カテゴリ:ファミリー( 102 )
by なのだ |
電子レンジでゆで卵!?
最近、巷で話題の「マルちゃん正麺」にハマってしまいました。
で、今日はその「マルちゃん正麺」の話・・・・ではなくて、「ゆで卵」の話。

以前から、インスタントラーメンにゆで卵は、不可欠なアイテムだと思ってるんですが、その一方で、ゆで卵を作るのって、結構面倒くさいと思っていました。主役のラーメンを作るのと同じくらいに手間がかかるし、時間はラーメン以上にかかるし、洗い物は増えるし、いつも「なんだかな~」と思いながら、ゆで卵を作っていました。

ところが、世の中探してみるとあるもんですね、便利なグッズが。
d0024111_2153790.jpg

これ、電子レンジでゆで卵を作るツールです。ご存知の通り、なま卵をそのまんま電子レンジに入れたら、トンデモナイことが起きます。電子レンジの取説にも、禁止事項のひとつに必ず挙がっています。
しかし、このツールを使うと、トンデモナイことにはならずに、10分ちょいでゆで卵が出来てしまうのです。その仕掛けは、容器に内張りされたアルミニウム。このアルミが、電子レンジのマイクロウェーブをうまいこと遮蔽することで、卵が直接加熱されるのを防ぐ仕組みです。下側の容器は、内張りがないので、そこに水を入れると、それが高温スチームになって卵が茹で上がるというわけです。

まさに、コロンブスの卵的発想・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-10-01 21:56 | ファミリー
母校の文化祭に行って来ました
突然の思いつきで、やっち(長男、小5)と2人で、なのだの母校の文化祭に行って来ました。
d0024111_22285311.jpg
母校と言っても場所は福岡なので、思いつきやそこらで簡単に行けるところではないのですが、やっちをダシに使って、ままっちを説得し、出発前夜に決断したという超土壇場の飛び込み企画です。

20数年ぶりに訪れた母校は、大きく様変わりしたところもありますが、やはり懐かしいのひと言につきます。ましてや、高校の3年間、これにすべてを費やしたといっても過言ではない行事ですので、懐かしさの中にもいろいろな思いが交錯します。さしずめ、映画『ニューシネマパラダイス』のサルヴァドーレが故郷の村を訪れるあの感動的シーンといったところでしょうか(笑)。いや、でも、隣にやっちがいなかったら、ホントに涙を流していたかも知れません。ってのはウソです。

で、今回の訪問で一番見たかったのがこれ。
d0024111_22313687.jpg
その名も「大壁新聞(おおかべしんぶん)」。縦12m×横8mのこの超巨大壁新聞、素材はなんと模造紙です。もちろん、タネも仕掛けもありまくりですが、それは造った人と見た人だけの秘密・・・。文字はすべて手書きでレタリングされています。かつては新聞部の定番パフォーマンスでしたが、廃部となった今は1年生3クラスの合作という形で歴史が引き継がれているようです。

一方、やっちのツボにはまったのがこれ。
d0024111_23363153.jpg
「リアルポケモンバトル」です。好きなポケモンを選んで、好きな技を繰り出す・・・これを、着ぐるみを着た高校生がやってくれるという企画。もちろん、選べるポケモンも繰り出す技も、予め選択肢が限られていますけど。ちびっ子達のために献身的なバトルを繰り広げる高校生の姿が、妙に印象に残りました。

他にも、文化部の作品展示や、お化け屋敷、巨大迷路、巨大すごろく、ファッションショー、スポーツテスト、演劇、バンド演奏、吹奏楽、喫茶店などなど・・・。なのだの時代から自由な校風が特徴の高校でしたが、当時にも増して自由な雰囲気を感じたそんな一日でした。みんなが真剣だし一生懸命。でも、楽しそう。若いっていいなぁ。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-05-29 00:00 | ファミリー
いぬのなきべそ
d0024111_7571781.jpg
そういう名前の植物なのかと思われるかも知れませんが、写真とタイトルとは一切関係はありません。なんの話かというと・・・・言い間違いの話。
やっち(長男、小5)との会話から。

やっち 「今日な、学校で、ココをバーンってぶつけてん。」
なのだ 「うわっ、痛そうやなー。」
や 「めっちゃ痛かったでー。」
な 「で、ソコ、なんて言うんやったっけ?」
や 「えーと、えーと・・・・」
な 「覚えてへんの?」
や 「あ、『いぬのなきべそ』や!」


