カランクとラベンダー畑の欲張りツアー
今日は、自転車はお休みして、会社の仲間とプロヴァンスのツアーに出かけました。
目的地は、以前も行った港町カシ(Cassis)と、ヴァントゥー山の麓村ソー(Sault)です。
d0024111_4452071.jpg
まずは、標高399mのカナイユ岬を訪れます。ここはまさに地の果てというべき、断崖絶壁。足の下の岩はほぼ垂直に地中海に突き刺さっています。高所恐怖症のなのだは、ちょっと苦手な場所でした。
d0024111_4504342.jpg
続いて、船を貸しきってカランクツアーへ。この季節には最高のツアーです。シャンペンなど傾けながら、優雅(?)な船旅でした。
d0024111_4512349.jpg
船からの眺めには、雄大な白い絶壁の景色に混じって、海岸にはトッ○レスな女性や、なんとナチュラ○ストな方々までいらっしゃったりして・・・文化の違いをまざまざと見せ付けられました。
d0024111_4525167.jpg
その後は、地中海を離れ、一路ヴァントゥー山の麓村「ソー」へ。ラベンダー畑を渡る風がとても気持ちいい。
d0024111_4544211.jpg
ソーの村を上から眺めた景色はまた格別。延々と続くパッチワークのようです。ちなみに、この左に写っている道路が、ツールドフランスの第20ステージのルートで、ヴァントゥー山への登りが始まる少し前の場所にあたります。車は、途中までレースのコースとなる道路を走って帰ってくれましたが、なのだひとり、ちょっと興奮気味な帰り道でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-07-06 04:59 | フランス生活
<< 街がエライことになってます ローヌ川夕涼みポタ >>