リクセンカウルにカジュアル化の波!?
せっかく東京会場に来たんだから・・・ってんで大阪会場ではお目にかかれないブースを重点的に回ったのですが、その中のひとつ、『ピーアールインターナショナル』さんのところで、ちょっと目を惹く情報を発見。
d0024111_2262054.jpg


d0024111_227445.jpgなんと、ライゼンタールの『bike basket』がKLICKfix対応で登場するとのこと。
『bike basket』のオリジナル版は、現在ママっちも愛用中ですが、とても使いやすいと評判です。
これまでは専用のアタッチメント仕様で、「KLICKfix対応になればいいなぁ」とか「自力でリクセン化してみるか!?」なんて言ってたんですが、実はヨーロッパ方面では着々と計画が進んでいたようです。
今のところどんな接続方法になるのかは分かりませんが、KLICKfixで装着可能になっていることは間違いありません。
しかも、『RIXEN&KAUL』を名乗っているし・・・。
早ければ年内には日本国内に入ってくるとのことで、各SHOPを通じてお問い合わせ下さいと言ってました。
オリジナリティたっぷりのデザインもラインナップされているので、バッグでお悩みの方、候補のひとつにいかがでしょう。
ただ、お値段の上がり方が・・・アタッチメントが変わっただけで4,000円UP???

d0024111_2282682.jpgついでにこれも早ければ年内といってました本国のサイトによれば来年2月あたりになりそうですが、ショッパーの新しいラインナップが登場するそうです。
リクセンカウルもようやく肩の力が抜けてきたような、そんな雰囲気のバッグです。
ちょっとお茶目なところもあって、ここには「カッパ顔」と評されています。本国のサイトもかなり参考になるかもよー。


以上、なのだが東京会場で最も興味を持ったニュースでした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-11-17 23:59 | 自転車グッズ
<< 嗚呼、25周年 サイクルモード2007(東京編) >>