カテゴリ:ポタリング( 121 )
by なのだ |
秋だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(後編)
2日目。やっち(長男、中2)は「お尻が痛い」らしい。ぎゃははは、それ、サイクリストの洗礼ってやつ? しかし、なぜか湿布なんぞを持参しており、ひとりでワーキャー言いながらお尻に湿布を貼ってました。さらにレ―パンの中にタオルまで忍ばせ、やる気は十分の様子。ついでに少しサドルの角度を変えてやったら、全然OKとのこと。なんとも頼もしい限りです。

1日目でしまなみ海道を完走してしまったので、2日目の予定は特になし。今治のホテルを出て、とりあえずフェリー乗り場に行ってみましたが、弓削島に向かうフェリーまであと1時間半もあると伝えると、「だったら走るっしょ」だと。とりあえず来島海峡大橋を走ることにしました。
d0024111_20311197.jpg
朝方の来島海峡大橋は気持ちよすぎです。いい選択だったとふたりで顔を見合わせます。1本目の橋を渡ったところで、やっちの発案で馬島に降りてみました。エレベータでガーッと島に降りて、軽く一周。橋を下から見上げる景色はなかなか迫力があります。
d0024111_20403314.jpg
帰りのエレベータに乗ろうとした時、ポツポツと雨が降ってきました。降水ナウキャストによれば、雨は20分ほどで上がる模様。同じエレベータに乗り合わせたローディの方々にも「待った方がいい」と伝えたのですが、振り切って出発してしまいました。一方、我々は雨対策をしながら、橋の下で雨宿り。そのうち景色が真っ白になるくらいに雨が強くなり・・・言わんこっちゃないよなぁと。
d0024111_22383758.jpg
通り雨をやり過ごし再スタート。天気も回復傾向で気持ちの良い1日になりそうです。とりあえず伯方島を目指します。上り坂でやっちに置いて行かれる構図はもはや定番となってきました。我が子の成長を喜ぶべきか、我が身の衰えを悲しむべきか複雑な心境・・・・。

伯方SCパークまで来たところで、昨日のルートを戻るのも芸がないということで、ここからはバス輪行で瀬戸田パーキングエリアまで一気にワープ。瀬戸田PAからは、なのだもまだ走ったことがない生口島の東海岸を走り、因島に上陸。
d0024111_20352687.jpg
その後、土生港→生名島までフェリー。ゆめしま海道をちょこっとだけ走って、生名島から因島重井港まで再び船で移動し、尾道を目指します。向島も行きとは反対の東ルートを走ったものの、上り坂でギアをかけてダンシングで上っていくやっちに全く歯が立たず、山頂ゴールよろしくピークで1番のポーズを浴びせられた日には、父親のプライドはズタズタです(笑)。
d0024111_2037935.jpg
そんなこんなで、無事に尾道に到着。朱華園で待望の尾道ラーメンを食べ、今回の旅を締めくくりました。

息子とふたり旅は、なのだにとって貴重な体験だったことは言うまでもありません。それよりも、なのだがランドナーを手にして自転車の世界に足を踏み入れたのが中3の時。我が息子というより、ひとりの少年として、今回の旅がなんらかの影響を与えるような気が・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-10-13 20:46 | ポタリング
秋だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(前編)
「今度の連休、部活も塾も休みやねんけど。。。。」
やっち(長男、中2)のふとしたひと言がきっかけとなり、親子ふたりで『しまなみ海道』を走りに行ってきました。
d0024111_15332752.jpg
やっちとふたりでポタるのは何年ぶりだろ!?っていうくらい久々ですが、それよりもやっちがしまなみを走るのがなんと8年ぶり。あの時は、尾道を出発して2kmでリタイヤしたんだっけ・・・まだ5歳だったしね。あのやっちが「今治を目指すぞ!」って・・・月日が経つのは早いもんですね。うるうる。
d0024111_15255210.jpg
尾道を出発した後、はっさく屋、ドルチェなどのチェックポイントをなんなくクリアし、快調にペダルを進めます。1日目は大三島か伯方島くらいまで走った後、船かバスで宿泊地の今治まで移動する予定。1日で70km走破するのは、やっちには無理だと思うので。2日目は反対に今治から走って、途中から船かバスで尾道に戻る予定です。生口島はみかんの実がたわわ。まだまだ青いけど。どこからともなくキンモクセイの香りが漂ってきます。
d0024111_15525789.jpg
今回は、なのだのFRETTA-Tをやっち用に少しチューニングし、なのだはままっちのPacific-18で臨みました。やっちに言わせると、普段乗っている自転車より軽くて調子がいいとのこと。貸すだけだからな(笑)。ところで、大三島から伯方島に渡る橋に向かって坂を登るあたりから、ちょっと気になることが・・・「なんだか、やっちの方が速くね!?」。
d0024111_1610116.jpg
っていうか、坂を登りきってみると、こんなに差がついてるやん!この後の、伯方・大島大橋もやっぱり登りになると、やっちがすぅ~っと前に出て行きます。大島にある2つの峠でもやっぱり同じ。軽いギアでクルクル回しているなのだを尻目に、重たいギアでガシガシと登っていくやっち。
d0024111_1619242.jpg
っていうか、もう大島の南の端だし。あの橋、渡ったら今治だし。

