初めての箕面でブレーキテスト
前日の深酒のせいで、せっかくの休日はきっと台無しになってしまうんだろうなーと思っていたのですが、予想に反して、ずいぶんとすがすがしい朝。なんか得したような気持ちで、ベッドから起きあがると、気付いたときにはパソコンに向かってました。そこで出てきた今日の予定・・・
「そうだ、箕面に行ってみよう!」

箕面といえば、関西では忘れちゃいけない定番のサイクリングスポット。なのだは初めてなので、いろいろ調べた結果、このコース(『があ子の自転車ザンマイ』より)を参考にさせてもらいました。千里中央駅(北大阪急行/御堂筋線)からスタートして、箕面大滝、箕面川ダム、五月山ドライブウェイを経由し、川西に降りてくるコースです。スタート地点が千里中央なので、輪行する場合、天王寺から乗り換え無しで直行できるところが魅力的。自転車を担いで梅田をウロウロするのは勘弁して欲しいですから。

d0024111_12323215.jpgそういうわけで、まずは千里中央駅に到着。立体的に交差し合う道路にやや戸惑いながらも、淡々と国道を北上し、あっという間に箕面山の入口にたどり着きました。ここからは、いよいよ本格的な上り坂・・・と思っていたのですが、最初に一気に上ると、あとは軽いアップダウンで、ちょっと調子が狂います。そんなわけで体温の調節も難しい。汗をかいてウェアを1枚脱いだところで、その先が下りだったりして・・・。途中、沿道のニホンザルから声援を頂いたりしながら、ほどなくして、箕面の滝が見えてきました。でも、滝は遥か下に・・・。「せっかく上ってきたのにぃ~」って残念な気分で、遊歩道を降りて行きます。滝壺の前で、マイナスイオンに包まれながら、しばらくまったり。千里中央からここまでたったの10km。意外に近いです。

滝をあとにして、勝尾寺を目指します。参考コースには紹介されてませんでしたが、やっぱり定番の寄り道みたいです。途中からダンプカーの往来が激しくなり、やや興ざめしますが、勝尾寺はなかなか興味深い場所でした。スピーカーから流れる般若心経が山々にこだまする状況に、ちょっとだけ躊躇しかけましたが、いざドップリとはまってみると厳かな雰囲気に癒されます。ついでに「勝尾寺開運うどん」にもね。

来た道を途中まで戻り、箕面川ダムを目指して再び上ります。ダムの堤防を渡り、五月山ドライブウェイ方面に入っていきます。このあたりから「みのお記念の森」あたりまでの道のりが、本日のクライマックス・・・ていうか、最も辛い上り坂でした。押しは入りませんでしたが、ずっとジグザグしながら走ってました。しんどかった~。頂上付近は、昨日降った雪が残ってて、路面も凍結してるところがあったりなんかして、ちょっとしたアドベンチャー気分。

d0024111_12325447.jpgドライブウェイに入ってからは、多少のアップダウンはあるものの、ほぼ下り基調。Jagwireのブレーキシューと、おNewのタイヤの本領発揮です。やっぱり、ブレーキタッチがソフトで、コントロール性は抜群です。ガツンと利くわけではないので、加えた力の分だけリニアに反応してくれる感覚です。ついでにおNewのタイヤがしっかり踏ん張ってくれるので、かなりの力でブレーキをかけても、タイヤがロックすることもなく、安心してブレーキングできます。当たり前ですが、ブレーキとタイヤって結構密接に関係していることを改めて感じました。どんなにいいブレーキでも、タイヤが簡単にロックしてしまうようでは、止まることすらできないですもんね。いいタイミングでの交換だったと思います。

というわけで、予定通り川西まで下ってきました。そのまま猪名川沿いを走り続け、最後は伊丹空港をゴールにしました。総走行距離38km。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2007-02-04 12:36 | ポタリング
<< 愛浜と明浜と舟盛りと磯焼きと絶... たかがブレーキシュー・・・ >>