Park and Ride
d0024111_0181565.jpgこんにちは、なのだです。

遅ればせながら、吉野山に桜を見に行ってきました。花見のシーズンとしては明らかに遅すぎっ!ですが、福岡からわざわざやってきた友人の希望なんで。。。事前のネット情報では、最も山奥の『奥千本』なら散り始めということで、わずかな望みを託していざ出発。
このシーズンの吉野山は、厳しいマイカー規制があり、奥千本までは一方通行の巡回ルート。しかも、奥千本付近には駐車場もなく、路駐できるほど道も広くない(もともと路駐する性分でもないし)。仕方がないので、家族と友人を奥千本近くに降ろした後、なのだはそのまま車で下山し、ふもとの駐車場に車を預けることにした。しか~し、こんなこともあろうかと、車のトランクにはFRETTA-Tが! というより、初めからこの展開に期待してたんじゃないのか!?>自分。駐車場のおじいさんは、トランクから出てきた青い物体を興味深そうに見てましたが、おじいさんがそれを自転車だと認識する頃には、なのだは再び奥千本を目指して走り始めてました。奥千本までは距離にして6km。道も舗装されているし、登りも緩やかだし、天気もいいしで、FRETTA-Tでの初ヒルクライムには最高のコンディションでした。ただし、花粉症のなのだには杉並木は辛かった。まあ、鼻水の問題以外はなんなく奥千本に到着し、家族らと合流。街で買ってきた柿の葉寿司と散りゆく桜でもって、のんびりとお花見ができました。
帰りももちろん、家族らを山の上に残して、なのだはひとりでFRETTA-Tとともにダウンヒル。ハイカーとマイカーでごった返す道をスイスイと縫うように走るのはまた格別。でも、駐車場に到着し、FRETTA-Tを折り畳み始めて気付いたけど、ほとんどブレーキングしたまま山を下ってきたせいで、リムがキンキンに熱くなってました。小径車だからかもしれないけど、こんなことってあるんですねぇ。リムが冷えるまでの間、駐車場のおじいさんにFRETTA-Tのこと、ちゃんと説明しときました。

というわけで、友人そっちのけでFRETTA-Tと戯れた一日でした。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-04-23 23:30 | ポタリング
<< しまらっきょう テールランプ >>