おしチャリって何?
福岡に行って来ました。出張です。お仕事です。
出張とくれば、お約束のオプションツアー・・・ですが、今回ももちろんあります!
その前に、ちょっと変わったものを発見したのでご紹介・・・。
d0024111_23314749.jpg

福岡の繁華街、天神で見つけた標識です。路上、壁面、垂れ幕など、至る所にこの標識を目にしました。よく見ると『おしチャリ』と書いてあります。お察しの通り、「自転車は押して歩いてネ」という意味の標識のようです。
ただ、この「おしチャリ」という言葉、博多弁が掛け合わされていて、なかなかよい雰囲気を醸し出しています。「おしてもらう」とか「おしてあげる」という譲り合いの気持ちまで内包しているような、そんな意味合いを持っています。『歩行者vs自転車』という具合に、すぐに二極化して論争するパターンが多い昨今、この天神での試みは、是非、注目したいです。

さて、オプションツアーのお話。。。
仕事の前日、福岡空港に到着して、タクシーで直行したのが、なんと自転車屋さん。福岡市南区にある『正屋』さんというショップです。南区在住だったなのだにとって、庭の中の庭みたいな場所にあるのですが、実は今回が初めての訪問。なんでも、お店がオープンしたのが11年前とのことだったので、なのだが福岡を去った後にできたお店のようです。その昔、同じ場所に、やはり自転車屋さんがあった記憶はあるのですが、その時のオーナーさんとは関わりはないとか。
さてさて、お店の雰囲気は、実に個性的。お店というよりは、誰かの趣味の部屋に迷い込んだような、そんな感覚です。床に埋め込まれたチェーンリングに気を取られていると、天井からぶら下がった小物たちに頭をぶつけそうになります。ボトルだって、いつ将棋倒しになってもおかしくない。で、どこまでが商品で、どこまでがオブジェ?ってな感じの陳列。
そして、目と目が合っちゃいました。
d0024111_23343843.jpg

[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-11-21 23:48 | 旅・出張
<< 自転車との共存!? ブレーキシューのCapreo化 >>