あまの街道ポタ
d0024111_23505886.jpg今日(5/26 Fri.)は宿直の代休で会社はお休み。ただ、天気予報は、曇りのち雨、しかも、予報が的中しそうな重たい空です。でも、せっかくの平日のお休みなので、ダメで元々、ママっちと二人でポタリングに出かけてきました。
今日の目的地は、『泉北ニュータウン・グリーンウェイと天野街道』です。実は、このコース、『大阪・神戸周辺自転車散歩(山と渓谷社)』という本で紹介されているコースで、今回は、本で紹介されているコースをほぼ忠実にトレースしてみることにしました。というわけで、詳しいコース案内は、省略します。
このコースは、大きくふたつのフェーズに分かれており、前半は大阪のベッドタウン、泉北ニュータウン内の緑道を走るコース。そして、後半は平安時代から残る街道を走るコースです。
まずは、前半の緑道から。泉北ニュータウンは、車で何度か通りかかったことがあり、今までは単にちょっと規模の大きなベッドタウンくらいにしか思っていませんでした。でも、今回、初めて自転車でこの街を訪れ、この街の奥深さを知りました。この街には、車道とは別に、緑道というネットワークが張り巡らされているのです。しかも、規模も施設も中途半端なものではなく、公園やトイレは併設されているし、案内板も充実しているし、木々に覆われ自然豊かだし、車道とはほとんど立体交差になっているし・・・などなど、まるで歩行者と自転車のために作られた運河のような存在です。
一方の天野街道ですが、この街道の存在はなかなか不思議です。泉北ニュータウンと狭山ニュータウン、この2つのベッドタウンを分断するように走っている尾根道が天野街道です。尾根道なので、少し高いところを走っており、左右に住宅地を見下ろすようなロケーションでした。ただ、雑木林に覆われているので、それほど俗っぽさを感じることはなく、街中でありながら山道を走っているような不思議な感覚を楽しむことができます。
d0024111_2351525.jpgで、ずっと気になっていたお天気の方ですが、天野街道が山道ムードから果樹園散策道に変わったところで、ついに雨が落ちてきました。残りの行程を端折って、一目散でデポ地の駐車場を目指しますが、もうあっという間に、二人ともびしょ濡れ。おまけに道を間違えるし、アップダウンはあるし・・・。
最後はちょっと悲惨でしたが、日常と非日常の間を行ったり来たりするような、そんな感じのする不思議なコースでした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-05-26 23:30 | ポタリング
<< きょうしごえ街道ポタ 黒糖焼酎 >>