ということで、1日目で何事もなかったようにしまなみ海道を走破。70kmとちょい。どうやら中2の体力を甘く見すぎてたかも!?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-10-12 16:22 | ポタリング
あらぎ島ポタ2015
田植えシーズンのあらぎ島を見てみたい。
そんな衝動に駆られて、久しぶりにあらぎ島を訪れました。
d0024111_11445850.jpg
ブログをさかのぼると、2008年2012年にあらぎ島にポタった記録がありました。とかなんとか言って、先ほどその記録を見て気付いたのですが、2008年に訪れた時も、しっかり田植えシーズンでした。あの時、田植え中のあらぎ島をこの目に焼き付けてきたはずなのに、7年も経つと、そんなことはすっかり忘れ、それどころか、「是非一度見てみたい」という欲求に変わっているなんて・・・。ボケ過ぎやろ。
d0024111_11485945.jpg
例のごとく、南海高野山駅までは輪行です。高野山は今、開創1200年の記念でいつも以上に賑わっています。いずれ高野山もしっかりと観光せねば・・・。
d0024111_1159332.jpg
相変わらず気持ちのいい道です。ずっと川と一緒です。川はすぐ横に流れている時もあれば、ずっと下の眼下を流れている時もあります。つまり、このルート、基本は下り基調ですが、ちょこちょこと登り坂もあるということ。以前ここを走った時は、登り坂はそんなに気にならなかったのですが、今回は登りがちょっとストレスでした。昔より体力が落ちてるんでしょうかね。
d0024111_12412329.jpg
川のあちこちで、鮎釣りを楽しんでいる姿を目にしました。水が少なくて、あんまり釣れている感じではなかったですが・・・。でも、皆さん、上から下までバッチリ決まってたのが、妙に印象に残りました。
d0024111_1247536.jpg
余計な観光施設もコンビニもないし、いつ来てもここは昔のままの景色です。かといって、単調な景色ではなく、変化に富んでいます。野猿に遭遇するというハプニングもあったし。なのだにとっては、理想的なポタルートです。何度も訪れたくなる理由は、きっとそういうところなんだと。
d0024111_12562128.jpg
今回のゴールは、湯浅。そう、お醤油の町です。で、定番の醤油ソフトを頂きました。セルフで、追い醤油もOKということだったので、たっぷりとかけてみました。どんな味になったかというと・・・・あ、そっか、みたらしソフトか・・・。でも、うまいっ!

過ごしやすい季節というのもあって、最高のポタリングでした。ただ、青空の下のあらぎ島には未だめぐり合えていないので、次回はそれを目指して再訪したいです。

d0024111_13273723.png
ルートラボで見る





 
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-05-24 13:11 | ポタリング
京都御土居ポタ
京都の『御土居(おどい)』を目指してポタってみました。これは名物の『御土居餅』。
d0024111_21331152.jpg
御土居の存在を知ったのはつい先日のこと。知るきっかけになったのはNHKの『ブラタモリ』です。「地形」に対するタモリさんの目線には共感するところが多く、また、ポタリングの楽しみ方にも通じるものがあります。今回のポタは、京阪出町柳駅をスタート地点に、途中、鷹峰(たかがみね)の御土居を見物して、嵐山をゴールにしました。ざっくり言うと、京都の北の方を東から西にガーッと走るイメージです。

