しまなみ海道ポタ①(尾道~向島~因島)
GWの3日間、家族で『しまなみ海道』を満喫してきました。

5月4日、家族4人と自転車4台を満載した"なのだカー"は、9時に尾道駅前に到着。ここで、なのだ、ゆうちゃん(長女、8歳)、やっち(長男、5歳)の3人は、自転車に乗り換え、3人でのポタがスタートしました。申し訳ないけど、この日、ママっちは、伴走車の運転手。

d0024111_23155257.jpgまずは、渡船で向島に渡ります。自転車を船に乗せるっていうだけで、子供たちは興奮状態。はしゃぎつつも、怖々と自転車を押して船に乗る2人。結局、その便に乗ったのは、我々3人と我々の自転車だけで、「貸し切りだぜぃ!イェーィ!」と船首で風を切る3人。動き出してしばらくすると、おっちゃんがやってきて、お金を支払う仕組みになっています。このあたり、日常に密着しているだけあって、すごく合理的です。乗るときにモタモタせずに済みます。で、やっちの運賃は10円。からだがタダで、自転車が10円。ぎゃははは。

d0024111_23191686.jpg向島に到着し、早速、自転車で今治(?)方面を目指します。じ、時速8km/h・・・。単純計算するとなんとか10時間後には今治に・・・・と計算しているのもつかの間、約2km走ったところで、やっちは、尾道大橋から迂回して追いついてきた伴走車に引き取られて行きました。彼曰く「もう、ムリ」らしい。まいっか、よーがんばった。

d0024111_23172385.jpgゆうちゃんと2人になり、時速は13km/hにアップ。慣れない自転車ながら、なかなか快調なペダリングで、前に進んでいきます。伴走車と抜きつ抜かれつ、時には、やっちの声援をうけながら、海沿いの道を走ります。しばらくして、因島大橋が姿を現してれくれたおかげで、ゆうちゃんの根性に火が付いたようで、橋の上まで弱音を吐かずに難なく上っていきました。ダブルデッキの下層が自転車道になっている因島大橋は、閉塞感はあるものの、なかなかお目にかかれない非現実的な空間を走るのは、結構楽しいです。ただ、あの高さにはゆうちゃんも参ったようで、「怖い、怖い」と言いながら、走ってました。もっと晴れていれば、絶景を楽しめたのかも。

因島に渡ってからは、2人とも調子よく走っていました。しかし、フラワーセンター手前の激坂が見えてきたところで、ゆうちゃんのやる気も一気にクールダウン。そこへ、タイミング良く伴走車が到着。出発から14km地点で、ゆうちゃんもギブアップです。おーおー、よーやった。それにしても、あの坂は、大人でもちょっとやる気を失うかも。ムリにフラワーセンター前にサイクリングロードを通さなくてもいいような気が・・・。

さ~て、これで、1人になりました。この先、どうなることやら。
次回に続く
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-05-04 23:30 | ポタリング
<< しまなみ海道ポタ②(因島~生口... 夙川から芦屋ポタ >>