ポタ納め
リビングに山と積まれたおもちゃたち。ぜ~んぶ、子供たちに送られてきたクリスマスプレゼントです。子供たちは、朝から目をキラキラさせながら、その目で『今日は絶対にお出かけしないからね』と訴えています。今日は、雲ひとつない快晴。風もほとんどないし、絶好のポタリング日和だというのに。。。

「ちょっと新しいサドルの調子を見てくる」とかなんとか言い訳して、ようやく家を飛び出したのが午前11時。どー考えても、本格的なポタリングには遅すぎるスタートです。しかし、ペダルを踏みながら、前々から一度やってみたかったプランを決行するなら今日しかないような気がしてきました。
そのプランとは、『大阪湾1周ポタ』です。
d0024111_083866.jpgまずは、りんくうタウン駅でFRETTA-Tを折り畳み、JRでお隣りの関西空港に。続いて、関西空港から高速船に乗り換え、淡路島の洲本港を目指します。午後2時半、FRETTA-Tは無事に淡路島初上陸を遂げました。そこからひたすら国道28号線を北上すれば、日没までには明石海峡大橋にたどり着くだろうという算段です。
洲本から明石海峡大橋がある岩屋までは32km。アップダウンはほとんどなく、路面状態も非常によいため、かなりのスピードで走ることができます。特に、淡路花博が開催された会場周辺の道路は、ロードレーサーが欲しくなるくらいに(たとえばの話です)よく整備されていて、ハイスピード向きです。ただ、全体に交通量が多いので、路側帯があまり広くないところでは、トラックの追い越しにヒヤヒヤさせられることも。ちなみに、国道28号は、時折、港のある集落をバイパスするように通っているので、そういう場所では、敢えて集落を貫通する旧道を走るのがお勧め。こっちの方が、たぶん静かで安全です。

d0024111_0132690.jpg途中、たまご屋さん直営のたこ焼き屋さん「柿原鶏卵販売」で休憩。実はここ、洲本で立ち読みした「るるぶ」に載っていたお店です。ふっわふわのたこ焼きが、疲れた体に再びパワーを呼び戻してくれます。
そして、午後5時、明石海峡大橋に到着。お決まりの場所でFRETTA-Tの記念写真が撮れただけで、プランを強行した甲斐がありました。
岩屋と明石を結ぶ「たこフェリー」に乗る頃には、日もとっぷり暮れて、明石海峡大橋のイルミネーションが夜空に柔らかな光を放っていました。クリスマスにこんなきれいな明石海峡大橋が見れたのは、ある意味ラッキーでした。
d0024111_015372.jpgちなみに、たこフェリーは、自転車の乗船料金は¥200です。ただし、折り畳んで手荷物にすればタダ。もちろん、なのだはFRETTA-Tを折り畳んで乗船しました。しか~し、船から降りるときは、なぜかFRETTA-Tにまたがってました。実は、船が明石に着く少し手前で、車両甲板の隅でFRETTA-Tを組み立て、何食わぬ顔でバイカー達に紛れて船を降りたのでありました。
明石からは、再び輪行。JRを乗り継いで、午後8時半、無事に帰宅しました。
はいこれで、大阪湾1周完了で~す。

たぶん、今日のポタリングが、今年最後のポタリング。まさに「ポタ納め」に相応しいポタリングになりました。あ、Newサドルのこと忘れてた。決して柔らかくはないけど、まぁ、お尻痛くならなかったし悪くはないと思います。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-12-25 23:30 | ポタリング
<< レールスター・コンパートメント メリークリスマス! >>