まずは下鴨神社に参拝。今月下旬に正遷宮が行われるらしいです。続いて、賀茂川を遡上。まだ桜が咲いてました。青空をバックに桜を撮ったのは今年これが初めて。
d0024111_21344792.jpg
上賀茂神社にも参拝したりなんかして、その後は西へ西へ。激坂を越えたり、住宅街を抜けたりした末、なんとか鷹峰に到着しました。その途中、モールトンに乗った外国人に遭遇。4週間のバケーション→オーストラリアから飛行機輪行→今は美山からの帰りだそうです。何もかもが羨ましい~。
d0024111_21354328.jpg
鷹峰街道を下っていくと御土居がありました。手前の桜が植わっている土手が御土居です。ちなみに奥に見える山は、花札の坊主のモチーフになった山だそうです。
d0024111_2146535.jpg
鷹峰街道から逸れて、御土居だったはずのところを横切って、谷を渡り、鏡石通に出ました。なかなか雰囲気のある道です。
d0024111_21535560.jpg
この後、金閣寺の前を通過して、きぬかけの道をひたすら走りました。車が多いです。竜安寺や仁和寺などをスルーして、広沢池で曲がって田園風景の中へ。こういう景色、ホントにすきだなぁ。人も車も少ないし。
d0024111_2282378.jpg
大覚寺もスルーして、嵯峨鳥居本というところまでやってきました。いわゆる京都とはまた違う雰囲気ですね。
d0024111_22122350.jpg
静かな街並みです。
d0024111_221346100.jpg

そして、嵐山でゴール。
景色が変化に富んでいて、なかなかポタでした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-04-19 22:41 | ポタリング
京都大原ポタ
朝目覚めたら、殊の外よいお天気だったので、FRETTAを持って輪行することに。
d0024111_19115642.jpg
目的地は、『大原』。大阪市内で電車を乗り換えて、京阪電車で『出町柳(でまちやなぎ)』まで行き、そこから『三千院』までポタることにしました。
d0024111_1911853.jpg
R367は交通量が多くて、我慢の上り坂が続きますが、たまに現れる旧道に入ると、そこは絵に書いたようなポタ道でした。
d0024111_19112167.jpg
両岸は桜並木です。桜が咲くと、息を呑むような景色に一変するのでしょうね。
d0024111_19113050.jpg
いや~、こういう景色、好きです。




d0024111_19114158.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-29 19:13 | ポタリング
春だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(後編)
さてさて、男三人自転車しまなみの旅の2日目。前編はこちら
旅館で朝ごはんを食べながら、3人でその日の行き先を相談。というか、この時間になっても行き先が決まっていないところが、いかにも我々らしい。で、なんとなく目的地が決まったので、荷物をまとめて旅館を出発しました。『船折瀬戸』の流れはいつ観ても川のよう。渦が生まれては消えていく様子にしばし見とれてました。
d0024111_22111738.jpg
渦に見とれているうちにいつの間にかウトウトしてきて、気が付いたときは伯方島を抜け出し、大島の『亀山』バス停にワープしてました。不思議です(笑)。
d0024111_222420100.jpg
亀山からちょこっと坂を上って下ると、「よしうみいきいき館」に到着。今日の最初の目的地、来島海峡大橋が見えてきました。やっぱり、この天空の道を走らないとね。
d0024111_22113514.jpg
あいにくの曇り空でしたが、来島海峡大橋からの瀬戸内の雄大な景色を堪能しつつ、『サンライズ糸山』に到着しました。この日、『しまなみ縦走』なるスタンプラリー系のイベントが開催中で、サンライズはもちろん、コース上にもサイクリストが大勢いました。ちなみに我々は参加してません。
d0024111_22115245.jpg
サンライズで小休止の後、再び、来島海峡大橋を走って戻ることに。たくさんの老若男女が、ある時は抜きつ抜かれつ、ある時は隊列をなして来島海峡を渡ってました。恐らく、皆さん尾道を目指しておられるのかと。頑張れ~。そうじゃない我々は、まあ気楽なもんです。
d0024111_2212731.jpg
再び大島に戻ってきたところで、またまたワープ。ワープというのは実はバス輪行。前回のしまなみですっかり味を占めてしまいました。でも、小径車でしまなみを楽しむなら、船とともにこのバス輪行はお勧めです。「走りたいところをのんびり走る」。
d0024111_22122330.jpg
バスで大島を抜け出し、伯方島を通過し、大三島に到着。バス停で再び自転車を組み立てて、多々羅大橋を渡り、あっという間に生口島に到着です。
d0024111_22123830.jpg
「ザ・生口島」って感じの景色。
d0024111_22125335.jpg
実は、生口島から、『高根島』に渡って一周しようという話だったのですが、なんと高根島のあの素掘りのトンネルが拡幅工事中で、一周できないのだとか。一周できないのは残念だったけど、あの素掘りのトンネルがなくなってしまうのもちょっと残念。
高根島一周を諦めて、一路、尾道を目指すことに。
d0024111_2213976.jpg
前日、東側を走った向島は、今度は西側ルート。時計回りが鉄則だし。夕暮れ時の海がきれいでした。時間が許せば、このまま日没まで眺めていたい・・・。
d0024111_22132340.jpg
そして、渡船でゴールの尾道へ。どうです、この混みっぷり。サイクリストだらけ(笑)。
d0024111_22134135.jpg



