和歌山再発見
和歌山をポタって来ました。
自宅最寄り駅からバスに揺られること50分。今日のスタート地点は、和歌山県の粉河(こかわ)駅です。
d0024111_23364379.jpg粉河は、粉河寺の門前町として栄えた町で、駅前から粉河寺に向けてのびる通りは、観光地っぽさはありますが、どことなく落ち着きを感じる、おもむきのある町並みでした。通りの終点にある粉河寺の大門は、立派です。


d0024111_9459.jpg続いて、根来(ねごろ)寺です。粉河寺からは、約10km。根来寺の見どころは、なんといっても国宝の大塔です。円筒形の建物に、四角い大屋根という組み合わせが、なんとも不思議。


その後、和歌山市街へ。和歌山といえば、忘れてならないのが、和歌山ラーメン。和歌山ラーメン未経験者としては、やっぱり基本から始めなくてはってことで、井出商店に行って来ました。お店が近づくと、あたりは強烈な豚骨の香りと煮詰まったしょうゆの香りが漂っており、これを食べずにこのエリアから逃れるのは恐らく不可能でしょう。お店の中は意外に狭く、大テーブルに肩を寄せ合って座るスタイル。お味の方は、香りから想像していた味とは裏腹に、すごくあっさりしてました。博多んもんからすると、ちょっと物足りないくらい。
この後、和歌山城をまわって、風土記の丘で今日のポタ終了。
近いし、歴史的風情があるし、おいしい物もあるし、和歌山っていいかも。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-03-04 23:03 | ポタリング
<< ハブのグリスアップ Bianchiがもう1台 >>