本州最南端ポタ
 本州最南端で、ひと足早い春を体験しに行って来ました。

 朝11:00、那智の大滝で、FRETTA-Tとともにデポしてもらい、ポタリングのスタート。
 実は昨日、友人3家族と、那智勝浦にある『ホテル浦島』に泊まってました。温泉&宴会が目的の旅だったもんで、ホントはポタリングなど予定してなかったんですが、天気も良かったし、衝動的な欲求に備えて、FRETTA-Tを車に積んで来てたので、家族やみんなの厚意に甘え、自分だけ別行動させてもらうことにしました。
 まずは、那智の大滝から那智山を一気に駆け下り、国道42号線を南に向かって走ります。那智勝浦の市街を抜け、太地町の『くじらの博物館』に到着です。ここで、先回りしていた家族らと合流。くじらの串カツなどを食べながら、しばし休憩した後、イルカショーを見たいという家族たちと再び別れて、さらに南に向かって走り始めました。

d0024111_0181621.jpg 今日の気温は、なんと12℃。大阪なら3月とか4月並みの暖かさです。なので、イヤーウォーマーは単なるお荷物。グラブも指切りグラブで十分です(というか、この冬は、綿手袋の上から指切りグラブをはめるというスタイルで凌いできたので、いつでも綿手袋を外す準備はOKなのです)。ところどころ、菜の花も咲いてたりして、ひと足早い春を体験できました。
 橋杭岩まで来たところで、遅めのランチタイム。海から空に向かって生えてきたような奇妙な岩の列は、何度見ても不思議な光景です。そんな景色を眺めながら、ハンガーノック寸前だったお腹に名物のマグロ丼を掻き込んで、エネルギーの補給完了。いよいよ潮岬に向けてラストスパートです。

d0024111_0184791.jpg  串本から潮岬まではちょっとしたアップダウンがあります。最初に現れた長い上り坂で、体温は急上昇。ついに、ヒートテックもお荷物と化してしまいました。いくらヒートテックと言っても、これだけ暖かいと、当たり前ですが不快な状態になります。

 そんなこんなで、ようやく『本州最南端』の石碑に到着!
 南の果ては、ほんとに穏やかな陽気で、まだ花粉が飛んでない分だけ、本当の春より魅力的かも。最後は、ゆずソフトクリームで締め。これ、サッパリしてて、疲れた身体にピッタリ。。。。と南の果てにある売店のおばちゃんも言ってましたが、確かに食べてみると「なるほど!」という感じです。スッキリとした味わいが、スポーツのあとにはピッタリです。
 その後、この場所で家族らと合流し、帰途に就きました。
 突然の思いつきで始まった今回の本州最南端ポタ。走行距離は、メータつけてないので憶測ですが、たぶん30kmくらい。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2006-01-29 21:28 | ポタリング
<< 小物カスタム 60T化の妄想 >>