紀州街道ポタ
世間は「勤労感謝の日」ですが、うちの会社は当たり前のように出勤日です。
が、日頃の『過重労働』に感謝して、お休みを頂くことにしました(ホントはやっちの幼稚園行事があったからですけどね)。

お昼ごろには、やっちの行事も終わったので、午後は独りポタンリングへと出かけてきました。
なんのプランもなかったので、思いつきで、紀州街道を走ってみました。うちの家から紀州街道は、比較的近くにあって、北上すれば大阪、南下すれば和歌山という位置関係になります。今日は山を越える根性は皆無だったので、平坦な北向きルートを選択。
このあたりの紀州街道は、現在の府道堺阪南線という幹線道路と、付かず離れずの状態で、時には交差したり、時には吸収されたりしながら北上していきます。

d0024111_0282566.jpgただ、厳密には「これが紀州街道!」という確信を持って走っているわけではなくて、たまに見かける『紀州街道』という道標がたよりになる以外は、「たぶんこっちが旧道っぽい」というところを走ってみただけです。

一応、なのだなりには、「旧道っぽい」と感じる匂いみたいなのがありまして。。。
・お寺や神社によく出くわす
・昔ながらの郵便局がある
・川にはちゃんと橋が架かっている
ま、そんなことを気にしながら「(自称)紀州街道」を走っていくと、ちゃんと『紀州街道』の道標に出会ったりして、「あ~、やっぱりね~」と、勝ち誇ったような気分になる・・・そんなプロセスがこのポタリングの楽しさのひとつになってました。

で、今日は、住吉大社に着いたところで、日没。。。いや、正確には、住吉さんに参拝した後、ウエムラパーツで物欲と葛藤している間に、日はとっぷりと暮れておりました。そこからは、輪行して帰宅の途に。多分、走行距離30kmくらいかな。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-11-23 23:30 | ポタリング
<< パンク修理キット収納術 イヤウォーマーで冬を乗り切る >>