木津嵐山CRポタ
今日は、家族を家に残して、京都八幡木津自転車道の全線走破に挑戦してきました。
この前、この自転車道を訪れた時は、家族と一緒で、ほんの一部を数kmしか走っていなかったので、是非とも全線を走ってみたいと思っていました。全長45kmなので、挑戦というほど大袈裟な話ではないですけど。
でも、結果から言うと・・・痛恨のミスで、全線走破には至りませんでした。うー残念。

まずは、コースの概要。嵐山を流れる桂川と、宇治を流れる宇治川、そして木津川の3つの川は、ウィスキーでお馴染みの山崎あたりで合流し、淀川となって大阪湾に注ぎます。京都八幡木津自転車道は、嵐山を起点にして桂川沿いを下り、木津川との合流地点で、くるりと方向を変えて、木津川沿いを木津まで上っていくコースです。ちなみに、牛若丸でお馴染みの三条大橋は、鴨川に架かっていますが、鴨川は桂川の支流です(ここ重要)。

今回は、木津をスタート地点にして、嵐山を目指しました。
JR紀州路快速、大和路快速と乗り継いで、AM10:00、木津駅に降り立ちました。木津駅から自転車道の起点までは、数百メートル。いくつか案内表示もあり親切です。起点には、「嵐山・渡月橋まで45.0km」というキロポストが立っていました。それ以外は、なんの見所もないので、さっさとスタート。
風がないことが幸いだったのか、思っていた以上に走りやすいです。標識やキロポストも充実しているし、なにより隣が川なので、迷う心配もありません。また、川沿いなので車道に分断されることが少なく、コースを横切る車道があったとしても、ほとんどその下をくぐるようにコースが作られています。
d0024111_23195727.jpg「よぉし、景色を楽しむぞ!」
と軽快に走っていましたが、1時間くらい走ったところで、このコースの景色には飽きてしまいました。はっきり言って単調です。2時間走ったところで、ようやくちょっと元気が出る景色が見えてきました。「ながれ橋」です。川が増水すると橋桁が流れるという、なんとも大胆な発想の橋です。ここで、しばし休憩(コース中、トイレらしいトイレはココだけだったかも)。ちょうどお昼時だったので、近くの「四季彩館」という売店にて、『鴨ざる』を頂きました。
ながれ橋を後にして、再び嵐山を目指して走り出します。ほどなくして、木津川とはお別れとなり、桂川沿いのコースになります。単調さはあまり変わりませんが、木津川沿いより市街地っぽいにぎやかさがあります。
何の問題もなく淡々と走り続けていたのですが、ついにトラブル発生。道をロストしてしまいました。快調だった道が、いきなり道なき道になるわ、キロポストも標識も、橋をくぐる親切なトンネルも見あたりません。「川沿いなんだから迷うはずもないのでは?」と思うでしょ。なのだもそう思って、突き進んだことがさらに災いし、どんどん状況は悪化する一方。そして・・・京都タワーが視界に飛び込んで来たとき、ようやくミスを確信しました。そうです、いつのまにか鴨川沿いを走っていたんです。鴨ざるとは、鴨つながりですが、なんの因果関係もないと思います。
そういうわけで、リカバーのために、七条通りに出たところで、左折。ひたすら西へ西へと突き進みます。西に進めば、いつかは桂川に出会えるはずです。京都市街は、さすがに単調・・・などとは言っておれません。観光客と最悪マナー車でごった返しており、とっても緊張感のあるライディングが楽しめます。その途中、すごいタンデム(!?)に遭遇。まさか、これで走るわけじゃ・・・ないよね。でも、走った方が、早く出来上がるかな!?
どうにかこうにか、五条通りと桂川が交叉するポイントにたどり着き、再び京都八幡木津自転車道に戻ってきました。ここから、渡月橋までは4kmとちょっと。川が大きく蛇行しており、山も迫って来ているので、景色としてはコース中で最もいい感じ。ただ、ポタリストやお散歩が多いので、スピードは出せません。茶店が並ぶ嵐山公園が見えてきたところで、ゴール!PM2:00。桜の香りがするというサクラソフトクリームで、今日のポタはおしまい。
今夜は、会社の宿直当番なので、JR嵐山駅から急いで帰路に就きました。

えっ、宿直当番って何するかって?
はい、会社にお泊まりして、こうしてブログを書いたり・・・・。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-03-25 23:37 | ポタリング
<< 山中渓お花見ピクニック Pacific18、ごたーいめーん >>