御坊から湯浅までリアス式海岸を堪能するポタ
紀伊半島の西の端、日ノ岬を走ってきました。今回はソロで。

朝、「そうだ!日ノ岬に行こう!」と思いたち、その1時間後にはFRETTA-Tと一緒に『特急くろしお』に乗ってました。プランはほとんどなし。この時点で決まっていることと言えば、御坊駅から日ノ岬に行くこと、そこから先は北に向かおうかなー・・・くらい。
それじゃ、早速、御坊駅からポタリングスタート。

d0024111_23442548.jpg煙樹ヶ浜』の松林です。左手が砂利浜で、右手が松林という、いきなり贅沢な景色。でも、風が吹くと、松林がザワザワしたりなんかして、ちと淋しいです。途中から砂利道になるので、神経質なタイヤは要注意。
d0024111_23451444.jpg目的地の『日ノ岬』に到着。駅から15kmくらいで、意外にあっけないかも。でも、少し手前で、ナゾパラ級の激坂に手荒い歓迎を受けたんで、それなりに達成感はあるかな。それに、正面はもちろん、右も左も一面海ーーーっ!大パノラマーーーっ!
ただ、もうちょっといい天気だったらな・・・。
d0024111_23455587.jpg日ノ岬を後にして、海岸ルートを北上。この辺り一帯は、典型的なリアス式海岸で、多少のアップダウンはありますが、変化に富んでて、ポタ向きの楽しいコースです。特に、峠を越えて、次の海が見えてくるまでのわくわく感がたまりません。ほとんどそれの繰り返しです。途中、『みちしおの湯』に立ち寄りました。オーシャンビューの湯船で、まったり。
d0024111_23463570.jpg由良港をぐるーっと回って、さらに北上。賑やかな港町を抜け、人家も見えなくなり、再び落ち着きのある景色が・・・と、思ったら、海の中にデーンと居座る巨大な岩。しかも白い!石灰岩のようです。息を呑むデカさです。
d0024111_23473360.jpg巨岩の興奮も覚めやらぬうち、今度は目の前に白銀の世界が・・・。『白崎海洋公園』です。どうやら岬の先端がぜ~んぶ石灰岩で出来ているみたいです。こんな光景は初めてです。
d0024111_2348610.jpg思わぬ収穫に大興奮しながら、さらに北を目指して走ります。
相変わらず、絶景が続きます。
ここは天草か!?
d0024111_23483729.jpgもう少し、時間が遅ければ、素敵な夕陽も拝めたかも。
結局、湯浅までたどり着いたところで、ゴールにしました。約70km。
それにしても、今回はいいポタでした。このあいにくの天気で、この満足度なので、なのだ的ポタコースとしては、かなり上位にランクインすると思います。

d0024111_004868.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-06-02 23:30 | ポタリング
<< 完全チケットレス出張!? DAHON metroのXT化??? >>