主張はないですが個性的なバイクたち
来週の半ばにはようやく帰国できそうな雰囲気になってきました。
が・・・その一方で、6月末くらいにはもう一度ここに来るという噂も・・・。
そういえば、ツールドなんとかって、かの有名なあのレースって、7月初めだった気が・・・これはもしかして・・・。おぉ神よ。

ところで、日本ではすでに桜は散ってしまったようですね。生まれて此の方、桜を見ずに春が過ぎていくなんてのは初めてですが、その一方で花粉症をあんまり気にせず過ごせた春もあまり経験がない気がします。その点では、1勝1敗といったところでしょうか。

ここ、フランスもかなり暖かくなってきて、自転車に遭遇する機会も増えてきました。ということで、街中で見かけた素敵なバイクたちを勝手に紹介します。

まずは、これ。
d0024111_656037.jpg
郵便屋さんのバイク。フロントについてるでっかいスタンドがいかにも業務用って感じで便利そうです。

続いては、トレーラー付き。
d0024111_6591619.jpg
オーナーを探して、あたりを見回すと・・・赤ん坊を抱きかかえたお父さんを発見。あんたこの子を乗せて来たんかいな。首も座ってなさそうやし、ちょっと無謀ちゃうか。それにしても、この街ではトレーラーを結構見かけます。ホームセンターでも普通に売ってるし。先日は、トレーラーを2台も引いてるバイクまでいました。恐るべし。

お次は、マルセイユで見かけたトライク。これはアイスクリーム屋さんでしょうか。
d0024111_754917.jpg

で、トライクの次はタンデム。見るからに骨董級。いつ頃のものかと尋ねたら、「50年前」だそうで。恐れ入りました。親子でツーリング中だとか。しかも、このバイクを見たのが駅のプラットフォームだったもんで、思わず「電車に乗せるの?」って聞いたら「Yes」と・・・。日本ではありえない光景です。
d0024111_727454.jpg

もうひとつ、マルセイユから。
d0024111_715216.jpg
パリで言うところのヴェリブ、いわゆる「レンタサイクルの自動販売機」です。マルセイユでは、これに乗っている観光客をいっぱい見ました。もっとも安くて効率的な観光手段ですな。

で、最後は、これ。
d0024111_7194894.jpg

な~んだ、リカンベントか・・・。いやいや、ただのリカンベントじゃないようです。フロントホイールには、なんと・・・電動アシストシステムが。う~ん、こいつには是非乗ってみたい。

というわけで、な~んか、この国の自転車事情ってやっぱすごいです。主張はないけど実はものすごく個性的だったりします。
次回の渡仏は、是非FRETTA-Tを連れて来たいと思う今日この頃です。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2009-04-25 07:37 | フランス生活
<< 歩いて歩いて呑んで歩く 帰国延期記念!?ブイヤベースヤ... >>