奈良桜井古代の道ポタ
平日のお休みといえば、ママっちとのポタリング。もはや定番になりつつあります。

d0024111_22222828.jpg今回のスタート地点は、奈良の桜井駅。今日はここから『山の辺の道』を辿るポタです。この企画、着想の原点は、ちょっと前にJRの駅でもらった「大和の古道紀行」という旅行パンフレットです。そこには桜井駅を起点に、6つの歴史散策ルートが紹介されていました。『山の辺の道』もその中のひとつです。
ちなみに、なのだ家のある大阪南部からここ桜井までは、車で約1時間。南阪奈道路のおかげで、奈良方面のアクセスは格段によくなりました。

d0024111_22243593.jpgさて、桜井駅近くに車を停めて、自転車で出発。太古の昔から交通の要所だったらしく、駅周辺はどこを走っても、街道の香り。んー、これだけでお腹一杯です。タイル貼りのたばこ屋さんと丸ポストのある風景だなんて・・・昭和ですね~。
と、まあ、ここまでは極上ポタの雰囲気。

d0024111_22265958.jpg最初の史跡『金屋の石仏』付近から、なーんか、ちょっと道幅が怪しい・・・。道標があるので間違ってはいないはずですが・・・あ、大丈夫だったみたい。景色が開けたところで、『大神神社』に到着。『おおみわじんじゃ』と読みます。『おおみわ』の『みわ』は、『三輪山』の『みわ』です。え?三輪山を知らない?じゃあ、『三輪そうめん』の『みわ』です。

d0024111_22284286.jpgというわけで、三輪そうめん。参道近くの『そうめん処森正(もりしょう)』さんに行きました。純和風のオープンカフェとでも言うのでしょうか、お店の雰囲気が最高です。ちなみに、なのだが食べたのは『ひやし長(なが)そうめん(¥1,100)』。通常の倍の長さのそうめんが、冷たいだしに浸かってました。敢えてさぬき風に言うなら「ひやひや」です。そうめんの美味しさを表現するのって難しいと思うのですが、もし、もう一度ここに来る機会があれば、また、同じものを食べたいと思うくらいに、美味しかったです。

d0024111_22295466.jpg大神神社を後にし、あとは時間が許す限り『山の辺の道』を北上するだけ・・・の予定でしたが、道の方が、怪しさにプラスして険しさまでも・・・。階段なんかあったりして、どう考えても、自転車向きではないです。なんとか『檜原神社』まで到達したのですが、この辺でタイムリミット。
駅までは街中を走って戻りましたが、こっちは、あっけないくらい近い道のりでした。つまり、『山の辺の道』はその名が示す通り、山の辺の道なわけで、わざわざ険しい方を選んで走ったようなもので・・・ま、それはそれで楽しかったですが。

あとでママっちが言ってましたが、パンフレットの6つのルートは、ハイキングコースなんだそうです。誰なんだろ、サイクリングコースと勘違いしてたのは?

2007年10月17日追記:
『京都・奈良・滋賀自転車散歩』(山と渓谷社)によると、山の辺の道のうち、私らが走ったあたりは地元の方々が自転車での通行を自粛するよう呼びかけているそうです。知らなかったとはいえ、大変申し訳ないことをしたと反省しております。皆様もくれぐれも真似をされないよう、よろしくお願いします。

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-09-27 22:44 | ポタリング
<< だまされたと思って・・・ メンテナンスの効果の表現方法について >>