京都八幡木津自転車道デビュー
日曜日、今日は何が何でも家族をポタリングに連れ出したい気分。

実は前日の土曜日、天気がいいのに、子守など仰せつかって、家の中でしぶしぶ映画鑑賞などしていたせいで、かなり欲求不満が溜まってました。しかも、見た映画が「メッセンジャー」(うちにある唯一のDVDムービー)。ま、はっきり言って、ただでさえも出かけたくてしょうがない休日の、しかも天気のよい昼間っから見る映画じゃないです。欲求不満が指数関数的に溜まる一方です。

というわけで、日曜日。朝もはよから、4台の自転車を無理矢理、車の荷室に押し込んで、家族みんなを叩き起こす。「オーイ、マクドナルド行くぞー!」。このひと言で、みんなの身支度の早いこと早いこと。そして、車に乗り込んで来て、「何コレ?」と荷室の自転車たちを指さす。「あぁ、ソレね・・・・・・(カクカクシカジカ)・・・・まぁ、いいじゃん」というわけで、無事に家からの脱出に成功しました。

目指すは、京都八幡木津自転車道!
あ、その前にマクドナルド。ドライブスルーで商品を受け取って、今度こそ、目指すは京都八幡木津自転車道。

d0024111_044836.jpgさてさて、京都八幡木津自転車道ですが、京都の嵐山を起点に、桂川沿いを下り、木津川と合流する大山崎で方向転換し、今度は木津川沿いを上っていく全長45kmのサイクリングコースです。
(『京都八幡木津自転車道』は正式名称ですが、『タマサイ』みたいな愛着の湧く略称があるのかどうかは不明)。
で、この日は、桂川と木津川の合流点、大山崎までは車です。この辺り、無料の駐車場が点在していることと、高速道路からのアクセスがよいこと、それから嵐山まで18kmという距離も適当で、デポ地としては最適かも。
大山崎から自転車に乗り換え、とりあえず家族そろって、嵐山方面を目指しました。実は、このサイクリングコースを走るのは初めてだったんですが、土手の上を車に邪魔されずに走るというのが、こんなに気持ちのいいものだとは思いませんでした。本格的ないでたちのロードバイクやMTBの方々もたくさんいました。今回は、デポ地から往復4kmくらいのプチポタでしたが、十分に季節を堪能することができました。
ただ、今回のサイクリングで唯一困ったのが「トイレ」。もっと、距離を走れば点在しているのかもしれませんが、家族連れのペースでは、コンビニなどもっと綿密な下調べが必要だったかもしれません。

あ、ちなみに、やっちのチャリ、コマ(補助輪)なしに昇格してるの、分かります?
ただし、現在特訓中なので、なのだが手押し棒を持ったままのサイクリングです。恐らく、この手押し棒から手を離すと、やっちはチャリもろとも、土手の下まで転落すると思います。春までには、特訓を終了したいですね。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-02-20 22:13 | ポタリング
<< 林道ポタ ひと足早いバレンタイン >>