができてしまいます。今回、アルミ板を自作するなど、わざわざ遠回りしたのは、そうならないようにモニターを少し後ろ寄りに取り付けるためでした。

もちろん、映像もルームランプもバッチリです。家族のインプレもそこそこ好評でした。
それにしても、くるまいじり、いろいろ勉強になりました。さ~、次はどこをいじろうかな。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-12-24 18:38 | マイホーム