何それ?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-05-23 08:01 | ファミリー
たかがキッチンタイマー
・・・されどキッチンタイマーのお話。
長年使ってきたキッチンタイマーが行方不明になりました。キッチンタイマーなんて、冷蔵庫の扉に貼りついたままで、どこかに行ってしまうなんて俄かに信じがたい話ですが、子供の宿題に何度も借り出されているうちに、いつのまにかいなくなっていました。
無いなら無いで、タイマーの替わりなんて身の回りには山ほどあるので、日常生活に支障を来たすこともないのですが、やっぱり、あのとことんまで削ぎ落とされたユーザーインターフェイスに敵うものはなく、なんとなく物足りない日々を送っていました。そんな中、こんなキッチンタイマーを発見しました。即買いです。

■無印良品 ダイヤル式キッチンタイマー
d0024111_20321993.jpg
大きな液晶にボタンが2つ。しかも、ボタン表示がなかったらボタンかどうかも分からないくらいシンプルなデザインです。でも、これでキッチンタイマーの役割を果たすには、ボタンが足りない・・・。時間のセットは?
実は、本体そのものがダイヤルになっていて、クルクルクルっと回すと、液晶の時間がテケテケテケっと変わってくれます。ダイヤルはクリック感のある回り具合で、時間を10秒ずつ変えることができます。START/STOPやRESETのボタンもクリック感があって、とても操作しやすいです。究極まで削ぎ落とされたユーザーインターフェイスに、ちょっと感動しました。
ちなみに、『00:00』の状態から、STARTを押すとカウントアップが始まります。「10分間煮込んで、A液を入れたら5分撹拌し、次にB液を入れて30分間冷蔵庫で冷やします。」みたいなときに便利です・・・って、もはや料理じゃないかも。

おっ、タイマーが呼んでいる。「どん兵衛」ができたみたい。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-04-13 20:35 | ファミリー
ぶらり北野天満宮詣で
d0024111_22584282.jpg
北野天満宮に行ってきました。ままっちの提案で。
当たり前なのかもしれませんが、太宰府天満宮とオーバーラップするところもあったりなんかして、初めてなのになんか懐かしい。
d0024111_2334631.jpg
太宰府の飛梅は、先週開花したらしいですが、こちらもちらほらと咲き始めていました。言い伝えによれば、この辺りの梅が、一夜にして太宰府まで飛んでいったわけで、シンクロしてたりして。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2012-02-14 23:39 | ファミリー
松本城
d0024111_1910910.jpg
今は昔。
すっかり更新が遅れてしまいましたが、『松本城』に行ってきました。
正確には、ままっちの提案で、諏訪湖・松本旅行に行ってきたのですが、その実態は『神様のカルテ』ロケ地巡りが随所に織り込まれた巧妙なプランニングに、家族が付き合わされた格好です。
ただ、松本市街の至るところに、『神カル』のポスターが貼ってあったり、観光協会からロケ地案内のパンフが配られたりして、その気がなくても『神カル』とは切っても切れない雰囲気でした。
それがいいのか悪いのかは別にして、なのだも『神カル』は読んだし、その影響で松本にも少し興味が湧いてたので、それなりに楽しい旅行でした。
それにしても、松本城は画になりますな。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-10-29 19:10 | ファミリー
笑えそうで笑えない
d0024111_2193112.jpg
自転車も乗ってますが、釣りにも行ってます。あれから週末は欠かさず。我ながらこのハマりっぷりにはビックリです。

でも、釣れるのは、相変わらずイワシとアジ。市場に行けば、持ってけドロボー的な値段で売られているようなサイズだし、エサ代のことを考えれば採算が合っていないのは明らかなんですが、でも、なんだか楽しい。何がどう楽しいかって言われても、まだよく分かりません。ただなんとなく『福引き』の感覚に似てるかなと。エサ代を払って、釣り糸を垂らして、運がよければ当たりが出るかな・・・みたいな。時には、仕掛けごと地球に奪われ、大はずれってこともありますがね。

でも、そんな楽しい釣りも、ひとつだけイヤなことがあります。それは『糸絡み』です。それも決まってやっちの竿で。「えー?また絡んじゃったの?やれやれ・・・」ってな感じです。で、その対策になるかどうかは分かりませんが、やっち用にリールを買い変えてみました。ぶっちゃけ、名前で選びました。なんとなく入門用にはよさそうな気がして。
d0024111_21101651.jpg