ということで、たった2日間だったけど、天気にも恵まれ、最高の自転車旅でした。あまりにも楽しかったので、社会復帰できるか心配。
d0024111_22135397.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-24 23:30 | ポタリング
春だ!ポタだ!しまなみ海道だ!(前編)
全国的に春の陽気に恵まれたこの週末、ちょっとポタってきました。目的地はというと・・・もはやこの写真で説明は不要かと思いますが、そう、『しまなみ海道』です。
d0024111_13193032.jpg

なのだ的には3年ぶり3回目のしまなみ海道。メンバーは、先日来琵琶湖や加太にご一緒させてもらっているBirdy3兄弟です。新大阪から『こだま』の始発ですと尾道駅の到着は朝の9時過ぎ。今更ながら「近っ!」。
d0024111_1320723.jpg
まずは渡船で向島へ。この景色、この音、この匂い。「しまなみに来たんだな~」と、しみじみ。
d0024111_13204548.jpg
向島に上陸後、ブルーラインを外れて、向島の東側を回ってみました。
d0024111_13211628.jpg
東側ルートは、いろんな方がお勧めされている通り、西側ルートより長閑で「島に来た」感が味わえます。「島は時計回りで」というサイクリングの鉄則通り、水辺側を走れるところもいいですね。
d0024111_13213424.jpg
因島に渡り、『はっさく屋』さんに立ち寄った後、お店の横の坂をツーっと下って、因島も時計回りで走ってみることにしました。しかし、それがとんでもないことに・・・。
d0024111_1322465.jpg
因島の東側ルートは車が少ないところはGoodですが、その代わりに坂が2本。それが結構歯応えありまくりで・・・。しかも、その2本目のピークを迎えようという時に、dai-5さんのサドルに衝撃的な出来事が・・・。なんと、サドルレールが破断してしまったのです。よりによって、しまなみ海道の、島の裏側の、峠のピークで、天下のBrooksが・・・ですよ。dai-5さん、やっぱり持ってます。応急処置でなんとか土生に到達。

土生といえば『いんおこ』。お好み焼きの『越智』さんを訪れました。ミーティングテーブルのような鉄板の正面に女将さん。女将さんを中心に6~7人が座るスタイル。のしイカの風味がアクセントであっさり味。何枚でもいけそうです。うまかった~。
d0024111_13222780.jpg
お腹が膨れたところで、フェリーで土生港から生名島の立石港へ。いわゆる『ゆめしま海道』を目指します。ちなみに、dai-5さんのサドルは、土生の自転車屋さんにて無事にリプレースされました。
d0024111_1332142.jpg
ゆめしま海道は、生名島、佐島、弓削島の3つが橋でつながっており、サイクリングコースになっています。もちろん、しまなみよりも車も自転車も少なくて「島に来た」感たっぷりです。
d0024111_13352543.jpg
その後、弓削島にあるインランド・シー・リゾート・フェスパへ。ちょっと高台にあるので、ここからの眺めは最高です。本日の締めはここの日帰り温泉。しまなみっぽさはないですが、高級リゾートという非日常にうっとりです。
d0024111_13381082.jpg
宿泊先の伯方島までは、弓削港から高速船で約30分。
d0024111_13431411.jpg
この夜、旅館で「これでもか!」というくらいの魚介料理を頂き、1日目の工程はこれにて終了です。
後編につづく
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-22 23:30 | ポタリング
男三人加太ポタ
こんなによい天気に恵まれるとは・・・・。
d0024111_22501185.jpg
お久しぶりです。ご無沙汰しております。だいぶ暖かくなってきましたね。
いよいよポタの季節ってことで、男三人で加太までポタってきました。
当初は、街道を走って、クラムチャウダーとあげパンを食べに加太まで行こうという話だったのですが、途中から街道を外れて、美味しいパン屋さんを紹介してもらったり、新しいルートを教えてもらったりと、いい感じのぶらりポタになってました。もちろんクラムチャウダーもあげパンも食べましたけど。

