チェーンガイド破損!?
FRETTA-Tを手に入れてから、今月で1年が経ちました。FRETTA-Tのことはもう十分に理解しているつもりでしたが、先週、これまで想像だに・すら・さえしなかったトラブルに遭遇しました。ヒヤリ・ハットのつもりで、ここに書き記しておきます。
d0024111_23132113.jpgさて、右の写真は、トラブルが起こる前の状況を再現したものです。
この後、いったい何が起こるか分かりますか?
一見、なんの変哲もないFRETTA-Tのリアビューですが、この状況ですでにトラブルに至る条件が成立しています。「リムが汚い」とか「タイヤが劣化している」とか、そういうのは・・・・トラブルとは全く関係ありません。

ヒントです。写真の状態からシフトダウンした絵を想像してみてください。
頭を使いたくない人はココ

どう?分かりました?
そうです。「チェーンガイド」です。
シフトダウンをしていくと、テンションプーリは前へ、それにつられて「チェーンガイド」は上へと動きます。でも、チェーンガイドが上に上がりすぎていると、リアスプロケットのローギアに接触するというとんでもないトラブルが、容易に起こり得るのです。接触程度で済めばいいですが、なのだの場合、チェーンガイドとローギアが見事に噛み合って、走行不能になりました。実際のところ、被害は、単にチェーンガイドがグニャっとなっただけですけど。
どうやら折り畳んだときに、チェーンガイドの取付角度が変わってしまったのが原因のようです。組み立てる時でも、意識しないと気付きにくい箇所なので、これからは、ちょっと気を付けようと思います。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-04-17 23:20 | 自転車グッズ
<< BBを換装しました 黒麹の蘭 >>