たまにはウォーキング
先日、ちょっと面白いイベントを見つけたので、家族で出かけてきました。

『関空第2滑走路ウォーク』

え?関空に2本目の滑走路?いつのまに・・・って感じですが、実は今年の8月にも共用化されちゃうんですよ。今までの滑走路が3,500mだったのに対して、今度の滑走路は4,000m。これで、A380が余裕で降りてこれるっていう長さなんだとか。それ故、空港島も今までよりは2まわりくらい大きなサイズです。正直、こういうビックプロジェクト、大好きです。なんでも、第2滑走路を歩けるのはこれが最後のチャンスらしく、報道発表によるとこの日の参加者は、1万6千人だったとか。うん、確かに人だらけでした。

ウォーキングコースには、距離に応じていくつかの選択肢があって、最短2.5kmから、健脚向けには13kmのコースまで用意されていました。でもって、なのだ家は、5kmのコースに参加しました。駅からバスで、滑走路の北の端あたりで降ろしてもらって、滑走路4kmを含む5kmを歩いて、南の端で再度バスにピックアップしてもらうコースです。まずは、このバスに感動しました。関西中から集めてきました!って言うくらい、各社のバスが勢ぞろい。通し番号で『121』までは見たので、少なくともそれくらいの数は揃っていたのでしょう。道の悪いアクセス道路を泥だらけになって、走っておりました。ご苦労さんです。

さて、いよいよ滑走路に降り立つ。
「でかっ」「ひろっ」「ながっ」
滑走路の舗装はもう完全に出来上がっていて、誘導灯なんかも準備万端って感じ。空に向かって、「降りてきちゃダメよ」って主張しているでっかい『バッテン印』を剥がしたら、きっと1機くらいは間違って降りてきてもおかしくないかも。で、まぁ、蟻さんのように続く人の行列に身を任せて、とぼとぼと歩いてみましたが、1km地点あたりで、家族全員、早くもおなかいっぱいって雰囲気。なのだは、純粋に「チャリで走らせてくれー!」と思ってました。結局、ひとりはおんぶでなんとか5kmを歩ききりましたけど。

ということで、貴重な体験でした。
今日あたり、太ももの筋肉が妙に痛いのは、もしかしてこのウォーキングの後遺症か!?
「おそっ」
d0024111_11153577.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-03-29 23:30 | ファミリー
<< 父鬼を越えて野半の里まで いつのまにか >>