きょうしごえ街道ポタ
今日(6/4 Sun.)のポタは、ホントにあてもないフリーなポタになりました。先週のあまの街道ポタで、ガイドブックのとおりに走ることに神経をすり減らした感もあり、まさかその反動か!?
家を出てしばらくは、山の中を走っていたはずでしたが、いつのまにか、川に沿って山を下り、海に出たところで、今度は海岸沿いをひたすら南へ下るという、なんのポリシーも感じられないコースアレンジでした。
d0024111_025294.jpgショッピングやレジャーで最近急速に変化している"りんくう"を過ぎると、その南には、時代から取り残されたような古い町並みが続いています。このあたり泉南市尾崎町には、多くの旧家とともに古い町並みが残っており、なのだ的ポタコースお得意のいわゆる『街道』になります。この街道は、孝子越(きょうしごえ)街道と呼ばれ、紀州街道の海側ルートとして栄えたらしいです。町には、地酒の蔵元『浪花酒造』さんの文化財級の大きなお屋敷もあったりして、もし店休日でなかったら、もっと美味しいポタになっていたでしょう。
さらに南にいくと、"せんなん里海公園"という海浜公園に出くわします。この公園、「ピチピチビーチ」という別名もあるのですが、なんか口に出すのが恥ずかしい・・・。ちなみに、その隣は「ときめきビーチ」・・・オイ。先週の土曜日は、子ども会でこの公園を訪れ、大潮干狩り大会をやりました。人の手で砂に埋めたアサリをみんなで掘り返すという、なんとも虚しい作業でしたが、子供たちはそれなりに楽しかったようです。
で、さらにさらに南に進み、みさき公園に到着。今日のポタはココがゴールとなりました。
やっぱ、街道ポタ、自分には合っているみたいです。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-06-04 23:30 | ポタリング
<< ビッグプロジェクト始動! あまの街道ポタ >>