で、クラムチャウダーあげパンは、むかしこのブログで紹介したのでそれは置いておいて、今回は、途中で立ち寄ったパン屋さんの話。かなり人気があるようで、お店の中はお客さんでいっぱい。ただ、レジの行列が店内をグルッと一周しており、レジの列に並んでいれば自動的にひと通りのパンの前を通る仕組みはとっても合理的。でも、パンと見つめ合う時間が長いので、おいしそうと思ったパンには、たいてい手が伸びてしまいます。目移り注意です。
パン・オ・ショコラにはちょっとうるさいなのだですが、ここのパン・オ・ショコラはかなりヤバいかも。リピート間違いなしです。ちなみに、小さなイートインスペースとテラスがあり、コーヒーも無料で頂けます。

■gland glouton
d0024111_23491549.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-03-08 23:52 | ポタリング
大阪城ポタ
普段は味わえない非日常を求めて、大阪国際女子マラソンで交通規制されている大阪市内をポタってきました。マラソンじゃなくて、交通規制を見に行くというのは、我ながらかなりひねくれてます。
天王寺から走り始めてしばらく行くと、桃谷あたりでマラソンコースにぶち当たりました。そこからはただひたすらマラソンコースに阻まれながら、北上するだけというおまぬけなポタでした。ただ、警察官に促されて面倒くさそうに進路を変えていく車たちや、迂回路で大渋滞する車の列を横目にのんびりと自転車を走らせるというのは、どことなく優越感があって、それはそれで楽しい。あ、やっぱひねくれてますかね!?

そして、いつのまにか大阪城に到着。もしかすると、FRETTA-Tで大阪城に来たのは初めてかも。外国の方が意外に多いです。下手すると、日本人より多いんじゃね。
d0024111_21141899.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2015-01-25 23:30 | ポタリング
マキノ~長浜ポタ
会社にBD-1オーナーがひとり増えたのを記念して、dai-5さんと3人で、琵琶湖をポタってきました。琵琶湖も久しぶりだけど、男三人自転車旅も久しぶりやな~。

スタート地点のJRマキノ駅・・・と、その前に、ここに来るまでの新快速がすごかった。大阪駅で乗り込んだ先頭車両には、自転車が7、8台あったかな。ほぼサイクルトレイン状態でした。輪行では、先頭車両か最後尾に乗るのが鉄則ですが、ここまで自転車だらけになると、かえって一般のお客さんに迷惑ですね。
さてさて、一番右に写っているのが、GraphiteカラーのBD-1 Classicです。い~な~、新車。パッと見では分かりにくいですが、同じところがほとんどないくらいに設計が変わっているんですよ。
d0024111_2148318.jpg
マキノといえばメタセコイア。実は初めて訪れました。周りが開けていて人工物が少なく、なんとなく高原リゾートっぽい雰囲気があります。並木道は思っていたよりも長くて、走り甲斐がありました。
d0024111_21484536.jpg
そして琵琶湖です。休憩の度に、BD-1 Classic談義に花が咲きます。「やっぱホイールかな」「いやいやまずはペダルでしょ」って、もうパーツ交換の話かい!
d0024111_21485470.jpg
遥か前方を快調に走る二人(笑)。
d0024111_214922.jpg
で、JR長浜駅でゴール。駅近くの洋食屋さんで近江牛のハンバーグを食べたんですが、気がついたら写真を撮る前に食べてました。
d0024111_21491268.jpg


で、長浜駅から電車に乗り、帰路につくのかと思いきや・・・近江八幡駅で電車を降りて、また自転車を組み立てて、お店まで一直線。
d0024111_21491999.jpg
バームクーヘンを買って、駅に戻り、再び自転車を折り畳んで・・・・。バームクーヘンのために、どんだけ情熱注いどんねん!

この日、ほとんど風がなかったのは、本当にラッキーでした。琵琶湖の風は大敵ですからね。日焼けするくらい天気もよかったし。
次はどこいこ!?
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2014-11-17 23:18 | ポタリング