リニモで輪行ーっ!
名古屋ポタの続きです。
「じてんしゃひろば遊」さんを後にして、なのだとFRETTA-Tは、家族の待つ『愛・地球博記念公園』を目指します。といっても、なのだにとって、名古屋は未開の地なので、お店を出る前に、ゆうきちゃんにルート案内していただきました。ゆうきちゃん曰く、「愛・地球博記念公園の近くは、単調なアップダウンが続くだけで、おもしろくないかも。環状2号を走って、藤が丘まで行ったら、アレに乗るといいよ。」とのこと。なのだも、アレには乗ってみたかったので、よいアドバイスになりました。
d0024111_197574.jpgさてさて、ゆうきちゃんのお勧め通り、環状2号線をひたすら走り続けます。環状2号線は、比較的新しい幹線道路で、道幅も広くきれいですが、車はかなりのスピードで飛ばしています。自動車専用道路の標識は見あたらなかったので、自転車も通行可だと思いますが、命の方が大切なので、測道や歩道をのんびりと走ることにしました。が、所詮は、車のための測道、人のための歩道であって、自転車には酷な障害に何度か出会いました。立体交差や遮音壁など、自動車道にはすごーくお金がかかっているように見えたので、自転車に対する配慮のなさは、ちょっと残念に思いました。

d0024111_198184.jpgそんなこんなで、なんとか藤が丘駅に到着。ここからは、念願の『リニモ』で輪行です。リニモの駅は、地上にあるんだろうと勝手に思い込んでいたので、上を見上げてリニモの姿を探していましたが・・・・実は駅は地下にありました。へぇー。自転車の持ち込みはタダ。車内にコレといってお勧めな自転車置き場はありませんが、乗客もまばらなので、気にすることはないようです。リニモって、実はHSSTの進化系だったんですね。確かつくばの科学万博でHSSTを見た覚えがあるのですが、こういう形で再会するとは思ってもいませんでした。加速も振動も音も・・・どれをとってもさすがは未来を担う交通システムですね。
d0024111_1983450.jpg

愛・地球博記念公園に降り立ち、Veloタクシーと記念のツーショット。公園の一部は工事中でしたが、そこにうれしい看板が・・・。
サイクリングロードを整備しています
名古屋の印象が一気に回復した瞬間でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-10-11 23:30 | ポタリング
<< たわわからほの字 名古屋ポタでトラブル再発 >>