丹後半島ポタリング
8月最初の週末、丹後半島をポタリングしてきました。

d0024111_2324384.jpg金曜日。6時に仕事を切り上げて、FRETTA-Tとともに電車に飛び乗ります。まずは、JR難波(OCAT)。今回はここから高速バスに乗って、西舞鶴を目指します(所要時間2時間、運賃2200円)。大阪から舞鶴方面までは、バスが断然お得です。この日の夜は、安宿で一泊。ホントに安い以外なんの取り柄もない宿・・・。

d0024111_23265516.jpg土曜日。朝5時半にホテルを出て、西舞鶴6:15発、豊岡行きの北近畿タンゴ鉄道に乗ります。運転手さん1人に、乗客は自分1人+自転車1台の、のんびりとした時間。由良川、宮津、天橋立を過ぎ、7:35に目的地の網野に到着しました。

お天気はあいにくの曇天。いやいや、この季節、これくらいがベストな天気でしょう。どうせなら、時々、シャワーのような雨が降って欲しいなぁ・・・などと考えつつ、丹後半島ポタリングのスタート!

国道178号線は、整備が行き届いていて、とても走りやすいです。砂浜、水田、漁村、断崖・・・と、変化に富んだ景色が、目の前を次々に過ぎていきます。ことごとく残念なのは、明らかに透明度の高そうな海。日差しがないので、鈍い色をしてます。晴れていれば、鮮やかなブルーだったでしょうが、暑さとのトレードオフなので、仕方がないですね。というわけで、近畿最北端の地、経ヶ岬まで、激しいアップダウンもなく、まずまずのペースで走ります。ここで、海鮮丼などを頂いて、腹ごしらえ。

d0024111_23305843.jpg経ヶ岬トンネルを抜けると、そこから丹後半島の東海岸に入ります。トンネル入口側では32℃だった気温が、東海岸側は29℃まで下がってました。東海岸は、天気が一段と悪くなった感じです。でも、涼しい~。いっそ、キリ雨でも降ってくれればいいのに・・・。天気と一緒に地形も大きく変わりました。すんごい断崖絶壁の中腹を道路が走っています。調子に乗って下り坂に身を任せ、勢い余ってガードレールを突き破りでもしたら、海に着水する前に気絶できるだけの十分な高さがあります。

浦島神社からは、国道から逸れて伊根までの海側ルートを選びます。しかし、いきなり上り坂の手前で
  『1200m先、車両通行止め』
の標識が目に飛び込んできました。全面通行止めとは言ってないんだから・・・というチャレンジャーな自分と、せっかく上った道を戻ってくる羽目になるんじゃ・・・という弱気な自分とが、一瞬だけ交錯しましたが、あっさりギアをローに入れて上り始める自分。1200mどころか、1500mくらい上りっぱなしの道を進むと、やがてショベルカーが見えてきました。結局、工事現場の人にムリを言って、ショベルカーの横を自転車を押しながら通してもらっちゃいました。ラッキー!

d0024111_23342036.jpgその後、野室、津母、泊、新井、伊根の順に集落を通過しましたが、集落と集落は、すべて手応えバッチリのアップダウンでつながっているホントに厳しいコースでした。でも、
 伊根はやっぱり・・・い~ね~
しっかし、自分んちの車庫を他人にジロジロ見られるのって、どんな感じだろうなぁなんて考えながら、しばし観光。洗濯物とか、フツーに写真に撮られてるし・・・。

d0024111_23361751.jpg伊根からは、軟弱ポタ向けのフラットな道。途中、いもアイスなどを頂いて、スタミナ補給しつつ、のんびり、かつ快調に距離を稼ぎます。そして、ついに天橋立に到着。天橋立の松並木は自転車の乗り入れもOK。丹後半島ポタリングの最後を飾るべく、じっくり噛み締めながら走ろう・・・と思ったその矢先、ついに恵みの雨が・・・キリ雨?いや・・・シャワー?いやいやいや・・・こ、これは豪雨でしょ。周りの海水浴客も軽くパニック状態。とりあえず、松の木の下で雨宿りするも、たちまちずぶ濡れになってしまいました。通り雨だったようで、ものの15分くらいで、雨はあがり、日が射してきました。でも、体はずぶ濡れ・・・。しかも、未舗装の松並木は、最悪のコンディションに・・・。ブレーキをかけるとリムからド派手なスクラッチ音、チェーンリングからはゴリゴリと不気味な音がしてました。

結局、なんとかして宮津までたどり着き、そこが今回のポタゴール地点。運良く、着替えは持ち合わせていたのですが、さすがに替えのクツはなかったので、宮津の町中でサンダルをゲット。そして、茶六別館という老舗旅館の温泉に浸かって身も心もリフレッシュした後は、駅前の小料理屋で名物「とり貝」の炙りを頂きました。な、なんという肉厚。さらに、とり貝の肝はなかなかの珍味。ビールが進む進む。すっかり出来上がったところで、タンゴエキスプローラーで大阪に戻ったとさ。
d0024111_23462755.jpg

d0024111_23471826.jpg

走行距離90.6km。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-08-04 23:30 | ポタリング
<< 飴色(あめいろ)って何色? 見ためよければすべてよし >>