ヴァントゥー、ヴァントゥー、ヴァントゥー!!(その3)
なんとかたどり着いた中腹のレストランで、フランスパンのサンドイッチにかぶりつきながら、この先、進むべきか、あるいは戻るべきかを考えてました。
その時、目に留まったのがこの標識。
d0024111_6344225.jpg
「6kmか・・・」。これを長いと見るか、短いと見るかは、坂道だけに難しい選択ですが、日本からこのVentouxの山頂までの距離に比べれば、あと6kmというのは無視できるほどに近く、それに2度とやってこないチャンスのような気がして、気持ちだけは完全に山頂を目指すモードに切り替わってました。あとは身体だけ・・・。とりあえず、水を補給してヒルクライム再開。
d0024111_6372293.jpg
そ、それにしても、坂が厳しいです。1kmごとに休憩しているような有様。途中、こんなものを見つけたりして、少し元気が出ます。が、でもこれ、「マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ」じゃなくて「マイヨ・ルージュ・ア・ポワ・ブラン」ぢゃねーか!と、ひとり道路に突っ込みを入れる自分。
d0024111_6584297.jpg
そしてだんだんと頂上が近づいてきました。ちょっと目頭が熱くなってきたりして・・・。
d0024111_644795.jpg
それにしても、荒涼とした景色です。誰かが「月面のようだ」と言ってましたが、正しくそんな感じです。
d0024111_6465847.jpg
そして、そして、ついに・・・
d0024111_721336.jpg
頂上に着いた瞬間、途中、追い越しざまに声をかけてくれたサイクリストが、待ち構えてくれて、ガッツポーズで出迎えてくれました。他にも、「Mini Velo・・・Mini Velo・・・」と声をかけてくれる方や、FRETTA-Tの写真を撮っている方など、なんかとても珍しがられているような・・・(思い込みかもしれませんが)。で、お互いに写真を撮ったり撮られたりしながら、山頂でのひとときを過ごしました。

ちなみに、麓のベドインからの23kmを休憩も含めて、4時間半もかかりました。これ、正直、かかりすぎです。ま、せいぜい2時間半くらいで登るべきところらしいです。
そして、帰りは23kmを一気に下って、あっという間の30分。でも、30分も下りっぱなしというのも、なかなかできない経験です。右側通行でダウンヒルは慣れてないので、結構怖かった~。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-07-16 07:05 | フランスポタ
<< ヴァントゥー、ヴァントゥー、ヴ... ヴァントゥー、ヴァントゥー、ヴ... >>