イヤウォーマーで冬を乗り切る
ここ4年間のチャリ通勤の記録を振り返ってみると、11月後半くらいになると、どうも完全に冬眠状態に入ってしまう、つまり、チャリ通勤を長期間休止する傾向があることに気付きました。

理由は至って単純。
『寒いから』

FRETTA-Tに乗り換えて初めての冬。この冬をどう乗り切るかが、今の課題です。

d0024111_111755.jpgというわけで、早速イヤウォーマー購入しました。イオンで¥2,650でした(ちょっと高いかな!?)。コンパクトに折りたためるところが、FRETTA-Tとよくお似合いです。グリグリっとねじると、どら焼きみたいに折りたためます。なので、使わないときは、ジャンパーのポケットに納まります。また、ヘルメットとの相性もバッチリ。もちろん、温かくて快適です。
ただ、若干ですが、外の音が聞こえにくくなりました。特に、車のロードノイズなどの高周波の成分が聞こえにくくなった気がします。今朝、初めて使ってみたのですが、音が聞こえない分、やたらとキョロキョロしている自分に気がつきました。ちょっと、要注意かも。
でも、FRETTA-Tのカタカタいう雑音も、聞こえなくなったので、これは一石二鳥です。←問題から目をそらしている!?

じゃあ、イヤウォーマーでも寒さを凌げなくなったら、どうするか。
それは簡単。イヤウォーマー同様、FRETTA-Tもコンパクトに折りたためますから、あとは袋に詰めてバスに乗るだけです。←やっぱり問題から目をそらしている。
[PR]
by なのだ | by hi-nanoda | 2005-11-21 23:30 | 自転車グッズ
<< 紀州街道ポタ 鉄道三昧 >>