父鬼を越えて野半の里まで
宿直明けでお休みの金曜日。ほぼ徹夜だったせいか、朝からテンション高っ。おまけに、注文してから1週間以上も待たされてる商品が、ようやくお届けになるという知らせを聞いて、ソワソワしながら佐○急便さんを待っておりました。しかし、待てど暮らせど、その気配なし。ホントはそのアイテムをひっさげてポタリングに出かけようと思っていたのに・・・あ~も~、お昼も過ぎてしもた~。

d0024111_10415077.jpgというわけで、しびれを切らし、お届け物の到着はあきらめることにして、ポタリングに出かけました。今日の目的地は、和歌山県かつらぎ町にある『野半の里』という温泉。ま、正直言うと、温泉はおまけみたいなもので、ホントは、国道480号で一度、和歌山に抜けてみたかったのです。この国道、道が細くて離合困難な箇所が多いため、大阪-和歌山間のルートとしてはかなりマイナー。途中に、集落があるのですが、その名前が『父鬼(ちちおに)』って・・・なんか、お呼びでない感じムンムンです。

d0024111_10443480.jpgで、実際に走ってみて、想像とは裏腹に、かなりよい印象を受けました。何がいいって、まずはその勾配。きつくもなく緩くもなく、変化も少ないので、上り坂でもいいペースで前に進んでいきます。深い谷を見下ろすダイナミックな風景もなかなかGood。さらに、何でもないことですがゴミが少なくてきれいです。悲しいかな大阪の山間部は、不法投棄が結構多いですからね。でも、ここは例外。ひとえに地元の方々の努力のたまものかと。
鍋谷峠が大阪と和歌山の県境。ここを越えれば、もちろん下りです。樹木の様子がガラッと変わって、一気に景色が開けます。ついでに、道もグンと広くなり、ダウンヒルには持ってこいです。例のブレーキシューに変えてから、少し山下りが上手になったような錯覚に陥りながら、あっという間に麓の集落に到着しました。途中で、新しいバイパスルートへの分かれ道に出会いましたが、ここで旧道を選択したのは正解。街道チックな街並みに、自ずとポタ気分も盛り上がります。

d0024111_10433835.jpgほどなくして、『野半の里』に到着。老舗の造り酒屋が手がける温泉施設とあって、落ち着いた雰囲気がウリ。泉質のことはよく分かりませんが、日本でも有数の高濃度の源泉成分を含んでいて、わざわざ数倍に希釈してるとか。施設がとにかくきれいなので、うちはよく利用してます。ついでに、ここの地ビールも名物のひとつです。ま、今日はお預けですけど。平日なのでお客さんも少なく、温泉でゆっくり、まったり・・・いい時間でした。帰りは、そこから少し走って、粉河駅からバス輪行で大阪に戻りました。45km。


さてさて、夜遅く。やっと、佐○急便さんがやってきました。で、手に入れたのがコレ。
d0024111_10435125.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-03-31 23:30 | ポタリング
<< キッズチャリって意外に・・・ たまにはウォーキング >>