ところで、話は全然変わるのですが、「月」の話。Septemberではなくて、Moonの方。
先日、やっちのクラスで「月の観察」の宿題が出たんです。「6時から9時まで、1時間ごとに月の観察をしてください」と。
6時になって、やっちが騒ぎます。「月が見えないよ~」と。
7時になって、またやっちが騒ぎます。「また、月が見えないよ~」と。
で、念のため、月の出の時刻を調べてみたら、なんとその日の月の出は9時過ぎでした。
「先生には『見えなかった』と言っておけばいいじゃん」ということで、その日は治まりました。

そして、数日後、また、同じ宿題が出ました。観察の時間も同じです。
一応、月の出の時間を調べてみました。「え!? 今日は真夜中ですけど・・・」。
しょうがないので、次の日、月の出と月の入りの時刻が書かれたカレンダーを印刷して、先生に渡すよう、やっちに言いました。

それを見た先生、「月は、夜になったら出るんもんだと思ってた」だと。天動説か!?
笑えそうで笑えない話でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-09-29 21:15 | ファミリー
サビキ、始めました
「釣りに行きたい!」。
やっち(長男、小4)が、こんな言葉を口にするようになりました。
と言われても、なのだも釣りらしい釣りは、小学生以来の話で、この熱烈な誘いに少々困っていました。
ちょうど盆休みに福岡に帰省った時、じいちゃんを師匠にして、2人とも釣りの手ほどきを受けました。
d0024111_1728958.jpg
それからというもの・・・2週間に1回は釣りに出かけるというはまりっぷり。
先々週はアジ、アジ、アジ、今週はイワシ、イワシ、イワシでした。
小物ばかりですが、自分で釣った魚を肴に、飲んだくれるのは、結構楽しい。
d0024111_17301392.jpg

いつもなら何を始めるにも、道具から入るタイプなんですが、今回釣りはたった数千円でスタート。
サビキ釣りなら、初心者でも簡単ですね。
でも、釣具屋さんって、自転車屋さんより、楽しいかも・・・。やっぱり道具に走りそうな予感。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-09-11 17:30 | ファミリー
佐用町と言えば
ここんところ、ゆうちゃん(長女、中1)が週末も部活だったりして家族全員が揃うことがめっきり減ったのですが、この日曜日は部活もお休みということで、無理矢理、家族を連れて出かけて来ました。
d0024111_22284233.jpg
目指したのは、佐用町。そう、ひまわり畑です。
時期的にちょっと遅かった感はありますが、それでも遅咲きのエリアでしっかり元気なひまわりを見ることができました。うちのお庭で見るひまわりもいいですが、やっぱり視界を埋め尽くすほどのひまわりは、見応えがあります。
そして、佐用町と言えば忘れてならないのが、これ。
d0024111_22291961.jpg
ホルモン焼きうどんでしょ。4人前がのった大皿を家族みんなで奪い合うようにしてたいらげました。B級グルメ、万歳!

その日の夜、塾の宿題を前に、遅くまで机に向かうゆうちゃんの姿。あ~、遊んでる場合じゃなかったのね・・・。家族サービスのつもりが、逆に子供に付き合ってもらったことに気付く・・・。ちょっと反省。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-08-08 22:38 | ファミリー
おつげ
この週末は、なのだ家の周辺も、もちろん雨、雨、雨。

そんな中、ちょっといいことありました。
朝食を食べながら、やっち(長男、小4)が言いました。

  やっち 「今朝さ、変な夢見た」
  なのだ 「変な夢って、どんな?」
  や 「パパがな、宝くじ当たるねん」
  な 「おっ、全然、変な夢ちゃうやん。で、いくら?」
  や 「150円」
  な 「安っ!」


という感じ。
ここで話が終わっちゃ、いいことでもなんでもないわけで・・・・。
宝くじがどういうものかさえ知らないんじゃないかとも思えるやっちの口から、こんな話が出てくると・・・・なんて言うか、ほら、まあ、誰でも思いますよね・・・もしかして、神・の・お・つ・げ!?って。

そんでもって、こういう時にまた都合よく、机の引き出しに宝くじが10枚、眠っていたりするんですよねー。しかも、まだ当選番号も見ていなけりゃ、封もきっていないし。

もうほとんどネタばれですけど・・・すぐに宝くじ屋さんに直行。
宝くじ屋さんの前で、一瞬、凍り付く・・・。
いや、凍り付くほどの金額じゃないですけど、ちょっと寒気がしました。
d0024111_2131403.jpg

なー、なー、やっち、次のお告げはいつ?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2011-05-31 21:31 | ファミリー