はじめての県境越え
禁煙を始めて、3ヶ月が過ぎました。すこぶる順調です。
値上がりの話題が、他人事なのが、なによりうれしいです。

さて、相変わらず雨続きの週末。
待ちこがれた太陽が顔を出してくれたのは、日曜日の午後遅くになってからでした。
フロントバッグのセッティングも丁度終わったとこだったし、この瞬間を逃すことなく、いそいそとポタに出発しました。

d0024111_22254396.jpg本日の目的地は、なんとなく、山中渓(やまなかだに)。
ここは、紀州街道の山中宿として栄えた宿場で、一部、石畳の道路が整備されています。
でも実際は、石畳の部分は、ほんの200メートル(?)くらいで、その前後はいにしえの雰囲気がほとんど残っていないので、「え?ここまで来たのに、これだけ?」という感じでした。

えーい、このままでは!

ということで、そのまま南に進み続け、峠を目指しました。
そして、FRETTA-Tでは初めて自力で県境を超え、和歌山県に突入しました。
ホントは、県境で記念撮影などやりたかったのですが、ちょうど県境のところに、『仇討ち場跡』の石碑があったりして、「おいおい写真なんか撮ってる場合じゃないぞ」ってなわけで、おとなしく通過ー。
この雄ノ山峠は、思っていたほどアップダウンがなく、山中渓からは休憩ナシで一気に登れるくらい楽チンでした。登っているという感覚すらないかも。でも、下りはかなり豪快です。反対からは登りたくないタイプの峠です。JRも近くを走っているので、時々、電車の音が山々をこだまするのもイイ感じです。ただ、高速道路が近いのと、この峠自体も交通量がそこそこあるので、車の音と排気ガスには、やや興ざめでした。

d0024111_2226165.jpgで、結局、和歌山市に入って、JR和歌山駅がゴールになりました。たぶん、出発から30kmくらいです。最後の10kmは、ほぼコレ(→)のためにペダルを踏んでました。またまた井出商店です。
和歌山って、景色の変化が少ないので、ペダルを踏み続けるには、なんかこういう物でもないとねー。

P.S. 今回がフロントバッグ装備での初ポタ。インプレはまた後日。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-07-02 22:37 | ポタリング
<< 激安フロントバッグ 大阪にもあった!ディープなお店。 >>