夏休みの宿題
夏休みも終わりですね。
ゆうちゃんも、山のような宿題を終え、学校が始まるのを今か今かと楽しみにしています。さてさて、その山のような夏休みの宿題ですが、その中にちょーっと興味深い課題が・・・。

 課題①:絵画『自転車と私』

ほほぉー、なかなか、よい宿題じゃないですか!
実は、この宿題、学校の宿題なんだけど、堺の自転車博物館が開催している「夏休みこども絵画コンクール」に直結してて、提出すると、学校が代表を数点選んで、このコンクールにエントリーしてくれるというもの。入選作品は、なんと自転車博物館に展示されるそうです。

で、まぁ、ゆうちゃんは、ほら・・・こんな家庭に生まれたばっかりに・・・・「自転車」と聞いたら目の色が変わっちゃうおっさんに・・・・そりゃもう、あれやこれやいろんなこと言われながら、絵を描いてましたよ。おぉ~、嘆かわしい。

「おいおい、ディレイラーのとこ、もっとよー見んかい! ここはこーなっとーけど、こっちはこーなっとって、んでもって、ここんとこが・・・・」

でも、まぁ、よく描けてました。おっさん的には合格点。

d0024111_21143480.jpgところで、なのだの夏休みの工作は・・・サイクルコンピューターの取付け台座です。今まで、かたくなに装着を拒んでいましたが、篠山ポタに際し、目的地までたどり着けるかどうか不安だったので、付けちゃいました。速度やら距離やら、とにかく数字を気にしすぎるのがイヤで、敬遠してきたワケなので、今回、あまり視界に入らないよう、手元ではなく、ずいぶん遠くに付けました。この位置で、電波の問題も同時に解決。台座になっているのは、シャボン玉液の容器です。もちろん、発想の原点は、noriさんの『ハイマッキー』です。この場を借りて、m(_ _)m。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-08-30 21:22 | 自転車グッズ
<< 片鉄ロマン街道 川西~篠山ポタ(後編) >>